« 高名な?依頼人(5) | トップページ | クリスティーズのコナン・ドイル関係文書売り立て »

2006年10月20日 (金)

ホームズの学生生活(4)

 (承前)ところがケンブリッジでは方式が違う。新入生はふつう大学町の下宿で一年目を過ごし、場合により(カレッジ内に空き部屋がなければ)二年目もそのままということがある。この場合、オックスフォード式と違って、孤独癖のある内気な人間には同級生と友だちになる機会が少ない。だからホームズもケンブリッジでの最初の二年間は友だちがいなかった――という蓋然性が高い。彼がワトソンに実際に言った言葉は、「トレヴァーは僕がケンブリッジの最初の二年間で作った唯一の友人だった。カレッジの外に住んでいたからね」くらいだったはずだ。これをワトソンが聞き違えたのだ。あるいはOnly friend-2 yrs. out collegeとメモしておいて、あとでoutをatと読み違えたのかも知れない。こうして紛れが生じ、後生の研究者を戸惑わせることになった。あるいは、atが実はinの間違いで(during the two years I was in college.)、カレッジ構内に居住して友人なしの状態が二年続いたという可能性も面白いが、やはりこれはあり得ないだろう。友人がいなかったのは最初の二年間であり、最後の二年間ではない。さらに、カレッジの構内で最初の二年間を過ごしたとすれば、大学はオックスフォードということになるが、この仮説はブルテリアの一件からも採用できないことはすでに述べた。
 しかし仮にホームズの言葉を正確に写したのだとしても、ここで言ったことと『マスグレイヴ家の儀式』で言ったことは明らかに矛盾する。この点については、ホームズの学業を調べるときに再検討しよう。重要なのは、ホームズがトレヴァーと知り合ったころの方が「最後の二年間」よりも友だちが少なかったことである。それに友だちなしの時期がすなわちカレッジ外居住の時期だということである。彼がいたのはケンブリッジであってオックスフォードではなかったことになる。
(B)さて次はホームズがケンブリッジに何年いたのかという問題である。二年間しか在学しなかったという説は、ブレイクニー氏が『グロリア・スコット』の一節を根拠にとなえているものだが、『マスグレイヴ家の儀式』の「大学での最後の二年間my last years at the University」という言葉と矛盾する。この二つに折り合いを付けることができるかどうかを検討しなければならない。

|

« 高名な?依頼人(5) | トップページ | クリスティーズのコナン・ドイル関係文書売り立て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/3892145

この記事へのトラックバック一覧です: ホームズの学生生活(4):

« 高名な?依頼人(5) | トップページ | クリスティーズのコナン・ドイル関係文書売り立て »