« シャーロック・ホームズ小伝(5) | トップページ | 凶器としての火掻き棒 »

2007年4月12日 (木)

デレッキとは何ですか?

「畜生ッ! 入るか!?」と云って、そこにあったストーブを掻き廻す鉄のデレッキを振り上げた。

 その男はストーブのデレッキを持って、目の色をかえて、又出て行った。誰もそれをとめなかった。

 いずれも小林多喜二の小説にあるくだりですが、多喜二がわざわざ「ストーブを掻き廻す鉄の」と書いたとは、いささか信じがたい。ひょっとして編集者が書き入れたのではないかと、勘ぐりたくなります。「ご飯を口に運ぶ二本の木の箸」とでも書くようなじれったさがある。デレッキは、今ならリモコンと同じくらい、どこの家でも使っていました。デレッキと書けば、もうそれで充足している。……
(あずましい根室の私――柳瀬尚紀『日本語は天才である』新潮社pp.159-160)

  デレッキとはこういうものだったのか! 
 つい先日、デレッキが出てきて、分からなかったのだ。
 某大企業が外国に工場を作るというので、品質管理マニュアルの英訳が私のところにまわってきたが、これが難物だった。
「二酸化マンガンの使用量を3%削減する」などは誰が訳しても同じだ。
「人に優しい職場を作る」なんてのは、どうも困りましたね。たまたま私が担当したからよかったので、ほかの翻訳者なら
*Create a workplace that is gentle to people.
 なんて訳をつけかねない。外人が目を白黒(白青?)する。私はうまく誤魔化してしまった。どう誤魔化したかは企業秘密。
 ほかにも厄介なところが随分あった。
「デレッキを使う」というのが分からなかったから、
Use XX.
と書いて、「デレッキとは何ですか?」と赤字で書き込んでおいた。
 翌日、クライアントからメールが来て「私どもは昔からデレッキと呼んでいる。英語で何というのかは知らないが、かくかくしかじかのものである」と説明があった。どうやらpokerと訳しておけばよいようだ。
 それきり忘れていたのだけれど、柳瀬先生の本に出てきたのだ。続きをもう少し引用する。

 たんに棒でなく、ツルハシと合体したようなものです。しかも頻繁にストーブの中を引っ掻き回す道具ですから、真っ赤に焼けている。幸いぼくは、人がデレッキを振り回す現場に遭遇した経験はありませんが、それでも灼熱の凶器が目の前に現れます。
 日本国語大辞典での初出は昭和三(1928)年。語源は載っていませんが、ぼくは英語のderrickにちがいないと確信しています。Derrickは起重機ですが、先端に付いているフックがデレッキの先端そっくりです。
 初めは日本名はなかったでしょう。たんに、火掻きと言っていたと思います。クラーク博士らのアメリカ人が札幌農学校、今の北海道大学へ来たのは明治九(1876)年です。英語で火掻き用の棒はポウカーpokerと言いますが、十九世紀の百科辞典などを見ると、ポウカーはまっすぐな棒です。先端が鉤状のものは見当たらない。先端の曲がった北海道製の火掻きを見て、英語を母国語にする者にとってこれをpokerとは呼びにくかった。むしろderrickと命名した。あるいはderrickにたとえた。チェックcheckがチッキ、デックdeckがデッキ、ジャックjackがジャッキ、スティックstickがステッキ、オランダ語のブリックblickがブリキになったように、デリックderrickがデレッキになったのは自然です。
(『日本語は天才である』続き)

 面白いなあ! しかし、昔から「デレッキ」を使っているというこの大企業は、かなり温暖な地方にあるのだけれど。
 私が子どものころ、三重県の小学校の職員室には石炭ストーブがあった(教室にはなかった)ように思う。しかし、「火掻き棒」を使っていたかどうか?
 
「かくかくしかじかのものだ」という説明ですぐに分かったのは、bookishな知識によるものだ。

 彼は節くれ立った巨大な拳を我が友の鼻先へ突き出した。その拳をホームズはいかにも面白そうに吟味した。「生まれつきなのか? それとも、だんだんそうなってきたのかな」
 我が友が氷のように冷静だったせいか、それとも私がポウカーを掴んだときにちょっと音を立てたせいか、いずれにせよ、客の剣幕は少々おとなしくなった。
(『三破風館』)

3gab01_1

 黒人のへヴィー級プロボクサーが相手だと、ワトソンも素手ではどうにもならない。いざとなったら鉄の火掻き棒で頭をかち割ってやるしかない。
ポウカーがどういう形かは、迂闊にもまったく考えなかったけれど、この絵を見ると、なるほどまっすぐな棒ですね。
 それに対して日本のデレッキは下図のような形らしい。デレッキ補説より。

Derekki_1

凶器としての火掻き棒に続く)

|

« シャーロック・ホームズ小伝(5) | トップページ | 凶器としての火掻き棒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/6071742

この記事へのトラックバック一覧です: デレッキとは何ですか?:

» 日本語は天才である 柳瀬尚紀 [カンガルーは荒野を夢見る]
種明かしから入る。タイトルは石川啄木の自伝的小説「雲は天才である」をもじったものだ。著者があとがきでその事に触れている。ならば啄木の著書もそうだが、タイトルが単なる陳述ではなく一種のレトリックである事は明らかだ。 近年の日本語ブームに乗って〈美しい〉日..... [続きを読む]

受信: 2007年4月19日 (木) 04時25分

« シャーロック・ホームズ小伝(5) | トップページ | 凶器としての火掻き棒 »