« モリアーティ元教授の職業(2) | トップページ | モリアーティ元教授の職業(4) »

2006年4月24日 (月)

モリアーティ元教授の職業(3)

 coachという単語をcrammerの意味に用いている例を一つだけ見つけることができた。
 ヘンリー・ジェイムズ(1843-1916)が1893年にOwen Wingraveという小説を書いている。国書刊行会のヘンリー・ジェイムズ作品集7(昭和58年)に林節雄訳がある。

Owen Wingrave(1893) オウエン・ウィングレイブの悲劇 林節雄訳

「君は実際頭がどうかしているに違いないぞ!」スペンサー・コイルがどなり、一方若者は蒼白な顔をしてそこに立って、やや息を弾ませながら「もうほんとうに決心してしまったんです」とか「本当に何から何まですっかり考えて決めたことなんです」とか言っているのだった。彼らは二人とも青い顔をしていたが、オウエン・ウィングレイブの方は彼の指導教師がしゃくにさわるようなほほ笑みを浮かべていて、教師にはそれがまた無理もない極端な緊張の結果のしかめ面(この場に関係ないにやにや笑いのように見えたが)であることはまだ見て取れるのだった。

 これが書き出しである。もう少し先を読んでみると

……コイル氏は専門の「コーチ」であって、将来陸軍将校になろうとする若者たちに訓練を与えることを職業にしているのだった。一度に三人か四人の生徒しか取らず、その生徒たちに対して彼の職業上の秘密でもあり財産でもあるところの、絶妙の教育を施すのだ。その施設は大きなものではなかった。うちは大企業ではないのだと自分で認めたことであろう。彼の方法も健康もまた気質も、大量生産には向かなかった。そこで生徒をためつすがめつ吟味して、志願者を採用するよりは落とすことの方が多いのだった。……

……Mr Coyle was a professional 'coach'; he prepared young men for the army, taking only three or four at a time, to whom he applied the irresistible stimulus of which the possession was both his secret and his fortune.He had not a great establishment; he would have said himself that it was not a wholesale business. Neither his system, his health nor his temper could have accommodated itself to numbers; so he weighed and measured his pupils and turned away more applicants than he passed.  ……

 コイル氏はウィンストン・チャーチルを教えたジェイムズ大尉と同じ職業だった。 
 1893年に、コイル氏はcoachであり、ジェイムズ大尉はcrammerであった。
 coach=crammer=予備校教師
 1891年に、元教授でarmy coachのモリアーティがホームズと対決したのだ。

 大学を辞任せざるを得なくなったモリアーティ教授はロンドンに出て来て、army coachすなわち陸軍士官学校を受験する学生のための予備校の教師となって数学を教えるようになったのだ。
 個人教師や家庭教師がおかしいことはすでに述べた。軍「関係」の学校の教師もナンセンスである。
 モリアーティは予備校教師になっていたのだ。お得意の二項定理などを黒板の前で教えている先生がまさか「犯罪界のナポレオン」だなんて誰も思わないだろう。絶好の隠れ蓑ではないか。

 小説をもう少し見ておこう(原文はここ)。 
 コイル氏が「君は頭がどうかしている」とどなったのは、オウエン・ウィングレイブが陸軍士官学校の受験をやめるといいだしたからだった。
 オウエンは優秀な生徒で合格疑いなしだった。しかもウィングレイブ家は300年にわたって陸軍軍人を輩出してきた武人の家柄である。彼の父親はワトソンも従軍した第2次アフガン戦争(1878-79)でアフガニスタン人にサーベルで頭を割られて戦死している。
 コイル先生はオウエンを説得してくれと頼まれ、夫人とともにウィングレイブ家の古い屋敷に泊まることになる。ヘンリー・ジェイムズの小説であるから、もちろん、その晩恐ろしいことが起こるのである。ベンジャミン・ブリテン(1913-76)がこの小説を1970年にオペラにしている。(続く)

|

« モリアーティ元教授の職業(2) | トップページ | モリアーティ元教授の職業(4) »

コメント

いつも楽しく拝読しています。「オーウェン・ウィングレイヴ」下記の文庫本に収められています。

『ねじの回転-心霊小説傑作選』創元推理文庫2005.4
ヘンリー・ジェイムズ、南條竹則・坂本あおい訳

まだ本屋にあるのでは? 問題の箇所は次のとおり。

 コイル氏は『指導教師』を職業にしていた。(p285)

この小説、ベイカー街も出てきますね。以上、ご参考まで。

投稿: エフティ | 2006年4月24日 (月) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/1518377

この記事へのトラックバック一覧です: モリアーティ元教授の職業(3):

« モリアーティ元教授の職業(2) | トップページ | モリアーティ元教授の職業(4) »