« シャーロック・ホームズ、チベットへ行く(5) | トップページ | オウムのこと »

2006年9月13日 (水)

名前について

Thumb_1

 新親王殿下のお名前が「悠仁」に決まった。おめでたい。しかし、必ず「○仁」の形にしなければならないらしいから、大変ですね。そのうちに仁の上に付ける字がなくなるんじゃなかろうか? 
 漢学者に「佳字」を選ばせるらしい。下々のように親の好みで勝手な名前を付けては困ることがあるからね。  
 むかし、知人で女の子に「留奈」と名付けた人がいた。「いい響きでしょう。外国へ行っても通用する」と自慢していたが、Lunaと言えば、どうしたってlunaticなんて言葉を連想しますね。「キ印という意味ですよ。瘋癲の留奈ちゃんなんてね」などと言えば殴られるから黙っていましたが。
 
 秋篠宮殿下のお名前は「文仁」であるが、これについても思い出すことがある。以前、ある式典での某大企業会長の挨拶を英語に翻訳したことがある。原稿を見て仰天しましたね。「本日は、文仁親王殿下ご夫妻にお出で頂き……」とあるではないか。
 もちろんこれは「秋篠宮両殿下のご臨席を賜り」と書かなければならない。「ご臨席を賜り」は「お出で頂き」と簡略化してもまあ構わないかも知れない。しかし「文仁親王殿下ご夫妻」は絶対いけません。大企業の総務部員ともあろうものが、これくらいのことが分からなくては困る。
 皇族のお名前を直接呼ぶのは(しかもこの場合ご本人が目の前にいらっしゃるのだ)「不敬」である。少なくとも失礼である。
Akishinonomiyagofusaim1089_1  

 ふつうの人だって、「山田課長」とか「山田さん」とか呼ぶだろう。「太郎さん」なんて呼べば怒る。
 女性週刊誌が「雅子様」「紀子様」「愛子様」などと書くのは仕方がない。こういう呼び方は今の天皇皇后陛下のご成婚のときのミッチー・ブーム以来だろう。我が家は親戚に字は違うが「ミチコさん」がいるので、家族で話していると「どっちのミチコさん?」と聞くことになったものだ。
 お名前を直接呼ぶのは、淵源を遡れば敗戦後に外国メディアが天皇をヒロヒトと呼ぶのに接して以来だろう。しかし、これは敗戦国の元首だから「呼び捨て」にしたというわけでもない。外国と日本では名前に対する感覚が違うのである。英国ではエリザベス、チャールズ、ダイアナなどと平気で呼んでいる。
 しかし、英国皇太子にチャールズと名付ける感覚は分からないね。今の皇太子が即位すればチャールズ3世になるわけだが、チャールズ1世と言えば1649年に首をチョン切られた人ではないか。縁起が悪いとは思わないのだろうか。

Charles2c_prince_of_wales

 名前を呼ぶといえば、テレビの時代劇で「信長様」とか「一豊様」とかいうのもおかしいね。「上様」「お屋形様」に決まっているではないか。その前は源義経だったけ? あれも、たとえば梶原景時が「義経殿」と呼びかければ、それだけで喧嘩をふっかけたことになる。「判官殿」とか「御曹司殿」とか呼んだはずだ。
 今でも、たとえば全然知らない奴が電話をかけてきて「タナカイチロウさんいらっしゃいますか?」などと言うと、こちらはムッとする。向こうにしてみれば電話に出たのが本人か、息子か父親か分からないのだから仕方がないようなものだが。
 なるべく名前では呼ばないというのは、大昔のタブー意識の名残でしょう。未開人は、自分の名前を他人に知られてその名前で呼ばれると、魔法をかけられたみたいに自分の身に害が及ぶと考えたらしい。
 日本は外国に比べて遅れているのか? そんなことはない。遠慮があるのが文明というものだ。英国だって、女王様が目の前にいらっしゃる場合は、まさかElisabethとは言わない。YouやSheもなるべく使わないで代わりにYour MajestyやHer Majestyを使いますね。

 シャーロック・ホームズとドクター・ワトソンの場合は、長年の親友だから「シャーロック」「ジョン」と呼び合うかと思えば、そうはしない。「ホームズ」「ワトソン」と苗字の方で呼び合っている。あれはどういう感覚でしょうね?

|

« シャーロック・ホームズ、チベットへ行く(5) | トップページ | オウムのこと »

コメント

薀蓄の深いお話し有り難うございました。
皇室に敬語を使わないのは(特に新聞で)確かに英語圏の国に負けたのが第一でしょう。第二は何か皇室に恨みでもあるかの朝日新聞が日本一の香りの高い日本語文化を継承していること。
それと比べたら、さんけ0新聞はごろつき新聞にけがはえたていどでしょうか?
との印象を受けました。
英語ではSirのほかに敬語がない。一般人のあいだでは。
スペイン語ではYou SirにSenorかUstedを頻繁に使っているようです。韓国ではYouの言い方に7つもあるって本当でしょうか?
米国の大学ではファミリーネームで呼び合うと聞きましたが...
What's your name ?

hirotami

投稿: hirotami | 2006年9月13日 (水) 09時46分

 TB有難うございました。ひらがなで「さま」表記をして皇室敬語と言う事にしているらしいマスコミに対する違和感が凄いので勉強になりました。

投稿: furitann | 2006年9月13日 (水) 10時33分

こんにちは、初コメです☆
親王さまのお名前、「悠仁」に決まりましたね。
お印の高野槙のごとく、まっすぐにすくすくと育っていって欲しいですo(^-^)o

投稿: 晃弘 | 2006年9月13日 (水) 11時36分

 初めまして、山桜と申します。
TBをありがとうございました。 拙ブログからもTBを
付けさせて戴きますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 新宮さまは○宮さまの称号がありませんので、
どうお呼びすれば良いものか迷いますね。 
マスコミはやはり、眞子さま、佳子さま、悠仁さまとお呼びするのでしょうね・・・。

投稿: 山桜 | 2006年9月13日 (水) 20時32分

TBありがとうございました。

名前ひとつにも、文化の違い・・
面白く読ませていただきました。

当方より、TBが上手く送れません。
(秋雨前線の為?ではないでしょうが)
申し訳ありません。

投稿: スナッチャー | 2006年9月13日 (水) 20時55分

TB有り難うございます。私からも後で入れます。
子供の頃、「美智子妃殿下」とマスコミも言っていましたが、今「雅子妃殿下」とは聞かないですねえ。

投稿: 練馬のんべ | 2006年9月13日 (水) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/3422575

この記事へのトラックバック一覧です: 名前について:

» 親王さまのお名前が「悠仁(ひさひと)」に決定 [オレメデア]
9月6日に生まれた秋篠宮家の男児のお名前が,「ゆったりと,長く久しく人生を歩んで欲しい」という,秋篠宮さま・紀子さま夫妻の思いを込めて「悠仁(ひさひと)」に決定した. 「お印」と呼ばれる,身の回りの持ち物につけるマークは「大きく,まっすぐに育って欲しい」という....... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 12時05分

» 命名の儀 夏色の秋 [しっとう?岩田亜矢那]
今まで敢えて新宮の名前を予想や推察してこなかった。 相手が皇室であろうと、一般庶民であろうと、人様のお子さんの名前を親や親戚でも無い者が勝手に予想したりとか、間接的にとはいえ進言したりするのは、非常に失礼であると考えるからである。 考え...... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 12時38分

» 親王殿下の御名 [びーちぇの「ヲシテのクニ」]
なんという素晴らしいお名でしょうか。 日本固有文字ヲシテで、親王殿下のお名を記 [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 14時59分

» 12日に「命名の儀」 [星空を眺めて]
12日に「命名の儀」が行われる。  今月6日に41年ぶりの男子皇族として誕生され [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 15時44分

» ◎奉祝◎秋篠宮殿下妃殿下に親王殿下ご誕生!ご命名! [日本の心を育むネットワーク]
                ◎◎奉祝◎◎ ●秋篠宮文仁親王殿下妃殿下     おめでとうございます ●●新宮さま命名は‥‥『悠仁』   秋篠宮悠仁親王殿下    ご命名おめでとうございます 読売新聞より転載 新宮さま、お名前は「悠仁」…命名の儀  秋篠宮ご夫妻に誕生した新宮さまの「命名の儀」が、12日午後3時35分から愛育病院(東京)で行われ、お名前は「悠仁(ひさひと)」、身の回りの品につける「お印(しるし)」は「高野槇(こうやま... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 20時21分

» [新宮様]お名前は「悠仁」殿下 [BBRの雑記帳]
おめでたい話題も、時々入れていきたいものです。 秋篠宮家ご長男、お名前は「悠仁(ひさひと)」 特集(Yomiuri Online) (元ニュースはこちら) (記事引用) 6日に秋篠宮ご夫妻に誕生した新宮さまの「命名の儀」が、お七夜にあたる生後7日目の12日午...... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 20時25分

» 紀子さま、男児ご出産 皇室に41年ぶり、皇位継承3位 [蜘蛛の糸]
(祝)おめでとうございます秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、東京都港区の愛育病院(中林正雄院長)で男の子(親王)を出産した。男子皇族の誕生は秋篠宮さま以来約41年ぶり、天皇陛下の孫の世代では初めての男子となる。皇位継承順位は、皇太子さま、秋篠... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 20時26分

» 御名と御印 [天地(あめつち)に遊ぶ]
昨日「命名の儀」が行われ、新宮さまの御名と御印が発表されました。 御名 悠人(ひさひと)さま 御印 高野槙(こうやまき) 秋篠宮さまは、初めに「ひさひと」の音が気に入られ、後に複数の 候補漢字の中から「悠然」「悠久」などの熟語に用いられてい..... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 20時33分

» 命名の儀 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
9月6日にお生まれになった新宮さまにお名前がつきました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 20時37分

» 秋篠宮ご長男は悠仁(ひさひと)さまに [zara's voice recorder]
命名の儀:秋篠宮ご長男、悠仁(ひさひと)さまに 秋篠宮ご夫妻の3番目のお子さまの名前が「悠仁(ひさひと)」に決まり、一般のお七夜にあたる12日午後、紀子さまとお子さまが入院する東京都港区の愛育病院で、「命名の儀」が行われた。皇室の慣例で、皇太子ご夫妻の長..... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 20時54分

» 親王殿下ご誕生は、平成の神風 [ほそかわ・かずひこの BLOG]
 敗戦後、わが国では、皇室の役割が小さくなり、皇室の存在が段々薄れてきていた。これは本来のわが国の姿を見失っているものである。  GHQは、占領政策の目的を、日本が再び米国及び世界の脅威とならないようにすることにおいた。一言で言えば、日本弱体化のための政策が計画・実行された。  その際、最大のポイントとされたのが、天皇のご存在である。国史・修身の廃止、神道指令、いわゆる人間宣言、日本国憲法等ーー天皇の権威を引き... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 21時00分

» 新宮様 お名前は「悠仁」(ひさひと) [王様の耳はロバの耳]
秋篠宮家の新宮さま、お名前は「悠仁」(ひさひと) (朝日新聞) - goo ニュース 昨日午後愛育病院で6日お誕生された秋篠宮家の新宮様の「命名の儀」が執り行われました 新宮様のお名前は「悠仁」(ひさひと)に決まった お名前は秋篠宮殿下が和紙に墨書きされ披露の後桐の小箱に収め枕元に置かれたとの由 同時に身の回りのお品に付けるお印は「高野槇」と決まった {/kaeru_fine/} 爺の事であるから不躾にも「秋篠宮殿下はお習字も稽�... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 21時03分

» お名前は『悠仁さま』 [多数に埋もれる日記]
新宮様のお名前が決まりました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 21時40分

» 秋篠宮さまの男子のお名前は悠仁さまになりました [オールマイティにコメンテート]
6日に秋篠宮ご夫妻に誕生した新宮さまの「命名の儀」が、お七夜にあたる生後7日目の12日午後3時半過ぎから愛育病院(東京・南麻布)で行われ、「悠仁(ひさひと)」と名付けられました。色々報道やニュースでは伸び伸びと育ってほしいという意味があるそうなのでこれか...... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 21時52分

» 新宮さま「命名の儀」 [のほほん♪]
今月6日に誕生された、秋篠宮ご夫妻の3人目のお子さまの「命名の儀」が、今日午後入院先の愛育病院(東京)で行われました。 今日は丁度、一般のお七夜にあたるのですね。 お名前は「悠仁(ひさひと)」 身の回りの品につけるお印は「高野槇(こうやまき)」と決まり...... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 21時53分

» 殿下の健やかなご成長を心よりお祈り申し上げます [家族がいちばん]
みなさまご存じの通り悠仁(ひさひと)親王殿下に決まりました。素晴らしいお名前、子 [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 21時57分

» 命名の儀、宮様のお名前は「悠仁(ひさひと)」 [新・だんなの屋根裏部屋]
「悠仁(ひさひと)」、秋篠宮ご夫妻のご長男のお名前です。 本日、東京・南麻布の愛... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 22時02分

» 悠仁 [Hybrid-Hills]
6日に誕生した秋篠宮家の長男の名前が決定した。 [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 22時23分

» 新宮様のお名前が決まる、秋篠宮妃殿下、新宮様も経過は順調の模... [roidoのブログ]
秋篠宮家ご長男、お名前は「悠仁(ひさひと)」6日に秋篠宮ご夫妻に誕生した新宮さまの「命名の儀」が、お七夜にあたる生後7日目の12日午後3時半過ぎから愛育病院(東京・南麻布)で行われ、「悠仁(ひさひと)」と名付けられた。 宮内庁によると、「悠」には「悠久...... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 22時31分

» 命名 [shigezoh blog]
以下、Yahooニュース(毎日新聞)より。  秋篠宮ご夫妻の3番目のお子さまの名前が「悠仁(ひさひと)」に決まり、一般のお七夜にあたる12日午後、紀子さまとお子さまが入院する東京都港区の愛育病院で、「命名の儀」が行われた。 決まりましたねぇ。親王の名前。 って、言いづらっ(笑) 「仁」の字が付く名前を持つ最初の天皇は56代清和天皇(在位858年~876年)で、惟仁(これひと)という名前だったそうです。 70代後冷泉天皇以降、女帝と8例を除いて、今上天皇までずっと「仁」が付いているっての... [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 10時01分

» 皇室に伝わる「仁」のお名前 [ほそかわ・かずひこの BLOG]
 親王殿下のお名前は、悠仁(ひさひと)さまと名付けられた。皇族男子のお名前に、「仁」の文字を含むのは、皇室の伝統である。明治天皇は睦仁(むつひと)、大正天皇は嘉仁(よしひと)、昭和天皇は裕仁(ひろひと)、今上天皇は明仁(あきひと)と申し上げる。皇太子殿下は徳仁(なるひと)、秋篠宮殿下は文仁(ふみひと)と申される。他の皇族の男子の方々も、みな「仁」の文字がついている。  この伝統は、平安時代以来のものというから、皇室がい... [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 11時30分

» そっとしといてあげたいけど、つい書いてしまう・・・ [薫のハムニダ日記]
え~っと、「日本列島“全体”が祝賀ムード“一色”に包まれている」とこちらでは報じられているのですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 私は一部の愛国的ヘイトコメンテイターの方が書かれていた(ぜんっぜん面白くなかったので、もう削除しちゃいましたけどね)ように「歯軋りして悔しがって」いるわけではありませんし、「万世一系の皇統万歳!万歳!」と思っているわけでもありません。 ただ、生まれたときからあらゆる重石がのしかかったような人生を歩まざるをえないであろう新生児が不憫でなりません。 (... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 11時45分

« シャーロック・ホームズ、チベットへ行く(5) | トップページ | オウムのこと »