« ドクター・ワトソンのクリスチャン・ネーム | トップページ | 明智小五郎からシャーロック・ホームズへ »

2006年2月 7日 (火)

Watsonはワトソンかワトスンか?

 もちろん私は延原謙氏の功績を認めるにやぶさかではない。シャーロック・ホームズは夏目漱石より一回り以上も年上なのだから、仮に日本語で話すとすれば、新潮文庫の延原謙訳のような古風な言葉遣いをするはずだと思う。(某氏のように変な日本語をホームズにしゃべらせるのは犯罪だと思う。)
 
 しかし氏がホームズの親友にしてパートナーであるWatsonを「ワトスン」と表記しているのには、賛成できない。これは「ワトソン」でなければならないと思う。
 発明王「エディスン」なんて言いますか? 下宿の女将は「ハドスン夫人」でまあよいとしても、ニューヨーク州東部を流れているのはやはり「ハドソン川」でしょう。
 アイリーン・アドラーはボヘミア王ヴィルヘルム・ジュゲムジュゲムを(仲良くしていたときは)「ウィリー」と呼んだはずだ。「ディオゲネス」クラブはホームズもマイクロフトも「ダイオジニーズ」と発音した。『武器よさらば』のフレデリック・ヘンリーはイタリア人に「あんたがフェデリコ・エンリコか」と言われる。構造主義の親玉レヴィ=ストロースがアメリカに渡れば、ジーンズのリーバイスになってしまう。
 何が言いたいのかというと、どの国語でも固有名詞には「読み癖」があるということです。日本語なら日本語の音韻体系の中でおさまりがよいように、たとえば阪神「タイガーズ」ではなく「タイガース」と発音する。同じようにワトスンではなくワトソンと言うのだから、そう書くべきだ。原音に忠実な方がよい? 英語で話していて "Elementary, my dear Watson!"なんてことを言う機会がもしあれば、そのときは純英国式に発音すればよろしい。しかし日本語でしゃべるときにカタカナの「ワトスン」という発音をするのはちょっと変だ(「ウォトスン」に至っては論外だ)と思う。
 ところがちくま文庫版を除いて、正典の訳はどれも延原氏に追随している。外典(「最近発見された原稿」と称するものですね)を訳す人も例外なく「ワトスン」と書いているようだ。なかには同じ訳者が大人向けには「ワトスン」、児童向けには「ワトソン」と使い分けていることもある。不見識も甚だしいと言わねばならない。
 私は日本語として自然な「ワトソン」に固執したい。これからホームズ物を訳す人も、できれば「ワトソン」と書いていただきたいものです。

|

« ドクター・ワトソンのクリスチャン・ネーム | トップページ | 明智小五郎からシャーロック・ホームズへ »

コメント

色々と学識豊富なお説、恐れ入ります。はっきり云って分りません。ワトスンかワトソンか何れをとるかといえば、爺はソン派です。なぜならsonだからです幼稚なコメントで恥ずかしき次第。

投稿: shamotora爺 | 2006年2月 7日 (火) 16時07分

初めまして、トラックバックありがとうございます。
ただただグラナダ映像を見る楽しみの感想なだけの記事でも、お目にとまってしまったのでしょうか。ブログの特性は情報共有ですが厳しいお説にトラックバックいただいたので恐縮です。取り急ぎトラックバック御礼にて失礼します。

投稿: crann | 2006年2月 8日 (水) 11時07分

たまたまワトソンとワトスン、どちらが正しいかを調べていてここに。
「初歩的な推理だよ ワトソン君」という台詞の耳障りが非情に印象的で頭に残っているのは、watsonの翻訳も一役買っているように感じます。原体験とも言うべきでしょうか、馴染みがあるというだけかもしれません。
ただ最近は、wikipedia等を見ても発音に忠実なワトスンを採用する傾向のようなので、ちょっと調べてしまいました。訳者のさじ加減1つで、後の翻訳常識の流れが決まってしまいそうな所に、コンセンサスの取れていない状態での見切り発車にもうつり、少々危うさを感じてしまいました。難しい問題ですね。

投稿: gishi | 2007年12月 7日 (金) 17時54分

私も調べていたら、迷い込んだ物です。こんにちは。
私もワトソンです。テレビや雑誌やらでもワトスン表記されるのをみますが、「はぁ?」って気分になります。
英語かぶれした一部の者が、スン表記を流行らせようとしているのかもしれませんが。
例にもあるハドソン川のように、ワトソンでしょう(;>д<)ノ
子供の頃からホームズ見てなかった人とホームズ談義をすると、スンで話が進むときがあります。……切なくなります。

頑固? いいのです。何といっても私は、未だに病院で看護師を、看護婦と呼んでいる堅物なのですから。
嫌な顔されますけどねヾ(*´∀`*)ノ゙

投稿: | 2011年3月22日 (火) 12時42分

頑固爺ですね。お互いに。

投稿: 三十郎 | 2011年3月22日 (火) 13時17分

図書館の蔵書検索システムで「まただまされたな、ワトスン君」という本を探した時、
検索キーワードに「ワトソン」と入れたら出てきませんでした。
「あれ? ホームズの相棒はワトソンというのじゃなかったっけ?」と疑問に感じてこちらに来ました。

ある程度日本語として定着している言葉は安易に読み方を変更しないで欲しいですね。
車のブレーキをブレイクなんて言い出す人が出てこないことを祈っています。

投稿: tonbee | 2014年3月 8日 (土) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/636012

この記事へのトラックバック一覧です: Watsonはワトソンかワトスンか?:

» ◇星空が見えてるんだ ! [shamotora爺の余談・閑談]
シャーロック・ホームズがワトソン博士とキャンプに出かけた。2人は星空の下、テン [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 16時07分

« ドクター・ワトソンのクリスチャン・ネーム | トップページ | 明智小五郎からシャーロック・ホームズへ »