« 棍棒かステッキか(8) | トップページ | 火掻き棒補説(2) »

2007年4月24日 (火)

火掻き棒補説

 火掻き棒とか棍棒とか、どうも物騒でいけない。ワトソンが火掻き棒を平和利用したシーンを見てみよう。

「とっても重いわ」彼女はそれを持ち上げようとした。「箱だけでも相当の値打ちがありそうですね。鍵はどこですの?」
「スモールがテムズ川に捨ててしまったのです。フォレスター夫人の火掻き棒を借りなくては」
  箱の表の分厚く幅広い掛金は仏陀の座像をかたどったものだ。その下に火掻き棒の端を突っ込んでこじ開けた。掛金はパチンと外れた。震える手で蓋を開ける。二人は驚きに目を丸くして立ちすくんだ。箱は空っぽだったのだ!

 ワトソンはThank God! と叫んだ。
「なぜ、そうおっしゃいますの?」
(ワトソンが理由を説明する。)
「それでしたら、私もThank God! と申しますわ」とささやいたメアリーをワトソンは抱き寄せた。めでたし、めでたし。『四人の署名』でした。
Sign19

|

« 棍棒かステッキか(8) | トップページ | 火掻き棒補説(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/6194587

この記事へのトラックバック一覧です: 火掻き棒補説:

« 棍棒かステッキか(8) | トップページ | 火掻き棒補説(2) »