« 棍棒かステッキか(7) | トップページ | 火掻き棒補説 »

2007年4月23日 (月)

棍棒かステッキか(8)

『ブルース・パーティントン設計図』では、とんでもない場所で死体が発見されたのだった。
 
Bruc04_1
「カドガン・ウェストは前から私を疑っていた。それであの晩、あんたの言うように尾行してきたのだ。こちらはこの家の玄関に来るまで、つけられているとは気づかなかった。霧が深くて三ヤード先も見えなかったからだ。私は二回ノックして、オーベルシュタインが出てきた。そのときウェストがとび出してきて、図面をどうするつもりかと詰め寄った。オーベルシュタインは短い棍棒life-preserver)を持ち歩いている。ウェストが私の後を追って中へ入ろうとしたとき、オーベルシュタインが棍棒で彼の頭を一撃した。致命傷だった。ウェストは5分と経たないうちに死んだ。……死体を……」

 ホームズはこの告白を聞いて、事件を成功裏に解決することができた。それから数週間して、ホームズはウィンザー城で一日を過ごしたらしい。帰ってきたときは見事なエメラルドのネクタイピンを付けていた。さるやんごとなきレディから戴いたのだという。 

20050620queenvictoria

|

« 棍棒かステッキか(7) | トップページ | 火掻き棒補説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/6185121

この記事へのトラックバック一覧です: 棍棒かステッキか(8):

« 棍棒かステッキか(7) | トップページ | 火掻き棒補説 »