« 「ホームズさん、巨大な犬の足跡だったのです」 | トップページ | theについて(2)--四つの署名? »

2006年4月 7日 (金)

theについて(1)

 英語を書くときに一番困るのが、冠詞ですね。何しろ日本語にはないのだから、どうもよく分からない。
 間違えることもある。今でもよく覚えている間違いは、「地球温暖化」を
the global warming
  と書いてしまったことだ。もちろんtheは要らない。普通はたとえば

What does the greenhouse effect have to do with global warming?

What is causing global warming?

What is the best source of scientific information on global warming?

Are humans contributing to global warming?

(Union of Concerned Scientistsのホームページhttp://www.ucsusa.org/global_warming/science/global-warming-faq.htmlより)

のように、単にglobal warmingでよろしい。
 しかし書いたときは何となくtheを付けた方がいいような気がしたのです。

 和文英訳の仕事では、たいてい英語を母語とする人がチェックしてくれる。しかし、このときは納期が迫っていてチェックなしだった。だから私が訳したthe global warmingが間違ったまま印刷され、たぶんインターネットにも載っているはずだ。
 どうも困ったものだが、仕方がない。一応意味は通じるのである。

 この、余計な定冠詞を付けるという間違いは割合によくあるらしい。私以外にも間違えている人がいるかも知れない。
 ちょっとインターネットで探してみると、ありました。どうも日本語を英訳した文献に多いようだ。
 たとえば
平成14年度 地球環境国際研究推進事業
「国際産業経済の方向を含めた地球温暖化影響・対策技術の総合評価」要約書
 という文書とその英訳が財団法人地球環境産業技術研究機構というところから出ている。英訳部分にthe global warmingが頻出する。

The knowledge about the impacts of the global warming is still limited.

The damage from the global warming will be uncertain because the knowledge of the impact mechanism is limited and the measures of adaptation affect the amount of the damage.

This shows that it is important that we evaluate measures of mitigation and adaptation of the global warming.

To research the impacts of the global warming systematically by studying literatures and hearing experts in the global warming.

To summarize the qualitative factors of the global warming and to make consistent scenarios.

 どれもglobal warmingにtheは要らないはずだ。
 訳者は日本人だろう。私と同じである。いや、私より大分下手かな。余計なtheを省いても、英語として変なところ、意味不明のところが残っている。私ならこういう英語は絶対に書きません。

 不定冠詞のaと定冠詞のtheの違いはよく分かる。しかしこれに無冠詞が加わって3種類になるとどうも使い分けが飲み込めない。私は、theを付けるべきかどうか迷ったときは、Googleでフレーズ検索してみることにしている。大体これで分かります。

 冠詞でもドイツ語などの方が使い方が分かりやすいように思う。「地球温暖化」はドイツ語なら

die globale Erwaermung または
die Erderwaermung

 普通は定冠詞を付けるのだと思う。
 ドイツ語の場合、固有名詞にも定冠詞がつくことがある。

若きウェルテルの悩み
The Sorrows of Young Werther
Die Leiden des jungen Werthers

 ドイツ語では冠詞に性、数、格を表すという役割もあるから、付ける方が多く、固有名詞にも付くのだろう。

 日本人が英語を使うとき「何となくtheを付けたい」という気分は抜きがたくあるらしい。偽メール問題がやかましかったころ、「世に倦む日々」というサイトが面白いのでよく見ていたのだが、ここに大きな字で
STOP THE KOIZUMI
 と書いてあるのが気になったものだ。
 これが英語のつもりならば、KOIZUMIという固有名詞にTHEを付けるのはやはり間違いだろう。
 このサイトでは2005年10月24日に
STOP THE KOIZUMI - 改革ファシズムを止めるブロガー同盟
 を提案したらしい。
「STOP THE KOIZUMI」のキャッチコピーは、ある年齢以上の方はすぐにピンと来るだろうけれど、35年前の革新都知事の政治史からヒントと着想を得た。
 というのだが。
 そう言えば、STOP THE SATOというのを聞いたことがあるような気がする。

 しかし、STOP THE KOIZUMIという言い方は嫌だな。
 まずコイズミに定冠詞を付ける理由が分からない。冠詞を省いてSTOP KOIZUMIとすればよいのかというと、さて、英語のSTOPという動詞はそういう使い方をするのだろうか?
 要するに英語まがいを使おうとするからよくないのだ。日本人なんだから日本語で言え。

小泉を倒せ
小泉くたばれ
打倒小泉 
小泉が嫌いだ

  どれもストップ・ザ・コイズミよりはるかによいと思う。

 しかし、英語でも、theを付けるべきかどうかが一義的に決まらない、どちらでもよろしい、口調がよい方にする、という場合があると思う。(続く)

|

« 「ホームズさん、巨大な犬の足跡だったのです」 | トップページ | theについて(2)--四つの署名? »

コメント

STOP THE KOIZUMI
確かに英語としては私も前々から変だと思っておりました。(笑)

「改革」の名の下に小泉という男がまっしぐらに進もうとしている方向があって、そっちに行くな、という意味として日本人には通じる(と思う)ので、名前については「ま、いいか」という感じです。

最後になりましたが、TBありがとうございました。
では、また。

投稿: Zarathustra | 2006年4月 8日 (土) 20時32分

TBどうも ありがとうございました。

また 見に来てくださいね。

投稿: Net income.com | 2006年4月 8日 (土) 23時43分

いつも面白く読ませていただいております。日本語には冠詞がないため、日本人にとって英語の冠詞を理解するのは非常に難しいですね。

ですから、日本で生まれ日本育ちの私ですから、カナダに10年以上住んでいてもこの冠詞というものはいまだによくわかりません。が、Stop the Koizumi というのは、小泉個人のことではなく、小泉政権というふうに受け取ればTheがついてもいいのではないかなと思いますが、いかがでしょうか。

投稿: 美爾依 | 2006年4月15日 (土) 03時43分

もう少し調べてみたら、やはり、"the"は必要ないみたいでした。TBさせていただきました。

投稿: 美爾依 | 2006年4月15日 (土) 08時19分

ストップ ザ コイズミに参加しているとくらと申します。
雑談日記さんにTBいただいたので、あちらでコメントして、こちらに来てみたのですが、これまでも何度も the は、いらないのでは?という議論はありましたので、ひさしぶりのご指摘で、おもしろいと思い、ちょっとコメントさせていただきます。

これまでも反小泉運動に批判的な方が、世に倦む日日を誹謗中傷するように、the はいらないと意地悪く書かれた記事があったのです。こちらの記事は、誹謗中傷ではないのはわかるので安心しましたが、2005年10月24日に世に倦む日日がブロガー同盟を呼びかけられた日の記事をご存知なら、そこをよく読んでいただけると、この言葉を使われた意図がご理解いただけるかと思います。
また、これまで、他の方がこの問題について書かれたもので、the koizumiは、小泉首相をいっているのではなく、小泉的なもの、小泉的な手法、を言っていると書いている人もあります。私もそう理解しています。

投稿: とくら | 2006年4月15日 (土) 14時08分

すみません。世に倦む日日がブロガー同盟をよびかけられたのは、2005年10月24日ではなく、2005年10月4日でした。
↓ こちらです。
http://critic2.exblog.jp/1260870/

投稿: とくら | 2006年4月15日 (土) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/1321127

この記事へのトラックバック一覧です: theについて(1):

» 「STOP THE KOIZUMI」の "THE"は必要か? [カナダde日本語]
『翻訳blog』で「STOP THE KOIZUMI」の "THE"は必要ないと書いてあったので、少し調べてみた。 日本語の中にない冠詞(ウィキペディア)を学ぶのは日本人にとってとても難しい。いつどん [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 06時38分

» 変な英語の「STOP THE KOIZUMI」バナーじゃ恥ずかしい。日本語のバナーに変えよう。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 定冠詞の「THE」の使い方もおかしく、「STOP」の語法も変なこんなバナーは反 [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 07時09分

» 固有名詞に冠詞をつける場合 [前向きに英語をやり直すblog]
去年の11月25日に、とあるブログ集に登録した。先の選挙の予想だにしない結果に失望していた私にとって、ふと目にした反総理を謳うそのサイトは魅力的だった。本来自分の勉強記録としてつけていたこのブログだが、見に来てくれる人へのサービスのつもりで映画やら本やらのことをたまに書き、逆に見に来てくれる人に反感買うかもしれないなと思いつつも書かざるを得なかったのが、いくつかの政治関連の書き込みだ。もとより、居酒屋の酔っ払いの政治談議の域を出ないことは百も承知だった。だが、私の場合仕事で使うことも多かったので郵便... [続きを読む]

受信: 2006年4月16日 (日) 13時12分

» [Society] 「ストップ・ザ」の謎 [たしなむ程度にツイストを]
家の近所を歩いていて、よくある「地域のスローガン」的なポスターを見かけた。そこにはこのように書いてあった。 ストップ・ザ・火事! 火事を出さないように火の始末には注意しましょう、ということはわかるのだが、それにしてもこのスローガンはなんとも気持ちが悪い。な... [続きを読む]

受信: 2006年6月 8日 (木) 00時23分

« 「ホームズさん、巨大な犬の足跡だったのです」 | トップページ | theについて(2)--四つの署名? »