« 腰痛またはアイドルでないことについて | トップページ | 2009年日中核戦争(2) »

2006年8月25日 (金)

2009年日中核戦争(1)

ホワイトハウス
2009年1月20日
16時35分

「センカク? それは何ですか?」歴史上はじめて「女あるじ」として大統領執務室に入った記念すべき日だというのに、この相手は何を言っているのだろう? ドロシー・クラッターバック大統領はいらだちを隠さなかった。彼女は民主党「中道派」のリベラルな州知事として実績を上げ、2億ドルを超える選挙資金を集めて大統領選に立った。三回にわたって行われたテレビ討論では、平静を失った相手候補に対して圧倒的な勝利を収めた。いま就任パレードがようやく終わり、パーティが始まろうというときである。日本の首相も就任祝いの電話をかけてくるタイミングを考えればいいのに。いつものように彼女の傍には報道担当官がいた。
 日本の首相の語調は例に似ず感情がこもっていた。
「尖閣、尖閣諸島であります、マダム・プレジデント。沖縄の近くにある島です。天然ガスが豊富なのです。我が国の領土でありますが、中国と台湾もそれぞれ領有権を主張しております」
「首相閣下、なるほど、お話は分かりますが、それほど緊急の問題なのですか?」
「緊急の問題です、大統領閣下。ごく小さな島々で、上陸は容易であります。しかも中国とロシアの海軍がこの尖閣諸島の近くで演習を行っております。共同演習は初めてです。中国とロシアが外交軍事協定を結んで侵攻してくるのではないかと、懸念しておる次第であります」
「よくお知らせいただきました、ありがとう、首相閣下。この問題は慎重に検討いたしまして、近日中にまたお話ししましょう。お電話、感謝いたします」
 大統領は電話を切って、二人の情報部門責任者の方に向き直った。CIA長官と国家情報会議議長である。二人とも前政権が任命したので、二三日中には解任するつもりである。
「まさか中国人も今晩の就任記念舞踏会の前に火蓋を切ったりしないでしょう」と大統領は言った。「せっかく新政権ができたばかりなんですからね。それに中国とは何も問題はないでしょう。向こうだって理性的に振る舞うと思うわ。この問題については、もう一言も聞きたくない」
「マダム・プレジデント」とCIA長官が答えた。「お言葉ですが、中国としては、お覚悟を試す絶好の機会だと思うかも知れません。前大統領の就任式直後に、我が国の偵察機を中国が強制着陸させる事件があったではありませんか」
「まさか。私は中国のことならよーく分かっているわ。前の大統領は分かってなかったの。つかず離れずの関係が大切なのよ。ほら、私、選挙運動中はあのジョン・マケインと始終ダンスしたでしょう。同じことは、ジャップとだって中国人とだってできます。まあ、見てらっしゃいな」
 大統領は会見を打ち切った。廊下に出て警護係の海軍中尉を呼んだ。「ねえ、私の美容師を呼んできてちょうだい」

上記ショーダウン(SHOWDOWN)の75-76頁。解説は明日

Hillary

|

« 腰痛またはアイドルでないことについて | トップページ | 2009年日中核戦争(2) »

コメント

TBありがとうございました。
翻訳なさってるんですね。すごい。

投稿: | 2006年8月27日 (日) 22時03分

TBありがとうございました。
こういった本が販売されてるんですね。
ゆっくり拝見させて頂きます。

投稿: PCU広報 | 2006年8月27日 (日) 23時16分

このたびは、お忙しい中をTB下さりありがとうございます。
この本の存在は知りませんでした。
お知らせいただき感謝しています。
次号のマガジンでも紹介させていただくつもりです。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 軍事情報 | 2006年8月29日 (火) 20時56分

TBありがとうございます。
小説面白そうですね。
日本版はいる出るんだろう。

投稿: 管理人@ブログの悪魔 | 2006年8月29日 (火) 21時23分

最後はヒラリーは辞任ですか。
この本の著者の背後はわかりませんが、ヒラリーつぶしのプロパガンダなんじゃないでしょうか。来年、選挙戦が始まってからの出版ではあからさま過ぎるんで、今年の内に売り出したんでしょうかね。

投稿: soudenjapan | 2006年9月 1日 (金) 22時36分

TBありがとうございました。
このマダムだけには、大統領になってほしくありません。シナから収賄するなど常軌を逸しています。

投稿: マルコおいちゃn | 2006年11月15日 (水) 16時47分

この手の現実性欠如の空想小説はざらにあります。
旧ソ連が毒ガスをばら蒔いて無人地帯となった西欧に侵攻するものから、未来の日本とアメリカ・ロシアの連合軍がハイテク戦争を演じるものまで枚挙に暇がありませんよ。
いちいち真に受けて大騒ぎするのは馬鹿だけです。

投稿: イエローペーパー | 2007年4月29日 (日) 00時23分

イエローペーパーさん、空想小説であることは確かですが、「現実性欠如」とは限らないでしょう。核保有国ならば、どの国でも「最悪の場合はどうなるか」というシナリオを用意しているはず。日本が核攻撃されるケースは、米国としては「想定済み」でしょう。「最悪の場合よりも随分ましなケース」でしょう――というくらいのことは日本人も考えておいた方がよろしいと思うのだけれどネ。

投稿: 三十郎 | 2007年4月29日 (日) 18時48分

TBありがとうございました。

日本は核武装を急がなければなりません。

投稿: deliciousicecoffee | 2007年7月15日 (日) 01時47分

TB有難うございました。
興味深い本ですね。
日本が強力な自主防衛の体制を整えない限り、この不安はかなりの
現実味を持つと考えるべきでしょう。
今の偏向マスコミや政治家を一掃しないと、日本の近い将来には
こんなことが起こっても不思議ではありません。

投稿: 小楠 | 2008年2月29日 (金) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/3203597

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年日中核戦争(1):

» 竹島、尖閣をめぐる動き [zara's voice recorder]
韓国:海流調査を開始 竹島周辺海域は11日ごろ 韓国政府は3日、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺を含めた海域の海流調査を開始する。14日までの日程だが、詳細は明らかにされておらず、韓国メディアによると、南東部の蔚山沖から開始し、竹島周辺海域..... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 15時56分

» 都知事石原はついに痴呆が始まったか?~元宮内庁長官メモでのうろたえぶり [ぴーひょろのぼやき]
最近、日経新聞が発表した元宮内庁長官メモをめぐって、靖国参拝がいろいろ取りざた [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 16時42分

» 【北朝鮮】「『反核屋』監視テント村」宣言【核実験】 [サラリーマンやってる猫の一匹集会所]
Sankei Webより http://www.sankei.co.jp/news/060818/kok017.htm 北朝鮮、地下核実験準備の可能性 米TV報道  【ワシントン=有元隆志】米ABCテレビは17日、米政府高官らの話として、 北朝鮮 が北東部で 地下核実験 を準備していることを示す証拠があると伝えた。国務省高官は同テレビに「現実に実験する可能性があるというのが情報機関の見解だ」と語った。7月に弾道ミサイル実験を行った北朝鮮が核実験まで強行すれば、北東アジアの緊張が一気に高まるのは必至だ... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 21時08分

» 【写真】これが日本に照準を定めているミサイル【支那】 [ド素人が行く!!]
やっぱ日本に向いてるのが気になるよね。ってなわけで。 ●日本に照準を合わせている核弾道ミサイル(吉林省通化(Tonghua)基地に24基) 東風3型(DF-3)CSS-2   MRBM 2,650km  2Mt熱核(水爆。広島型原爆132発分の威力) 東風21型(DF-21)CSS-5  MRBM 2,150km  250Kt熱核(水爆。広島型原爆16発分の威力)                              または高性能爆薬、子爆発体、化学弾頭も搭載可能 また、台湾紙、聯合報は中距離弾... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 21時58分

» これからの外交 [プラウドシティ梅島 自治会]
『日本における外交課題』 マンションライフからはかけ離れてはいますが、前回の記事で 安倍晋三氏の『美しい国へ』を紹介させて頂いたこともあり 補足の意味を含め、現在の日本の外交課題についてまとめて みたいと思います。 とはいえ、外交通ではないので『外交青書2006(外務省)』から 『美しい国へ』でも重要視していたアジア外交を中心にポイントを ピックアップしてみたいと思います。 戦後60年の節目ということもあり、日本が平和で安定した国際環境... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 23時17分

» 今靖國で中共に折れちゃダメという話 [佐藤 健の溶解する日本]
 南鮮がA級分祀をやろうがやるまいが靖国参拝を容認しないなんてな御門違いなことを言ったと伝えられたのが昨日ですが、中共は非公式ながら同じことを既に言っているんですね。 [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 (月) 05時16分

» 米軍事駐留の効用証明>ロバート・サター 産経新聞WEB版より [佐藤 健の溶解する日本]
反日デモ 米軍事駐留の効用証明 ロバート・サター教授 http://www.sankei.co.jp/news/050511/kok031.htm  --中国の今度の反日デモはアジア全体には、どのような影響を及ぼした と思うか >  「デモが一段落した時点でシンガポールのリー・クアンユー元首相がバ > ンドン会議の一環として、今回のデモは中国当局が自己のパワーをどう使 > うかに関して未熟さと、不安定さを有していることを明示した、という趣 > 旨の演説を行い、中国政府への警告とした。この...... [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 (月) 05時17分

» 中国の軍事政策 [軍事情報]
こんばんは。04年12月27日に発表された「中国国防白書」のエッセンスです。 [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 20時57分

» 【昭和天皇】沸騰!靖国神社【A級戦犯】 [ブログの悪魔]
 個人的には、靖国参拝と言う行為が、道義的にそれほど問題があるとは思えない。しかし敢えて行こうという気にもならない。一度くらいは参拝してみたいが、これは義務感というよりも、好奇心の方が強い。容認派というべきか。遊就館がもう少し充実していれば、行ってもいいかもしれない。しかしティーガー戦車やF14トムキャット、AC130ガンシップあるいは戦艦ミズーリ号とかを見られるのであればともかく、ゼロ戦だけだと、まあいいや、という気になってしまう。  こういうていたらくなので、何故小泉首相がそこまで参...... [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 21時22分

» 外務省はもっとがんばれ [時事ブログ「グースの勿忘草」]
靖国参拝で中韓大使が抗議、外務省は反論  中国の孔鉉佑駐日臨時代理大使と韓国の羅鍾一(ラ・ジョンイル)駐日大使は15日午後、外務省内に相次いで谷内正太郎外務次官を訪ね、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に抗議した。谷内次官は「冷静な対処を希望する」と語り、対話を通じた解決を求めたが、溝は埋まらなかった。両国との関係改善に向けた道筋は不透明な情勢だ。  孔氏は会談で、首相の靖国参拝を「人類の良識を踏みにじるものだ」と批判。「双方の関係者の努力に水を差す。一国の総理として責任を負うべきだ」と指摘した。 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月 1日 (金) 16時34分

» SHOWDOWN(ショーダウン) [軍事情報]
「翻訳Blog」さんからいただいたトラックバックを通じて、「SHOWDOWN(ショーダウン)」という本があることを知りました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 19時47分

» ショーダウン [軍事情報のオススメ本]
「翻訳Blog」さんからいただいたトラックバックを通じて、「SHOWDOWN(ショーダウン)」という本があることを知りました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 14時42分

» 核保有 兵器6~8個分だった? [zara's voice recorder]
核兵器、推定6~8個分 ミサイル搭載技術は未知数 米政府の情報部門の推計では、寧辺の黒鉛減速炉内にある核燃料棒からは、年間約6キログラムのプルトニウムが抽出可能とされる。一方、米国の民間軍事研究機関グローバルセキュリティーは、同炉が94年に稼働を停止した時..... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 20時05分

» 北朝鮮のビミョーな「核実験」 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
livedoor ニュース:北朝鮮が地下核実験を実施したもよう 韓国情報ではマグニチュードは3.6程度、TNT火薬400〜500トン相当だそうで、核実験で想定されるマグニチュード4以上よりも0.4低いことになる。... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 20時32分

» 将軍様、最後のカードを切る・・・・ [開花宣言。]
日本政府、北朝鮮を強く非難…「官邸対策室」設置  塩崎官房長官は9日午後1時過ぎに記者会見し、「核実験が事実なら、わが国だけでなく、北東アジアや国際社会の安全に対する重大な挑戦で、北朝鮮に、日本政府として厳重に抗議し、強く非難する」と述べた。  塩崎長官は午前11時過ぎに関連情報を把握したことを明らかにしたうえで、「気象庁が該当する地震波を分析中だ」と述べた。  政府は午前11時30分、首相官邸の危機管理センターに「官邸対策室」を設置し、塩崎長官らが情報の収集、分析を急いでいる。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 20時46分

» 北朝鮮核実験の最終シナリオ=アメリカと中国が侵攻、平壌を占領・・・ [Here There and Everywhere]
金正日が核実験を強行すればアメリカと中国が侵攻、平壌を占領し朝鮮半島北部を分割統治へ■米中、金正日除去後に北を分割支配  北朝鮮の核保有は、どんな結果をもたらすだろうか。北朝鮮が核実験を強行した場合、北を2つ... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 22時42分

» 北朝鮮が「地下核実験」を行なった事について。 [アングラな魚日記]
 今日午前、北朝鮮が核実験を行なった。正確な事は確認中だそうだ。今回の北朝鮮による地下核実験を肯定する気持ちはさらさら無いし、周辺諸国の静止を聞かず、核実験を強行した事は、きっちりと非難しなくてはならない事だと思う。しかし今、核兵器を保有している国々がこぞって非難しているのというのは矛盾だらけだね。核は矛盾の塊りだと思う。核兵器を保有している国々は、核保有国の特権を自分達だけの物にしたいだけであり、新規保有は認めたくないと主張しているに過ぎないからだ。... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 23時24分

» 核武装論 [喜八ログ]
北朝鮮、核実験を強行=国際社会の反発必至??6カ国協議、崩壊の危機に  【ソウル9日時事】韓国の通信社・聯合ニュースによると、北朝鮮は9日、核実験を成功裏に実施したと発表した。韓国政府は、盧武鉉大統領主宰の緊急安全保障閣僚級会議を招集、対応策を協議している。  北朝鮮は3日の核実験実施を予...... [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 20時34分

» 北朝鮮もアメリカも困ったものだ。 [ふしぶじゑ日記 ]
 先だっての田中真紀子氏による、国会での発言、特に北への発言について疑問視する投稿が拙BBSにありました。以下は、その書き込みに対する返答をもとに書きました(田中氏、安倍首相のどちらかを擁護、批判するといった内容ではありません)。  僕個人的には北朝鮮の拉致も、核実験も肯定はしませんが、北がなぜ核実験というバカを今やるかと言えば、アメリカと直接対話を望んでいるからでしょう。しかしアメリカはなぜそれを蹴るのでしょうか? 東アジアの不安定のために北が必要だからだと思われます。  アメリカ政府は北... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 13時06分

» 「机上論でしか存在し得ない憲法」がある限り [DEUTSCH DEWA NO KAMI]
  周辺事態? 一体どういう日本語なんだ? こういう馬鹿げた議論が政治の場で行われ、それに連れてネット内でも行われる。  こんな馬鹿げた議論は馬鹿げた憲法故に有り得る議論なのであって憲法をまともなものに変えれば変わった瞬間に無くなる。  やはりここらで一発食らっておくのが国のため。 金正日よ、核実験などといわず実戦配備中の通常兵器で良いから一発撃ち込んでくれ。 そうしたらお礼になんぼでも食料援助も贅沢品援助もしてやるぞ。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月18日 (水) 22時05分

» 核武装に向かう日本の歴史 [晴耕雨読]
前エントリ「非核三原則?」の続編です。 以下槌田教授の盛岡講演録からの抜粋。   1957年、岸首相が初めて核兵器問題について発言しました。 「日本が防衛的核兵器を持つことは許される」。憲法の九条の解釈で、攻撃的な兵器を持たないが、防衛的な兵器は持つことができる。ここで普通の兵器と核兵器を区別する必要はない。したがって、防衛的な核兵器なら許されるというのです。しかし、日本は核兵器を持たないし、持ち込ませない、というものです。その後もずっと日本政府はこの方針を主張し続けてきました。(岸首相ではなく... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 00時24分

» 政府与党議員の「核保有」発言を容認する安部政権は総辞職せよ! [未来を信じ、未来に生きる。]
 麻生太郎外務大臣、中川昭一自民党衆議院議員が「核保有」の議論をすることは必要なことだと発言した。撤回することはないようです。安部政権もあくまで「個人的な発言」として「核保有発言」を容認する姿勢です。  以下、この発言の問題点を指摘しながら、安部政権の総辞職を求める世論喚起に資することを意義とする文章を訴えていくものです。  まず、われわれが認識しておかねばならないことは、イラク戦争、アフガン戦争を支�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 11時32分

» 小熊英二さんの憲法論 [喜八ログ]
小熊英二・慶応大学助教授(歴史・社会学)の憲法に関する発言です。 少数派良心的メディア「東京新聞(2006-11-04朝刊)」より全文転載させていただきます。 ******************************************** (★引用開始★) 9条変えても 米に自衛...... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 20時25分

» 外交、軍事、財政こそ三位一体である! [ツァラトゥストラはこう言っている?]
久しぶりに良い記事載せたな。asahi.com 「日本は核の倫理を語る責任」 IAEA事務局長 2006年12月03日21時56分  来日中の国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長は3日、北朝鮮の核実験によって持ち上がっている日本国内での核保有論議の容認論に関して、「日本は唯一の被爆国であり、広島や長崎に大変な被害を受けた。日本は核の倫理を語る責任がある。これは本当の意味の政治の問題だ」と語った。一方、「日本政府からは非核政策を堅持すると聞いており、安心している」と述べた。京都大学(京... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 00時00分

» ヒラリー・クリントンさん、ブログ開設アピール爆発! [Return to Forever]
以前に書いた通りヒラリー・クリントンさんがブログを開設しました。 blogHIL [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 23時59分

» ヒラリー・クリントンが大統領選に意欲 [うららのラララ]
ヒラリー議員、大統領選に向け協議中 米消息筋 2006.12.04 Web posted at: 19:38 JST - CNN ワシントン(CNN) クリントン前米大統領夫人で、先月の中間選挙で再選を果たした ヒラリー・クリントン米上院議員(民主党)は、2008年の次期大統領選への出馬について協議 しており、選挙運動スタッフの起用にも動き始めている。複数の関係者がCNNに語った。 ヒラリー議員の上級顧問を務めるハワード・ウォルフソン氏によると、同議員は中間選挙前から、選挙後に大統領選出馬を検討する... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 18時52分

» 日本に核兵器が本当に必要なのですか? [晴耕雨読]
> 核兵器所持に賛成の方、説明していただけませんか。 > 日本に核兵器が本当に必要なのですか? まず、理念的には、他者を殺戮したり傷つける兵器を生産して保有することを活動力のばかげた発揮だと思っているので、軍事力を持つ必要性がなくなることを目指しています。 その上で、現実的には、自己防衛や治安維持のために何がしかの兵器が必要だと判断するならば、できるだけその兵器を行使しなくていい条件をつくりつつ、有効な武装力を保持すべきだと考えています。 核兵器については、破壊力・放射線被害・放射能残留・解体... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 21時25分

» 米国に主張しないほうが問題です [晴耕雨読]
日本に核兵器が本当に必要なのですか?の続きです。 力なき市民さん: うーん、あっしらさんは米国からの独立の手段として核武装を主張している色合いが濃いようですね。 頭が弱いもんですから、あっしらさんの綺麗な文章を読むと、ついつい自分と違う主張でも、私の考え方がおかしいのかな?と納得してしまいそうになるのです。 が、やはり核兵器は通常兵器と比べて、殺された人間からみれば、同じ「死」でも、開発製造から所持に至るまでの、あまりにも危険な核実験とその環境被害、実験成功から大量生産への莫大な税金投入、その後... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 21時27分

« 腰痛またはアイドルでないことについて | トップページ | 2009年日中核戦争(2) »