« 火掻き棒補説(2) | トップページ | 芥川龍之介、漱石を語る »

2007年4月27日 (金)

国富論の新訳

 誤訳迷訳欠陥翻訳(2)(3)で紹介した『国富論』の山岡洋一氏による新訳は、3月に日本経済新聞社から刊行されました。残念ながら、私はまだ読んでいません。今のところ『国富論」に取り組む余裕がないので。

 読んだ人の評価は、たとえば酒井邦秀氏の こども式ブログ を見てください。 上記ブログで酒井邦秀氏もいうように、山岡洋一氏による新訳は「日本翻訳史上の大事件」だろう。なぜ書評が出ないのだろうか?

|

« 火掻き棒補説(2) | トップページ | 芥川龍之介、漱石を語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/6221251

この記事へのトラックバック一覧です: 国富論の新訳:

« 火掻き棒補説(2) | トップページ | 芥川龍之介、漱石を語る »