« ご一緒にポテトは | トップページ | なぜ西澤孝の名前を出さないんだ? »

2006年3月22日 (水)

オスカー・ワイルドとコナン・ドイル(1)

……最後の望みをかけてドイルは『マイカ・クラーク』の原稿をロングマン社に送ってみた。幸運にもアンドルー・ラングがこの原稿を読んで、出版すべきだと言ってくれた。1889年2月にこの本が刊行される直前に、ドイルはこう書いている。「この10年、懸命に書き続けてきたが、ペンで稼いだのは平均すると1年に50ポンドにもならない」しかし成功はすぐそこまで来ていた。『緋色の研究』はアメリカで海賊版がよく売れ、批評も好意的だった。リッピンコット社が、英国人の作家に何冊か書かせようと、編集者を派遣してきた。コーンヒル・マガジンの編集長ジェームズ・ペインがドイルに宛てた手紙が残っている。「先日、リッピンコットにあなたを推薦しました。うまく行くとよいのですが。病中、用件のみにて失礼」ドイルは夕食に招待され、一日医業を休んでロンドンに出かけた。相客はアイルランド人が二人だった。ギルという名前の下院議員と、もう一人はオスカー・ワイルドであった。「私には夢のような晩だった。驚いたことにワイルドは『マイカ・クラーク』を読んでいてくれた。しかも大いにほめてくれたから、私は除け者になったように感ぜずに済んだ。彼の会話は私に忘れられない印象を与えた。ワイルドは我々の上に高くそびえ立っていたが、我々の言うことに興味があるという顔をする術を心得ていた」この晩の食事の結果、ワイルドはリッピンコット社のために『ドリアン・グレイの肖像』を書き、ドイルは『四人の署名』を書いた。シャーロック・ホームズが再度登場したのである。

ヘスキス・ピアソン『コナン・ドイル伝』より

Conan_doyle_1

コナン・ドイル(1859-1930)
1887 緋色の研究
1889 マイカ・クラーク
1890 四人の署名
1891  ストランド・マガジン7月号に『ボヘミアの醜聞』
1892 シャーロック・ホームズの冒険
1893 ストランド・マガジン12月号に『最後の事件』、ホームズ死す。
1901 バスカヴィル家の犬
1903  ストランド・マガジン10月号に『空き家の冒険』、ホームズ復活。
1905 シャーロック・ホームズの帰還
1917 シャーロック・ホームズ最後の挨拶
1927  シャーロック・ホームズの事件簿

オスカー・ワイルド(1854-1900)
1881  詩集
1888  幸福の王子
1891  ドリアン・グレイの肖像
1892  ウィンダミア夫人の扇
1893  サロメ
1895  真面目が肝要 (クインズベリ侯爵に対する訴訟で敗訴)
1898  レディング監獄の歌
1905  深淵より(死後出版)

Oscar_1_1

|

« ご一緒にポテトは | トップページ | なぜ西澤孝の名前を出さないんだ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/1123674

この記事へのトラックバック一覧です: オスカー・ワイルドとコナン・ドイル(1):

« ご一緒にポテトは | トップページ | なぜ西澤孝の名前を出さないんだ? »