« コナン・ドイルとボディビル | トップページ | 英会話? »

2006年12月 8日 (金)

The name is Bond.

Kleinman_gunbarrel

 007ジェームズ・ボンドは、
The name is Bond, James Bond.
と名乗りますね。
 なぜMy name is Bond.ではなくて、The name is Bond.なのだろう?
 後者でなくては駄目だということは、私にも分かる。しかし、何故そうなのかを、定冠詞theの用法という観点から、誰か分かりやすく説明してくれませんかね? 英文法としてはどうなるか、を知りたい。

 我々が英語をしゃべるとして、
The name is Yamada, Taro Yamada.
は、よほど特別の場合でないと、やはり変ではないか。ふつうにMy name is Yamada.と言う方がよいように思う。 

 接着剤なら

The name is Bond, not Cemedine.

Bondw

|

« コナン・ドイルとボディビル | トップページ | 英会話? »

コメント

`The name is`でなく`My name is`と言っているときもあります。したがって`My name is`では駄目、ということではないと思います。`The name is`は私のような「英語ど素人」には理解が難しいのですが、これは`The family name is`のfamilyの部分を省略しちゃっているからなのですか。

投稿: 土屋朋之 | 2006年12月 9日 (土) 19時51分

そうですか。My name is--もありましたか? しかしThe name is--の印象が強いので。My nameとThe nameがこの場合どういうふうに違うのか、文法的にはどう説明できるのか、誰か専門家に聞いてみたいところです。

投稿: 三十郎 | 2006年12月 9日 (土) 21時11分

こんにちは。My name is...ではなく、The name is... とすると、人ごとのような、何か突き放した、不思議な言い方になります。焦点が本人にではなく、その人の氏名に移るからです。それだけに、昔、どこかで、「この言い方は、ボンドのように不死身ならともかく、われわれ一般市民は使わないほうがいい」というコメントを読んで、笑ったおぼえがあります。

投稿: 日向清人 | 2006年12月10日 (日) 08時57分

コメントありがとうございます。思い出した。むかし自分がThe name is--を使ったことがある。インターネット以前の時代にアメリカに手書きで本の注文を出したら、10冊頼んだのに7冊しか送ってこなかった。私の名前をVemuraと書いてあったので、今度は英文タイプライターを使って「不足分至急送れ」と書き、最後にThe name is Uemura, not Vemura.と書き足したらすぐ送ってきた。この場合は、当方に威張る権利があったのですね。

投稿: 三十郎 | 2006年12月10日 (日) 10時10分

はじめまして。私もはじめ疑問に思ったのですが、皆さん、直前のシーンを思い出してみてください。
黒幕のMr.ホワイトにボンドが電話をかけ、それをとったMr.ホワイトとボンドの会話です。

Mr.ホワイト:Hello?
ボンド:Mr.White? We need you to talk.
Mr.ホワイト:Who is it?
     そしてこの直後にホワイト氏は撃たれ、ボンドが登場し、
ボンド:The name's Bond. James Bond.

いかがですか?会話に若干時間差がありましたが、ボンドはホワイト氏の”Who is it?”の問いかけに対して"The name's Bond"と答えたに過ぎません。

英語の会話の流れにはパターンがあり、仮に"Who are you?"と尋ねていれば"My name is Bond. James Bond."となっていたでしょう。しかし、このやりとりは電話を通して行われたため、必然的にこのような表現になったのでしょう。
 

投稿: テレンス・ヤング | 2008年7月11日 (金) 17時02分

なるほど。前後関係からそうなるのが当然ということですか。でもいろんな場面でいつでもThe name is Bond, James Bond.と言っていたような印象があるのだけれど。

投稿: 三十郎 | 2008年7月11日 (金) 19時50分

『Dr.NO』から『Diamonds Are Forever』までと、『Day Another Day』では「My neme is Bond,James Bond.」と言っています。ロジャー・ムーアとティモシー・ダルトン、そしてピアース・ブロスナンのシリーズをもう一度見直してみようと思います。

投稿: テレンス・ヤング | 2008年7月14日 (月) 15時07分

有言実行で『Dr.NO』から『GOLDENEYE』までを全て観ました!
やはり『Dr.NO』から『LICENCE TO KILL』までは「My name is Bond. James Bond.」と名乗っていますが、なんと『GOLDENEYE』では「The name's Bond. James Bond.」と名乗っていました!!

しかし、その直前の会話は、ゼニア・オナトップが「Thanks for...Mr..?」と聞いているため、この場合はもしかするとどちらでもいいのかもしれません。

投稿: テレンス・ヤング | 2008年12月 8日 (月) 18時34分

ありがとうございます。やはり前後関係なのかな?

投稿: 三十郎 | 2008年12月 8日 (月) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/4473422

この記事へのトラックバック一覧です: The name is Bond.:

» 「007/カジノ・ロワイヤル」 [みんなシネマいいのに!]
 久しぶりの007の新作は不安だらけである。 まず、せっかくピアーズ・ブロスナ [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 21時20分

« コナン・ドイルとボディビル | トップページ | 英会話? »