2015年6月14日 (日)

コナン・ドイル自伝について

 オスカー・ワイルドとコナン・ドイルがはじめて会ったときの話は、以前にこのブログで書いたことがある。拙訳『コナン・ドイル』(平凡社)にも載っている。
 最後の望みをかけてドイルは『マイカ・クラーク』の原稿をロングマン社に送ってみた。 幸運にもアンドルー・ラングがこの原稿を読んで、出版すべきだと言ってくれた。1889年2月にこの本が刊行される直前に、ドイルはこう書いている。「この10年、懸命に書き続けてきたが、ペンで稼いだのは平均すると1年に50ポンドにもならない」しかし成功はすぐそこまで来ていた。『緋色の研究』はアメリカで海賊版がよく売れ、批評も好意的だった。リッピンコット社が、英国人の作家に何冊か書かせようと、編集者を派遣してきた。コーンヒル・マガジンの編集長ジェームズ・ペインがドイルに宛てた手紙が残っている。「先日、リッピンコットにあなたを推薦しました。うまく行くとよいのですが。病中、用件のみにて失礼」ドイルは夕食に招待され、一日医業を休んでロンドンに出かけた。相客はアイルランド人が二人だった。ギルという名前の下院議員と、もう一人はオスカー・ワイルドであった。「私には夢のような晩だった。驚いたことにワイルドは『マイカ・クラーク』を読んでいてくれた。しかも大いにほめてくれたから、私は除け者になったように感ぜずに済んだ。彼の会話は私に忘れられない印象を与えた。ワイルドは我々の上に高くそびえ立っていたが、我々の言うことに興味があるという顔をする術を心得ていた」この晩の食事の結果、ワイルドはリッピンコット社のために『ドリアン・グレイの肖像』を書き、ドイルは『四人の署名』を書いた。シャーロック・ホームズが再度登場したのである。(『コナン・ドイル』より)
 、
 英文学史上まことに奇妙な組み合わせを記録しているのは、コナン・ドイルである。当時、彼は流行らない医者であり、ほとんど無名の作家であった。ドイルは、アメリカの出版社リッピンコット社の編集者と晩餐をともにするためにサウスシーからロンドンに出て来た。相客はギルという名前のアイルランド人の下院議員とオスカー・ワイルドであった。ワイルドはまず『マイカ・クラーク』を絶賛してドイルを寛がせた。ワイルドの会話はドイルに忘れがたい印象を与えた。「彼は我々の上に高くそびえ立っていたが、我々の言うことに興味があるという顔をする術を心得ていた。まことに心遣いに富み如才のない男だった。一人でしゃべる男は、いかに頭がよくても、本当の紳士とは言えない。ワイルドは与えかつ取ることを心得ていた。そして彼の与えるのは独自のものだった」。彼は身振りは少なく言葉は簡潔だったが、活き活きと面白い話をすることができた。未来の戦争はどうなるかという話になると、彼は「敵味方それぞれ一人ずつ化学者がつく。この化学者が瓶を一つ持って前線に出てくるのです」と言った。これを真面目くさった顔で言うので、三人の聞き手は噴き出してしまった。ドイルはワイルドが即興でこしらえた短い話を披露している。「友の幸運は我が不愉快である」という人口に膾炙した言葉が話題になると、ワイルドはたとえ話をしてみせた。あるとき、悪魔の手下どもが聖人を怒らせようとした。しかしいくら頑張っても聖人は泰然自若としている。通りかかった悪魔は手下の失敗を見て、ひとつ教訓を与えようとした。「どうも未熟だなあ。わしがちょっと手本を見せてやる」悪魔はこの隠者に近づくとささやいた。「お兄さんがアレクサンドリアの司教になりましたよ」たちまち賢者の顔は嫉妬と怒りでゆがんだ。「こういうふうにやるんだよ」と悪魔は手下どもに教えたというのである。この晩の出会いの結果、ドイルは『四人の署名』を書き、ワイルドは『ドリアン・グレイの肖像』を書いた。(ヘスキス・ピアソン『オスカー・ワイルド伝』より。この訳文は『コナン・ドイル』の訳者あとがきに収める)>
 、
 この後を『コナン・ドイル自伝』ではどう書いているか?
 
 その晩の結果は、ワイルドも私も「リッピンコット」誌に小説を書く約束のできたことだった。それで書いたのがワイルドの「ドリアン・グレーの肖像」で、これは高い倫理的水準にあるものだった。わたしの書いたのはホームズの第二作「緋色の研究」だった。
 、
 延原謙ともあろうものが、こういう間違いをするのか。『緋色の研究』は言うまでもなくホームズの第一作である。このとき書いた第二作は『四つの署名』(延原謙訳による。私は『四人の署名』の方がよいと思う)である。
 翻訳には(あるいは文章を書くことには)、間違いが付き物だ。Even Homer nods.延原さんだってウッカリする。こういうところは、校閲がしっかり見なくちゃ。「新潮社の校閲はすごい」と書いている人が多いが、そうかなあ? 拙訳で
 、
 まことに心遣いに富み如才のない男だった。一人でしゃべる男は、いかに頭がよくても、本当の紳士とは言えない。ワイルドは与えかつ取ることを心得ていた。そして彼の与えるのは独自のものだった」。
 の部分が、延原謙訳では
 感じかたや如才なさにこまやかさはあったが、一人芝居の男は心から紳士ではありえない。
 となっていて、これが誤訳だということはだいぶ前に書いた。「ショルトーの正体」http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/2-a547.html これは校閲では分からないだろう。英語の読み方の間違い。荻原さんは、「ワイルドは変態」という先入観にとらわれて間違ったのだ。変態だったのは確かだが、紳士だったのだ。ドイルは「刑務所に入れなくてもいいだろう」と思っていた。
 新潮文庫の『コナン・ドイル自伝』も,そろそろ改訳してもいいのでは?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

アーミーコーチ再々論

『シャーロック・ホームズの愉しみ方』を読んだ人から手紙をもらった。まだ売れているのはうれしいが手紙を読んでみると、とんでもない誤解があるようだ。
 この本で、私はシャーロック・ホームズの宿敵、モリアーティ元教授の職業「アーミーコーチ」が「軍人の家庭教師」などではなく、「陸軍士官学校受験予備校の教師」であることを明らかにした。
 ところが、私が受け取った手紙には、陸士受験予備校の教師という訳語は、笹野史隆氏の『コナン・ドイル小説全集』(120部限定、私家版)に収める『最後の事件』の翻訳にすでに使われているぞ、お前は笹野訳をこっそり読んでいながら知らん振りをして自分が正しい訳語を発見したようなことを書いているではないかーーーとあった。
『シャーロック・ホームズの愉しみ方』は2011年9月に刊行された。その時点で笹野史隆氏のホームズ訳はすでに出版されていたようだ。
 しかし、「陸士受験予備校の教師」説を世界で初めて唱えたのは、私である。他人の訳語を盗用などはしない。
『シャーロック・ホームズの愉しみ方』は、書き下しではない。この「翻訳blog」に連載していたものをまとめたのである。
 モリアーティ教授が予備校教師だったことは、2006年4月に私が「モリアーティ元教授の職業(1)-(5)」という題で本ブログに書いたのが正真正銘、世界初である。
http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/1_cc65.html
 私は、そのうちにシャーロック・ホームズ正典の訳を出したいと思っている。その際は、笹野氏の翻訳を入手して参考にさせていただくつもりだ。笹野訳に正しい訳語があれば、無断で自分の翻訳に使うだろう。これは倫理的に何ら問題がないことである。翻訳というものは、後で訳したほうが前の訳を参考にできるから必ずよくなるはずだ。I田D作先生曰く「翻訳はだんだんよくなる法華の太鼓でなければなりません」。『シャーロック・ホームズの愉しみ方』では、「現在入手できる翻訳では一番古い延原訳が最も優れている」と書いた。笹野氏以外の「新訳」の訳者は怠けていたのである。
 翻訳そのものではなく「翻訳論」で、すでに出ている翻訳を読んでいながら知らん振りをすれば、盗作である。私に手紙をくれた読者が早とちりしたのも無理はないか。
 しかし、繰り返すが、アーミーコーチが「陸軍士官学校受験予備校の教師」であることは、私が世界で初めて明らかにしたのである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

オペラ歌手ではない

 
 またホームズを復活させるまでのあいだ、ACDは妻以外の女性と恋に落ちた。若くて美しいスコットランド人のオペラ歌手ジーン・レッキーのことを、母親やごく親しい友人には話している。社会的にも知的レベルでもACDと対等であるリッキーは、彼にとって人生でもっとも愛すべき存在になった。だが骨の髄までヴィクトリア朝の紳士であるACDは、妻を裏切ることはできなかった。(上の本p.55)
 ジーン・レッキー(この本ではリッキーと混在しているがレッキーに統一する)は、オペラ歌手ではなかった。オペラ歌手といえば、「かのいかがわしき記憶に残る」故アイリーン・アドラーと同じ職業ではないか。ジーンはadventuressではなかった。1897年、38歳で病妻を抱えたドイルと24歳の処女ジーンが出会って、1907年に結婚するまで10年間純愛を貫いたのである。
 ジーンは美しいメゾソプラノの声を持っていたが、音楽は良家の子女の嗜みとしてやっていたので、職業ではなかった。はじめて会ってしばらくして、ドイルは彼女がコンサートでベートーヴェンのスコットランド歌曲を歌うのを聞いている。
 これは翻訳の間違いではなく、原文が間違っているのだろう。
 ところが、訳者が作った「シャーロック・ホームズ関係年表」では、1907年に「ドイル、三人の子を持つジーン・レッキーと再婚」とある。
 ジーンはドイルと結婚して3人の子供をもうけたのである。これが彼女には最初の結婚で、子持ちではなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

ハエとハエとり壷(2)


 

『ガンディーと使徒たち』の訳者あとがきの一部。

 著者ヴェド・メータは、1934年に英領インドのパンジャーブ州ラホールで生まれた。父親は英国で医学教育を受けた高級官僚だった。インドの独立は、メータが13歳の時である。メータ家はヒンドゥー教徒であるから、パキスタン領となったラホールから難民となって逃れた。本書の難民の描写は、著者の個人的体験に裏づけられている。当時の体験は、自伝の一部The Ledge Between the Streams(『川の中の岩礁』1984)に描かれている。
 メータは四歳の誕生日直前に髄膜炎を患い、視力を完全に失った。本書を書くには「四感を最大限に動員」し、同行者の視覚を借りたのである。膨大な資料はすべてamanuensisに朗読してもらったという。この単語は辞書には「筆記者」とあるが、目の不自由な人が学業や著作を行うための助手である。メータはamanuenses(複数)に頼って、カリフォルニアのポモナ大学、オックスフォード大学、ハーバード大学大学院を卒業し、口述筆記で25冊の本を書いている。
 メータの著作には二系列がある。一つは彼がContinents of Exile(流謫の大陸)と呼ぶ一連の自伝的著作で、もう一つは本書を含めた一般の著作である。後者では、メータは自分が盲目であることに一切触れていない。しかし、彼の本は自伝的著作を含めて過半がニューヨーカーに連載されたから、英語の読者はよく知っていることなのである。
 メータは1961年から1994年までニューヨーカーのスタッフ・ライターであった。これは編集部員ではなく、基本的にはフリーランスの作家である。編集部内に個室を提供され(メータの場合には助手がついた)、著作は最初にニューヨーカーに載せるという契約を結ぶだけである。
 1952年から87年まで、ニューヨーカーの編集長はウィリアム・ショーンであった(謝辞に彼の名をあげている)。ショーンは商業主義を排し、インド、言語学、神学、哲学などの地味な主題でメータに自由に書かせた。本書の前に書いた『ポートレート・オブ・インディア』は67年から3年がかりで連載された。オックスフォード言語哲学を主題に『ハエとハエ取り壺』(みすず書房)を書くように奨めたのはショーンで、この本はベストセラーになった。メータは〈流謫の大陸〉の一部として書いたRemembering Mr. Shawn’s New Yorker(『ミスター・ショーンのニューヨーカー』1998)で、彼の「見えざる編集の業」(副題The Invisible Art of Editing)を偲んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

英語の夢

 渡辺昭宏先生は仏教学者である。サンスクリットとパーリ語ができるのは当然として、英語、フランス語、ドイツ語、ラテン語、ギリシャ語にも堪能であるらしい。さらに、ヒンディー語、ウルドゥー語、ベンガル語などインド諸語にも通じているらしい。ロシア語やシナ語やアラビア語などもできるものすごいマルチリンガルである。
 この本は何十年も前に読んだのだが、今でも覚えている箇所がある。渡辺先生は新しい言語を熱心に勉強していると、やがてその言語で夢を見るというのだ。
 僕は、使える外国語は英語だけだが、英語の夢は、最近一度見たきりだ。夢の中で、どういうわけかフランス人に用があって、S'il vous plait と口を切ったのだが、後が続かない。英語に切り替えたら話が通じてよかった。どういう用件で何をしゃべったかは忘れてしまった。
 これ以外は、日本語の夢ばかりだ。ときどき、アメリカ人多数の中にただひとりの日本人として混じっているような夢を見ることがある。自分が日本語を話すのはよいとして、周りのアメリカ人同士も日本語で話している。テレビの吹き替えか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

ハエとハエとり壷

 

  私はヴェド・メータの『ガンディーと使徒たち』を訳したけれど、彼のFly and the Flybottleはまだ読んでいなかった。

What is the aim of philosophy?  To show the fly the way of of the fly-bottle.
(Ludwig Wittgenstein "Philosophical Investigations")

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

カムアウトされた話

Title142_img1
「カミングアウトする」という使い方をする人がいるが、変だと思う。―するというサ変動詞は、「活動する」のように語幹(この場合は「活動」)が名詞だから、カミングアウトという動名詞を使うべきだというのだろう。カタカナのカムアウトは、日本語ではカムズアウト、ケイムアウトのように活用することはないのだから、名詞扱いしてもよいだろう。「カムアウトする」というべきだ。  

  むかし、同僚にカムアウトされて閉口した。
「しかし、あんたは美輪明宏みたいな格好はしないじゃないか」
「女装とゲイは無関係なのだ。そんなことも知らないのか。」
(知らなかった。しかし威張ることはないだろう。)
「女装した男にも興味はないよ。本物の女の方がいいに決まっているじゃないか」
 それはそうだろう。なら、どういうのがいいのか? むしろ筋骨隆々の男がいいらしい。当時、僕はウェイトトレーニングに凝っていて、筋骨隆々だった。僕は他人が森永の牛乳を飲むのに反対しないが、自分は明治がいい、と言っておいた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あの女の夫(2)

darkが分からなかったのは仕方がない。辞書にちゃんと書いてない。

2.b 〈人・皮膚・目・毛髪など〉色の黒い, 黒褐色の (cf. brunet, blond, fair1 5).・a dark complexion 浅黒い顔色.・dark hair 黒髪.・a dark man (白人について)髪が黒(褐)色で, しばしば肌が浅黒い人.【日英比較】 肌の色を指す場合, 英語では, dark と black は区別する.

 大英和も、肌色と目と髪の毛を込みにしている。髪の毛が黒褐色ならば、しばしば肌が浅黒いとは言えるかもしれないが。
 むかし、DTHというのがよく分からなかった。ハリウッドで男優がスターになれる条件として,DTH(Dark, Tall and Handsome)ということが言われたというのだが。背が高くハンサムは分かるとしても、浅黒いというのはどういうことか? 有色人種のほうがよいというのか?
 これはアメリカ人に尋ねてみた。
 もちろん女は金髪がよろしいですよ。(僕はロシアン・パブには行ったことがない。)
 
 しかし、『風とともに去りぬ』のレット・バトラーが金髪では困るでしょう。やはり、クラーク・ゲーブルのような黒褐色の髪の毛でなくてはヒーローになる資格がない。
(近頃では、ハンサムで背の高い黒人のことをDTHと言うこともあるようです。)
 
そう言えば、007でも、ボンドは黒っぽい髪(のかつら?)で、金髪男は悪者だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

英会話不要論

   
 日本人は英語は読めても話せない。それは日本の英語教育に問題があるのではないか――長年指摘されてきたこの問題を解決すべく、文部科学省は2011年以降、小学校5年から英語を必須科目とし、さらに20年までに、小学校3年から英語教育を導入する方針を打ち出した。そんな風潮に対し、英語教育の第一人者が本書で、「英語が話せなくて何が悪い」と異議を唱える。
「帰国子女は英語がペラペラでうらやましいか?」「小学校で英語を教えるとどうなるか」「『読み書きはできるけど話せない聞けない』は本当か?」「センター試験にリスニングが導入された成果は?」などをテーマに、日本人が長く馴染んできた文法・読解中心の英語教育が、いかに外国語の習得に効果的であったかを具体的に指摘していく。(アマゾンの内容紹介)
 文科省の新方針は、日本をフィリピンのような国にしようというフリーメーソン(イルミナティ?)の陰謀だ。
 現行の指導要領でも、中学校では主語、動詞、冠詞などの術語も使えないのだ。文法読解中心の英語教育はすでに崩壊している。読めても話せないのではなく、読めないのだ。幸い、話す必要はない。
 僕が独裁者だったら、英語教育はラテン語式にやらせる。「女王は少女にバラを与える」⇔The queen gives the girl a rose.(Regina puellae rosam dat.) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

シャーロック・ホームズの気晴らし

 

 まず『シャーロック・ホームズの気晴らし』という題がすばらしい。フランス語ではLes Passe-temps de Sherlock Holmesである。passeーtempsは英語ならpastimesである。

 ワトソンの英語を仏訳したルネ・レウヴァン氏も偉い。訳文は正確なだけではなく、原英文にはなかったであろうフランス風味と文学風味も加わっている。
『煙草王ハーデンの脅迫事件』は、「有名な煙草王、ジョン・ヴィンセント・ハーデンが奇妙な脅迫を受けていたことに関する難事件」として、Solitary Cyclistで言及されている。
 事件が始まる前、221Bの部屋でホームズが取り組んでいるのは、ジェラール・ド・ネルヴァルの縊死事件(1855年1月26日)の謎である。自殺か他殺か? テオフィール・ゴーティエやアレクサンドル・デュマはどういう反応を示したか。
 脅迫事件の犯人はすぐに突き止められたが、この犯人によるさらに恐ろしい犯罪を防ぐためにホームズは何をしたか?
 ホームズは、まず『若きウェルテルの悩み』を精読する。これで、犯人の手口が分かるのである。ウェルテルがちょっと旅行に出るから貸してくれと言ってアルベルトから借りた拳銃は前装式単発であったから、二丁で一組だったはずだ。

 しかし、ホームズは「文学の知識ゼロ」だったはずだ。「カーライル? それは何をした人?」と聞いたのじゃなかったか?
 大丈夫。終幕では
「君はカーライルを知らないと言ったじゃないか」
「あの言葉を信じたのかい?」
 というやりとりがある。やはり猫をかぶっていたのだ。ホームズはカーライルを読んでドイツ文学の研究に向かったのだろう。ウェルテルは原文で読んだのかもしれない。英訳はすでに出ていたが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

あの女の夫(1)


「コンサートに出演するときを除けば、めったに外出しないが、ひとりだけ、ちょくちょく尋ねて来る男客がいる。色が浅黒く、颯爽とした感じの二枚目で、これが日に一度は必ず顔を見せるし、ときには二度あらわれることもある。名はゴドフリー・ノートン、法曹学院イナー・テンプル所属の弁護士。」(深町真理子訳)

 ゴドフリー・ノートン氏は「色が浅黒い」? オバマさんのような顔の色だろうか? そう言えば大統領は元弁護士だったが。
 原文を見てみよう。

Seldom goes out at other times, except when she sings. Has only one male visitor, but a good deal of him. He is dark, handsome, and dashing, never calls less than once a day, and often twice. He is a Mr. Godfrey Norton, of the Inner Temple.

  深町さんはdarkという英語が分かっていないのだ。困るなあ。こういうときはドイツ語かフランス語の訳を見てみるのがひとつの手だ。独仏語なら、たいてい直訳だから。
She hat nur einen maennrichen Vesucher, den allerdings oft. Er ist dunkelhaarig, stattlich und elegant; Er kommt nie seltener als eimal pro Tag, oft sogar zweimal.(ウムラウト→ae)
 
 ドイツ語ではdunkelhaarigとなっている。再英訳すればdark-hairedだ。
 延原謙氏はどう訳しているか。
「出演のときは別だが、これ以外の時間に出かけることは、ほとんどない。訪ねてくる者としては、男客が一人あるだけ。それもかなりしげしげやってくる。髪も目も黒っぽい、おしゃれな美男子で,日に一度来ない日はないが、どうかすると二度来ることも珍しくない。名前はゴドフリー・ノートンといって、イナー・テンプルにいる男だ。」

 darkは「黒い」よりも「黒っぽい」の方がよろしいだろう。日本人から見れば茶髪でもdarkというのだ。「目も」はどんなものだろう。西洋人には髪は黒っぽくて碧眼の人もいるのじゃなかろうか。
 それにしても「新訳」とは何だ。延原さんがせっかく正しく訳しているのを、直して間違っては困るよ。(「法曹学院イナー・テンプル所属の弁護士」と分かりよく書いたのは偉いけれど。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

シャーロック・ホームズ 七つの挑戦(2)

(七つの挑戦のうちの一篇『チェス・プレイヤーの謎』の事件では、スコットランドヤードのグレッグソン警部が221Bにやってきて
「サー・マサイアス・グルーヴィが殺害されたのだ」と言う。ホームズは例によってワトソンに自家製索引を取らせて見る。)

「どれどれ、サー・マサイアス・ジョン・チャールズ・ロブソン、グルーヴィ公、ロチェスター伯……」

 殺された人物はグルーヴィ公爵(Duke of Groovy)である。「グルーヴィ公、ロチェスター伯」というのは、公爵が伯爵の位も持っているということである。普通は、公爵を名乗り、伯爵の位は息子に名乗らせたりする。United KingdomのKing(Queen)が、一格下のPrince of Walesの位も同時に持っていて、皇太子(王太子)がPrince of Walesと名乗るのと同じである。ここまではよろしいが、
 
 「サー・マサイアス……」というのが変だ。原文の英語はどうなっているのか。イタリア語からの重訳では困る、ワトソンの書いた英語から直接訳してもらいたいなどと無理なことを言ったのは、このためである。「イタリア屈指のシャーロキアン」であるはずのエンリコ・ソリト氏は、英国の貴族制度のことをまったく知らない。
 
 貴族(公候伯子男の爵位を有する人物)を「サー」と呼ぶことはあり得ない。サーの称号は、シャーロック・ホームズやアーサー・コナン・ドイルのような平民が功績を挙げてナイトの位を与えられたときに名乗るのである。(サー・シャーロック、サー・アーサーと言い、サー・ホームズ、サー・ドイルとは言わない。ドイル卿などとするのは間違い――これについては前に「コナン・ドイル卿?」という記事を書いた。
http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/1_11f8.html
 ウィンストン・チャーチルは、公爵家の出身であるから一応は貴族であった。しかし、ウィンストンの父ランドルフは三男だったから、爵位はない。したがってウィンストンも厳密に言えば平民である。だからナイトの位をもらって、サー・ウィンストン・チャーチルになったのである。功績から言えば公爵か候爵をもらってもおかしくないのだが、爵位を持つと下院(平民院)の議員にとどまれない(上院に入れられてしまう)から断ったのだろう。
 天野泰明氏の訳者あとがきには
 
ホームズ研究でいういわゆる”整合性”をめぐる問題があると思われた箇所についても、専門家による今後の考究にゆだねるべきであると判断して訳者のいたずらな恣意を加えず、あえてイタリア語版本文のままに訳出したことをご諒解願いたい。

 とある。天野氏の間違いではなく、イタリア語版を作ったソリト氏が悪いのである。

 シャーロック・ホームズ研究の「専門家」としていさかか考究を試みたのが本稿である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«シャーロック・ホームズ 七つの挑戦