« シャーロック・ホームズ小伝(1) | トップページ | シャーロック・ホームズ小伝(2) »

2007年4月 1日 (日)

寺脇研を

――文部科学省としては一度も「ゆとり教育」という言葉を使ったことはないと、伊吹文科相は言っています。

Ibukibunmei

 エー? 本当か? 無責任じゃないか? 円周率は3として計算してもよいとか、台形の面積の求め方は教えなくていいと言ったのは誰だ? 基礎学力が低下していることが分かったから、「ゆとり教育をやめる」ことにしたのじゃなかったのか?

「……と、伊吹文科相は言っています」と言っているのは、朝日新聞の記者である。
 朝日の4月1日朝刊4面に、「ゆとり教育」は誤りかという記事があって、ジャーナリストの櫻井よしこ氏と元文部官僚の寺脇研氏の対談を記者が1頁にまとめている。

 寺脇研というのは、ウィキペディアによると

 寺脇研(1952-)は、は元文部官僚で映画評論家、京都造形芸術大学教授。文部科学省大臣官房広報調整官を最後に同省を辞職した。福岡県生まれ。
  ラ・サール高校を卒業後、東京大学法学部に進学。1975年、当時の文部省に入省、キャリア官僚としての出足は、職業教育課長を経て広島県教育長として出向。その後は、ほぼ文部省・文部科学省にあり、1990年代まで「ゆとり教育」の推進者としてマスコミの前面に出て知られるようになり、文部省人事からみて主流ポストを歩いてきたとはいえなかったが、同省の見解のスポークスマン的な役割を担っていくこととなった。
  いわゆる「ゆとり教育」の推進者としてその名を知られていたが、近年、地方や低所得層の学生とそうでない学生との著しい(主に受験で高成績を修める為の)学力格差が問題となり、同省の「ゆとり教育」政策に対する批判が強まったのと同時期に大臣官房審議官から外局である文化庁文化部長に異動となり、「ゆとり教育」推進の表舞台から姿を消した。さらに2006年春、同省事務方から勧められた勧奨退職を拒否し、いわゆる中二階ポスト(局次長・審議官・部長)から課長級に当たる同省大臣官房広報調整官へと異例の降格となった(一部報道では、その時、当時の小坂憲次文部科学大臣に慰留されたとある)。こういう報道が出てくるのも「ゆとり教育」路線からの文部省の事実上の方向転換であると指摘されている。
 2006年11月10日付で文部科学省を辞職。今後については、「今後も教育や文化について、民間の立場から取り組んでいく」と述べた。

 要するにゆとり教育の張本人がこの寺脇研なる男である。

 和田秀樹氏のサイト 汚いぞ!寺脇研(2001/6/1) によれば、

 先日、とあるテレビ番組から、来年から実施される新学習指導要領とゆとり教育の問題点について、文部省の役人とスタジオで議論してくれと誘いを受けた。(中略)
 ところが、数日後、その番組の担当者が、申し訳なさそうに、「文部科学省の 寺脇審議官が、和田と議論するのなら出ないと言っている。文部科学省の当事者が出ないと番組が成立しないので、辞退してほしい」と電話してきた。
 (詳しくはここ

 朝日新聞の対談は記者がまとめたものだが、
寺脇 学習指導要領は「教えてはいけない」とは言っていない。……

 などと責任逃れに終始していることは、はっきり分かる。
 
 寺脇研は2001年に和田秀樹とのテレビでの議論を逃げて「汚いぞ!」と書かれたのである。しかし、寺脇研が和田秀樹を名誉毀損などで訴えたという話は聞かない。
 今からでもいいから、今度は櫻井さんとテレビなどの逃げられないところで討論してもらいたい。

 ところで、寺脇研を

 むかし小室直樹氏は、ロッキード事件の際に田中角栄の無罪を主張し論陣を張った。小室氏はテレビに出演して「田中角栄を起訴した検察官を死刑にしろ!」と叫んだ。「死刑にしろ」はいくら何でもひどいというので、小室氏はテレビには出られなくなった。

 山上たつひこのがきデカでは少年警察官こまわり君が「死刑!」と叫ぶのだった。

 この顔を町で見かけても、石をぶつけたりしないように。

Ph_09_01_1

|

« シャーロック・ホームズ小伝(1) | トップページ | シャーロック・ホームズ小伝(2) »

コメント

TB有り難うございます。
両手の人差し指を立てて、おしりを振って指をおしりのところから後ろに向けて「死刑!」…こまわり君チャンピオン世代としては思わず反応してしまいます。
冗談はさておき、寺脇氏は革命を起こすために文部省に入った(正確な言葉は忘れました)という、まさに愚民左翼思想(愚かなる大衆を我々選ばれし者達が導かねばならない、という思想)の持ち主。見事に彼は志を遂げることができたわけですが、今からでも叩きつぶさないといけませんね。

投稿: 練馬のんべ | 2007年4月 2日 (月) 20時21分

トラックバックありがとうございました。

キネマ旬報に毎号載っている寺脇の批評を読むにつけ、“こいつはバ○だ”との印象をますます強くする今日この頃です。

何でも、広島県の教育長時代には、生徒の偏差値が大幅に下がったとか。そして本省に出張するため上京した際には、好きなピンク映画を観まくっていた(広島では、立場上観られない)という姑息ぶりには呆れてしまいました。

それでは、今後とも宜しくお願いします。

投稿: 元・副会長 | 2007年5月21日 (月) 20時57分

勉強不足甚だしいのお。
いわゆる「ゆとり教育」によって学力が上がった現状をどう受け止めるんだい?

投稿: Kei | 2007年7月17日 (火) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/5939137

この記事へのトラックバック一覧です: 寺脇研を:

» 「ゆとり教育」 [晴耕雨読]
 三浦朱門氏はゆとり教育について、斎藤貴男氏の取材に対し、こう答えています。 「学力低下は予測しうる不安というか、覚悟しながら教課審(引用者注:教育課程審議会)をやっとりました。いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本は どうにもならんということです。 つまり、できんものはできんままで結構。  戦後五十年、落ちこぼれの底辺をあげることにばかり注いできた労力を、 できるものを限りなく伸ばすことに振り向ける。百人に一人でいい、やがて 彼らが国を引っ張っていきます。限りなくできない... [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 17時36分

» 実のない教育再生会議 [原野辰三の時事コラム]
教育再生会議は実のない会議。茶番劇もいいところ。 野依良治(ノーベル化学賞受賞 現独立行政法人理化学研究所理事長)座長を看板にしているが メンバー中の、碌でもないヤツや声の大きいヤツの意見が通ったようだ。 居酒屋チエーンの経営者がでしゃばったり、声の大... [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 11時33分

» 「ゆとり教育」の責任者、出て来い! [思うて学ばざれば則ち殆し]
【正論】西村和雄「ゆとり教育」見直しは人事一新から(iza(イザ!):産経新聞社) [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 14時02分

» 知識・教養を身につける [教育ブログ]
教育を受け知識・教養を身につけることは、わたしたちの人生を豊かにします。日本国憲法の規定を見ても、個人の幸せのためには教育が必要であるとの観点から、教育を受ける権利を憲法第26条で国民に保障しています。教育には義務教育・高等教育・社会人教育・生涯教育などがあります。特に、自分では学習することができない子供に対する義務教育の重要性は言うまでもありません。また、高齢化社会の現代では生涯教育の重要性も見過ごすわけには行きません。ところが、保障された権利である義務教育には、学校間の格... [続きを読む]

受信: 2007年4月22日 (日) 23時30分

» 評論家・寺脇研のおとぼけ短評 [元・副会長のCinema Days]
 昨年、元文科省官僚で映画評論家の寺脇研をコキおろした文章をアップしたことがあったが、最近彼はまた“やっちゃった”みたいである。それはキネマ旬報誌の5月上旬号での「ブラッド・ダイヤモンド」に対する短評だ。ここで彼は何と“反政府ゲリラを野蛮な悪として否定的に描いているのはケシカラン”というような意味のことを宣っておられる。  あの映画の舞台設定は実話に基づいている。もちろん“どれだけ実話に即しているか”は不明だ。しかし、映画「シリアナ」などで示されるように、民間人をテロリストに仕立て上げる反社会的組... [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 20時49分

« シャーロック・ホームズ小伝(1) | トップページ | シャーロック・ホームズ小伝(2) »