« The name is Bond. | トップページ | ガンジー・キング・イケダ? »

2006年12月 9日 (土)

英会話?

……ですから、私は道で外国人に会ったら、絶対に英語を使っちゃいけないと言うんです。まず、話す必要があったら日本語で話しなさい。すると、ほとんどの外国人は日本語ができますよ。日本語ができないかわいそうな外国人がいたら、「ホワッツ・ア・ピティー。ユー・ドーント・スピーク・ジャパニーズ」と、こう言って英語を使えばいいんだ。「キャン・アイ・ヘルプ・ユー? メイ・アイ何とか?」っていくと、ただで英会話を習われちゃかなわんと言う外国人が実は凄く多いんです。うるさくてしょうがないとこぼす人もいます。フランス人、ロシア人は、「アー・ユー・アメリカン?」と言われるのが最も不愉快だとか。日本の先生が考えているほど、外国人は英語で話されることを期待も、歓迎もしていないのです。
……でも日本でオフィスを構えて、うちを借りて住んでいる人で、日本語がまったくできないような人は、やっぱりそれは恥ずかしいことだと思わせなきゃいけない。ですから、私は毎日それを実行しています。近所の外国人には日本語で話して、できない人は、「オー、オワッツ・ア・ピティー。ユー・ドーント・スピーク・ジャパニーズ。ハウ・ロング・ハブ・ユー・ビーン・ヒアー?」とか何とかいうと、その人もうなだれる。そこでもってはじめて、ゆっくりと英語でいろいろ助けたり、お説教したりします。
(鈴木孝夫『言葉のちから』文春文庫p.p.182-183)

『閉ざされた言語・日本語の世界』や『ことばと文化』の鈴木孝夫先生も、講演ではどうも性急で過激なレトリックを使うなあ、とびっくりする。しかし論旨には100%賛成だ。
 あの「駅前英会話」というのはほんとにアホですね。駅前がよくないというのじゃないよ。郊外の静かなところでも駄目なものは駄目だ。
 小学生に英語を教えるなんて、日本人を馬鹿にしようというCIAの陰謀だ。中日が日本シリーズをとれなかったのもCIAの陰謀だ。
 Ciaseal_2
  もちろん鈴木先生も「小学校への英語教育の導入は絶対に反対です。」と言われる。それどころか、そもそも「学校教育に英語は不要」と書いておられる。

 私自身は英語が商売道具だから、読み書きはまず不自由しないし、読んだ英語の量、書いた英語の量は平均的なアメリカ人よりはるかに多いと思う。「平均的なアメリカ人」? 平均的な日本人がどれくらい日本語を読み書きするかは、だいたい想像できるはずだ。それより量的にだいぶ少ないのが、「平均的なアメリカ人の英語の読み書き量」でしょう。

 いわゆる英会話になると、田舎に住んでいるからほとんど機会がない。
 外国人に道をたずねられたことは、東京にいたころに何度かある。
"Where is the ward gymnasium?"
 などと聞いてくるから、
「区立体育館か?」
と日本語で聞き返すと頷く。
「この道をまっすぐ行く。100メートル。One hundred meters. 左手に見えるよ」などと手振りを入れて言うと分かるようだ。だいたい、道案内なんて日本語でも苦手である。英語の構文を考えるなんてアホらしいことができるか。
 一度、東大のそばを通りかかって生協の書籍部に入ったら、アメリカ人らしいおっさんに話しかけられたことがある。英語の本を立ち読みしているのを見てこちらをつかまえたので、逃げられない。
「東大のマークの入ったsweaterを土産に買って帰りたいのだが、手伝ってくれますか」と奇抜なことを言う。「ははあ、いわゆるトレーナーのことを英語ではセーターというのだな」とすぐ分かった。
「うーん、そういうものがありますかね。たぶんないと思うけど、まあ見に行ってみましょう」というのは、英語で言ったのである。普通の売り場は書籍部とはだいぶ離れたところにあるので案内した。店員にきいてみると、やはりないという。
 この外人は「あなたは英語が大変上手ですね」と言ったが、これはほめられたことにはならない。ほんとの英語達人なら、そういうことは言われない。

 しかし、東大は銀杏のマークの入ったトレーナーを作るべきだと思うね。きっと売れますよ。慶應は東大より創立が古くて1858年である。立派なマークもある。やはりトレーナーを作らなくちゃ。
Side_logo  
 早稲田は大隈講堂か、いっそ大隈重信の銅像をそのままマークにすればよいでしょう。

Baba13

|

« The name is Bond. | トップページ | ガンジー・キング・イケダ? »

コメント

TBからまいりました。

私の考えていることとほぼ同じですが、ひとつ、

>日本語ができないかわいそうな外国人がいたら

これ。

>広東語ができないかわいそうな外国人がいたら

と香港では言われます。しかし、四声ならぬ八声の発音の広東語、とても覚えるわけにはいきません。これと似たような感覚を日本語に持っている外国人も多いのですよ。ちょっと、可哀想かな、と思います。ま、義兄(イギリス人)に「あ!一ヶ国語しかできないんですね。」とは言いますが。。。

困ったものです。

PS:ちなみに、TBいただいたのは、
http://franklloyd.iza.ne.jp/blog/entry/23088/
でした。

投稿: FRANK LLOYD | 2006年12月11日 (月) 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/4482020

この記事へのトラックバック一覧です: 英会話?:

» 英会話.NAVI!英会話の総合情報サイト [英会話.NAVI!英会話の総合情報サイト]
英会話の学習法、基礎知識、勉強のコツ、スクールの選び方などをまとめています。分かりそうで分からない部分や、ノウハウを徹底解説しています、よろしくお願いいたします。 [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 22時01分

» 英会話の学習もほどほどに [英会話の学習]
英会話の学習ブログ [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 16時16分

« The name is Bond. | トップページ | ガンジー・キング・イケダ? »