« 一筆書きの技 | トップページ | 「ホームズさん、巨大な犬の足跡だったのです」 »

2006年3月27日 (月)

官僚も松下政経塾も信用できないが――政治家の資質について

 どういう人が政治家としてふさわしいのだろうか? 
 今回の永田議員や西澤孝をめぐる騒動であらためてこれを考えた。(永田君、決闘しよう 参照)
 といっても、私自身、政治にそれほど関心があるわけではない。自分で政治家になろうなんて、もちろん考えたことがないし、政治家の知り合いもいない。

 政治家というのは普通の人では駄目だろうと思う。
 むかし、京極純一教授の政治学の講義を聴いたことを思い出す。

 京極先生はたしかこうおっしゃったと思う。
「諸君の大部分は政治家にはなれない。私(京極)も政治家にはなれない」
 なぜ政治家になれないかというと、まず第一に
「政治家というのは、モノ疲れ、コト疲れ、ヒト疲れしない人間でなければいけない。たいていの人はこの点で政治家失格である」

 政治家というのは、まず異常にタフでなければやって行けない。
 普通の人なら、一日に何十人もの人と名刺交換したり握手したりする生活をすれば、すぐ神経が参ってしまうだろう。そういうことが平気である、むしろ快感であるという体質が、政治家の資質としてはsine qua nonである。
 
 その上で、さらにどのような資質が必要か。そのような資質は、どのような経歴を積むことによってはぐくまれるのか。
 
 というようなことを考えるために、今回問題になっている方々の経歴を見てみよう。インターネット上で利用できるフリー百科辞典、ウィキペディアの記事を引用する。
 どなたがお書きになったのか、なかなかよくできている。筆が立つ人はいるものだ。
 まず永田議員。以下ウィキペディアの記述です。とびとびに引用する。

永田 寿康(ながた ひさやす、男性、昭和44年(1969年)9月2日 - )は、平成期の日本の政治家。衆議院議員(3期)。愛知県名古屋市出身。

Pic01

衆議院議員 永田 寿康
生年月日 昭和44年(1969年)9月2日
出身地 愛知県名古屋市
最終学歴 東京大学工学部
学位 工学士
前職 衆議院議員秘書
国家公務員(大蔵省)
現職 衆・
世襲の有無 無
選挙区 比例南関東ブロック(千葉2区)
当選回数 3回
所属党派 (民主党→)
無所属(党籍停止)
党現職 -
会館号室 衆・第1議員会館435号室
ウェブサイト 民主党 永田ひさやす : オフィシャルサイト

平成の爆弾男
2000年11月20日、国会壇上の松浪健四郎議員(当時)から水を浴びせかけられている。一部では永田が松浪議員に「(扇千景と)何発やったんだ?」と野次を飛ばしたことが原因との情報が流れたが、永田自身は「最前列で森喜朗首相ではだめだと何度かやじり、そのたびに松浪議員からにらまれた」という。

 2005年12月18日、八千代市内での国政報告会で耐震強度偽装問題に触れ、「住民は火をつけたくてしょうがない、阪神大震災では激甚災害指定欲しさに被災者が火をつけてまわった」等と発言。発言内容を完全録音したCD-ROMを入手した東京スポーツの取材に対し、事実を認め謝罪した(東京スポーツ2006年1月8日付1面)。

 ウィキペディアはこう書いているのだが、本当だろうか? あまりにひどいのでちょっと信じられないのだが。何だか、こうしてコピーするだけで私の品位(笑)に関わるような気がする。しかし怪しい「格闘家」西澤孝とコンビを組むにはちょうどいいくらいだという感じもする。

 次は前原誠司さん。これもウィキペディアから

前原 誠司(まえはら せいじ、男性、昭和37年(1962年)4月30日 - )は、平成期における日本の政治家。衆議院議員(5期)。京都府京都市左京区出身。民主党代表。松下政経塾第8期生。

Maehara_1

衆議院議員 前原 誠司
生年月日 昭和37年(1962年)4月30日
出身地 京都府京都市左京区
最終学歴 京都大学法学部卒業
学位 法学士
前職 京都府議会議員
現職 衆・国家基本政策委員会委員
世襲の有無 無
選挙区 京都2区
当選回数 5回
所属党派 民主党(前原グループ)
党現職 代表
京都府総支部連合会常任顧問
会館号室 衆・第1議員会館601号室
ウェブサイト 前原誠司-ホームページ-

 京大受験に失敗し浪人時代に偶然立ち読みした本(高坂正堯 著『国際政治』)により国際政治における"歴史上のプレーヤー"に憧れることになる。師にあたる高坂正堯京大教授の「外交官は京大出身では偉くなれない」「学者になるほど頭はよくない」「大学院に行くつもりで松下政経塾に行ってこい」とのアドバイスで政治家としての道を志すことになる。

 1993年の第40回衆議院議員総選挙で日本新党から立候補して初当選、以後民主の風(院内会派)、新党さきがけ、民主党に在籍する。

 選挙区民の間ではもう少し苦労が必要との声が絶えない。特に平成8年(1996年)の衆議院選挙に比例代表で当選して以来、その声は内なる声として選挙区中に内包されている。平成8年以前の前原が常日頃言っていた事は、「政権政党に入らなければ、自分の政策が実現できない」ということであり、この考え方は彼の根本に根ざしているものである。その時々の世論の動向にあわせて様々な政党を渡り歩いてきたことは、まさにその表れといえよう。ただ、選挙区民の期待として、「もう少し選挙で苦労して、自己の政治的バックボーンを確立する必要がある」という声があるのも事実である。

 前原の代表就任には、民主党が一気に代表を若返らせたことから、読売新聞などの巨大メディアが、“新代表はジャニーズ系”、“永田町の郷ひろみ”と報じ、話題を呼んだ。

 どうも、やれやれという感じですね。

 それでは、もと官僚や松下政経塾でないとすると、どういう経歴があり得るか?
 たとえば、小泉純一郎首相は、これもウィキペディアを引用すると、次のような経歴です。

Thumb

 小泉純一郎
生年月日 昭和17年(1942年)1月8日
出身地 神奈川県横須賀市
最終学歴 慶應義塾大学経済学部
学位 経済学士
前職 書生(会社員)
現職 内閣総理大臣
世襲の有無 3世
祖父・小泉又次郎(衆議院議員)
父・小泉純也(衆議院議員)
選挙区 神奈川11区
当選回数 11回
所属党派 自由民主党(無派閥 - 森派)
※党三役は派閥離脱
党現職 総裁
会館号室 衆・第1議員会館327号室
ウェブサイト 首相官邸

1942年1月8日 - 神奈川県横須賀市に小泉純也 芳江の長男としてうまれる。
1960年3月 - 神奈川県立横須賀高等学校を卒業。
1962年4月 - 慶應義塾大学経済学部に入学。
1967年5月 - 同大学を卒業。
1967年 - ロンドン大学へ遊学(1964年からとする説もある)。
1969年 - 父純也の死亡に伴い急遽帰国、衆議院議員選挙に立候補するも落選。福田赳夫の自宅で書生となる。
1972年12月 - 前回の雪辱を果たし衆議院議員に初当選、以後連続当選。厚生大臣、郵政大臣などを歴任する。
~1974年11月 - 会社員(厚生年金にも加入)として勤務。
1979年 - 大蔵政務次官に就任。(大平正芳内閣)
1988年 - 厚生大臣に就任。(竹下登内閣)
1992年 - 郵政大臣に就任。(宮澤喜一内閣)
1995年 - 自民党総裁選に出馬。橋本龍太郎に敗れる。
1996年 - 厚生大臣に就任。(第二次橋本龍太郎内閣)
1998年 - 自民党総裁選に出馬。小渕恵三に敗れる。
         清和会(森派)会長に就任。
2001年4月24日 - 3度目の挑戦で、自民党総裁に選出される。
2001年4月26日 - 高支持率で第87代内閣総理大臣に就任。

  祖父と父が政治家ならば、もちろん松下政経塾などに入る必要はない。無理に東大へ行って官僚になる必要もないだろう。
 しかし世襲ならば安心かというと、無論そんなことはない。祖父と父が政治家であるのは小泉氏の責任ではないが、そういう経歴でなければ政治家になりにくいというのも少し困るだろう。

 昔の政治家はどういう経歴だったか? 日本の初代首相は1885年(明治18年)に就任した伊藤博文(1841-1909)である。
0001_r  

 経歴はご存じの通り。周防国の百姓の長男として生まれ、松下村塾に学び、攘夷の志士として奔走した。白刃の下をくぐってきたのであって、現代の政治家とは鍛え方が違うだろう。
 女好きで有名で、現代ならかなりの騒ぎになってるだろう。宇野宗佑氏などとは比べものにならない。
 しかし、そんなことはもちろん問題にならない。夏目漱石の前の千円札に肖像が使われるだけの実績は十分に上げているのだから。

 しかし、現代の政治家に伊藤博文のような特別の経歴、特別の資質を求めるわけにも行かない。もう少し、普通の人ではないとしても、普通に近い人でなければいけない。

 どういう人を政治家にすればいいのだろう?

4月1日付記
 前原誠司氏の代表辞任会見を見て驚いたのは、彼の表情だ。普通なら悄然とするものだが、まるで「颯爽としている」と言ってもよいくらいだった。
 小泉首相が「前原さんはまだ若いのだから、これからも大いに活躍してもらわなくては」とお世辞を言った。ひょっとしたら前原さん本人が本気で「これからも大いに活躍」するつもりなのではないか? 恐ろしいことだ。

 普通じゃないのは民主党だけではない。
 橋本龍太郎氏が中国を訪問した。どういうつもりか。
 私が胡錦涛ならどうするか?
 まず「橋本閣下、お友達の村岡さんが無罪になられたそうで、おめでとうございます。これから閣下も大変かも知れませんが、頑張ってください」と激励する。
 橋本さんのことだから、これくらいではあの冷静な顔を崩さないかな。
P02

 それなら
「その節は私どもの公安部の某が大変お世話になりました。彼女もおかげさまで元気でやっております」と言う。
 この二つは実際に胡錦涛本人じゃなくても中国側としては絶対に言うと思う。

  昔の政治家ならどうだろう? 伊藤博文……………司馬遼太郎…………

 ……の部分はご自分でお考え下さい。私は説教は苦手なので。でも、『坂の上の雲』を読んだ人なら、だいたい同じことを考えるはずだ。
 もしあの時代の政治家が今みたいだったら、このブログもロシア語になっていたかも知れない。 

|

« 一筆書きの技 | トップページ | 「ホームズさん、巨大な犬の足跡だったのです」 »

コメント

TBありがとうございます。
おもしろい「纏め」ですね。私は伊藤博文をあまり買いませんが、それでも、今のこじんまりまとまった人たちよりマシですね。たしかに。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 足踏堂 | 2006年3月28日 (火) 17時55分

週間!木村剛に大きく取り上げられましたね。私も1度取り上げられましたが、気恥ずかしさと嬉しいような気分でした。貴君の記事は掘り下げが深く、面白く読んでいます。

投稿: 不動産と景気・経済 | 2006年3月30日 (木) 09時30分

TBありがとうございます。
私は改憲反対の立場ですが、独立国として「諜報機関」は必要だ!などと、自分でも根拠がわからない理屈を持っています。
こちらからも、拙文で申し訳ございませんが送らせていただきました。よろしくです。

投稿: ニケ | 2006年4月 1日 (土) 22時57分

トラバ、ありがとうございました。
司馬遼太郎さんの本は1冊くらいしか読んだことがなく、読んでみようと思います。(母校の真裏に司馬さんの実家があった、という縁があるのですが)
今日、早朝の時事番組で安部しんぞーさんが「再チャレンジ」、つまり一度倒産などしても、再び会社を起業できるような、そうした社会を推進する会を立ち上げた、といっていました。おいおい、君は世襲議員だろ?説得力ねぇ~

投稿: atilla | 2006年4月 2日 (日) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/1185312

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚も松下政経塾も信用できないが――政治家の資質について:

» 民主党の稚拙で危険な論理 [藤田正美の世の中まるごと“Observer”]
「堀江メール」で日本を大騒ぎさせた民主党の永田寿康議員。逃げ込んでいた病院をよう [続きを読む]

受信: 2006年3月28日 (火) 00時01分

» ■松下政経塾が嫌いだ■ [日記はこれから書かれるところです。]
代表選の結果は、なんとなく民主党が表れてるな。たぶん、民主党内のネオリベラル志向と社会民主志向も半々くらいなんじゃないか。そういう国家のあり方に関わる部分が一致していなくて、政党の態をなしているのは、ひとえに、ただ受かれば良いと思う気持ちの方が強いから...... [続きを読む]

受信: 2006年3月28日 (火) 17時57分

» やっとの決着:民主党前原総退陣と永田氏辞職 [時評親爺]
      31日付毎日新聞その1とその2に依ると、民主党代表の前原誠司氏ら執行部は「偽メール問題」で総辞職し、また発言発端の永田寿康議員が議員辞職願を衆議院に提出し受理されたらしい。 当然の進退であると不肖は思うのだが・・・ここまで引き摺らねばならなかったのは、前原誠司氏の戦略的判断の甘さとしか言い様がない。そもそも前原氏は件の永田議員の委員会発言を受けて、その直後から「なかなかの確度」だとか「さまざまな情報がある」等と、永田氏以上にメール疑惑を煽動していたはずである。かてて加えて「期待し... [続きを読む]

受信: 2006年3月31日 (金) 23時28分

» 年度末助け合い運動@ナガタ町 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
民主執行部が総退陣・永田議員も辞職へ 永田氏の懲罰委開催、取りやめへ という訳で前原民主党代表辞任、永田寿康議員辞職、西澤孝氏証人喚問中止ということで決着、結局、実態は三竦み(自民、民主、西澤氏)だった疑いが濃厚。... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 06時02分

» 永田は国民に謝るべきである。具体的・象徴的には予算委員会の委員長と衆議院議長に対して謝るべきだ。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 永田も前原も、「偉大なるイエスマン」と公言する恥知らず武部ブタと武部の次男へ頭 [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 08時50分

» 民主執行部が総退陣 永田議員も辞職 [zaraの当方見聞録]
民主執行部が総退陣 永田議員も辞職  民主党の前原誠司代表は31日、永田寿康衆院議員(民主党の党員資格停止中)が引き起こした送金メール問題で混乱を招いた責任をとって代表を辞任する意向を固め、党幹部に伝えた。メール問題の収拾が長引き、国民の支持の低落に歯止めがかからないことから、自らの辞任で幕引きを図る狙いだ。鳩山由紀夫幹事長ら執行部も総退陣する。同党は同日午後、メール問題に関する党の調査結果を公表する。  また、党内からも辞職を求める声が高まっていた永田氏について、鳩山幹事長は31日午... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 09時20分

» 前原誠司さん, 元秘書美人妻愛里さんが語る夫 [流転: Return to Forever]
見事民主党党首となられた前原さん,その妻は京セラの稲盛会長が紹介した元美人秘書だったのでした。 [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 10時25分

» 民主執行部総退陣 永田議員も辞職 メール問題で引責 [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
民主党 民主執行部が総退陣 永田議員も辞職 - goo ニュース 民主党の前原代表は31日、党本部で記者会見送金メール問題で混乱を招いた責任をとって代表を辞任する考えを表明した。 民主執行部総退陣し永田議員も辞職する。 決断が遅すぎ傷口をひろげた。国民の政治不信を広げてしまった。 自民党との違いを示し国民に信頼される政権を担える政党に生まれ変わってください。 西澤孝氏の証人喚問がなくなった事は少し残念だ。 ... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 11時40分

» ダメだこりゃ [新「とっつあん通信」]
このネタはあまりにもばかばかしくて 書くに値しないと思ったのですが まぁこうしたバカな政党があったということを 記録しておくために書かせてもらいます。 偽メール問題で懲罰委員会にかけられている 永田寿康議員の議員辞職を求めるべく 前原代表が進退をかけて説....... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 11時51分

» 西澤孝ガセメール問題、永田寿康・野田佳彦両氏、西澤氏に1千万円提供検討! [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
『民主党は31日、送金メール問題の調査報告書を発表した。永田寿康衆院議員が野田佳彦国対委員長(当時)と相談し、メール情報を提供した元週刊誌記者の西澤孝氏に1000万円程度の提供を打診していた。 報告書によると、西澤氏が2月19日、情報提供者の海外渡航資....... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 15時35分

» 民主党:執行部総退陣 「若さ」が裏目、誤算重なり西澤孝に振り回される! [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
『民主党の前原誠司代表ら執行部は31日、発足からわずか6カ月半で総退陣し、偽メール問題は、国会での追及失敗をめぐって野党党首が失脚する前代未聞の事態に発展した。 同党は、衆院選惨敗で傷ついた党の再生を43歳の代表にかけたが、「若さ」が裏目に出る誤算が重....... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 15時36分

» 西澤孝偽メール:民主党が公表した報告書の要旨 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
『民主党が31日公表した永田寿康衆院議員による偽メール問題に関する報告書の要旨は次の通り。 ◆はじめに(略) ◆調査経過(略) ◆事実の経緯 <情報仲介者との関係> ・05年10月18日、永田氏は党所属議員の秘書の紹介で雑誌「デュモン」の取材と....... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 15時40分

» 民主党代表選は7日 永田寿康氏は議員辞職願を提出、西澤孝氏の証人喚問は取りやめ [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
『 民主党の前原代表は31日、党本部で記者会見し、永田寿康衆院議員(民主党の党員資格停止中)が引き起こした送金メール問題で混乱を招いた責任をとって代表を辞任する考えを表明した。 鳩山幹事長は31日の両院議員総会で、4月7日に新代表を選出する日程を示し、....... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 15時53分

» 前原執行部総退陣にビックル一気飲み!(ちょっと遅くてゴメン) [カナダ de 日本語]
政治なら心得ています。知ってることも知らぬふり、知らぬことも知ってるふり、 聞こえることも聞こえぬふり、何でもないことを重大な秘密のように隠し、 探偵を放ち、要人を養い、目的を口実に手段の卑しさを高尚に見せかけること。 ――これが政治なのでございます。政治についてより これは、モリエールが書いた「フィガロの結婚」の中の一節だが、今回の偽メール騒動をうまく言い表している。前原は重大な秘密を知ってるふりをして、「お楽しみに」と言っておきながら、実は何も知らず、野田は探偵として西澤孝を放って情報提供者の... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 16時14分

» 軽すぎた前原氏――民主執行部総退陣 [アクティブオピニオン]
「野党第一党党首」としての重みを最後まで感じさせずに、前原誠司氏はその職を 放り投げた。 [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 19時28分

» 闇の奥 [時事を考える]
民主党は前原代表以下執行部の辞任と永田議員の辞職を発表しました、まあこれで一応永 [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 20時34分

» 「お楽しみに♪」 はいつの日か [らんきーブログ]
民主党元代表の前原クンの『お楽しみに』の落ちがやっとつきました♪ 「お楽しみに」と発言する前からメールの信憑性が薄いので辞任は考えていたというから一体どういう意味で「お楽しみに」と言ったのかは本当に謎だ ※ 「お楽しみ発言については本当にシツコイ僕朕(ボクチン)です。 40日も引っ張った割にはいっちょん(全然の博多弁)面白くなかったし楽しめなかったネ。 それどころか今回の罪は重い。執行部総辞職でも足りないくらいの罪だ。 永田はもちろん、前原も国会会期中の辞任は民主党の事を考えて慎重にな... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 20時47分

» 憤って、怒って、やるせなくて、悲しくて、今まで増えるばかりのバナーでしたけれど、やっとバナーを減らせます。(汗) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 民主党前原の退陣と永田の辞職を東京新聞の朝刊でも確認しました。永田については「 [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 20時49分

» 民主執行部が総退陣 [私もひとこと言ってみる]
民主執行部が総退陣へ・メール問題で引責 永田寿康衆院議員(党員資格停止中)も、議員辞職する意向を固めたそうだ。 さすがに、これ以上の引き延ばしが、民主党にとっても前原代表の今後にとってもプラスにならないことに気付いたようだ。 しかしここまでお粗末な「お芝居」を見せられては、今後民主党に期待する人は大きく減ることだろう。もっと政治的に早期の決断が出来なかったか?と悔やまれる。 前原民主代表「メール問題、責任はすべて私」 と語り、このなかで、「さらに「任期をまっとうできずに申し... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 22時51分

» 前原代表辞任+永田議員辞職に思うこと  ~ 私の中に残る小さな疑念~ [日本がアブナイ!]
 3月31日、民主党の前原代表が辞任を発表した。  ニュース速報を見て、私がにんまりしている顔が思い浮かんだという友人がいた。  このブログでも、昨年9月の代表選以来、ひたすら前原氏が民主党の代表であることを 問題視する記事を書き続け、今回の件の責任も問うて来ただけに、にんまりというよりは 何かアタマの上にあった大きな重しが一つ外れたような気分である。<まだブッシュと 小泉という天敵(?)が大きな重しとなっているが。(-_-;)・・・だが、昨夜は知人と祝杯 をあげてしまったことを告白... [続きを読む]

受信: 2006年4月 2日 (日) 01時13分

» 「ちゅうぐらいなり おらが春」 [酔語酔吟 夢がたり]
                  氷山                    溶けることなく                    成長してくれ                    流浪はこまる... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 20時32分

« 一筆書きの技 | トップページ | 「ホームズさん、巨大な犬の足跡だったのです」 »