« ガンジーは暴力を選ぶ | トップページ | ガンジーは無抵抗主義者か(2) »

2007年5月11日 (金)

ガンジーは無抵抗主義者か(1)

F9

 マハトマ・ガンジーが無抵抗主義者であったというのは誤解である。
 ガンジーは非暴力をとなえたが、無抵抗を勧めたことはない。
 マハトマ・ガンジー全集は英語版で全100巻あり、全部を読んだ人は一人もいないだろう。だから確言することはできないが、ガンジーが無抵抗という言葉を肯定的文脈で用いたことはないはずだ。

 三省堂のニューセンチュリー和英辞典で「無抵抗」を引くと、訳語はnonresistanceとなっている。これは正しいが、続いて挙げられている次の例文は間違っている。

インドはマハトマ・ガンジーの無抵抗主義による諸政策に導かれてついに英国の支配から独立した。
India led by Mahatma Gandhi's policies of passive resistance, finally gained its independence from the British rule.
 
 policies of passive resistanceは「無抵抗主義による諸政策」ではない。
 passive resistanceを訳するならば「受動的抵抗」である。「無抵抗」などという訳は、どこをどうひねっても出てこないはずだ。

|

« ガンジーは暴力を選ぶ | トップページ | ガンジーは無抵抗主義者か(2) »

コメント

あなたは100巻全部読んだの?わたしは読んでないよ。

投稿: m-maki | 2007年5月12日 (土) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/6384442

この記事へのトラックバック一覧です: ガンジーは無抵抗主義者か(1):

« ガンジーは暴力を選ぶ | トップページ | ガンジーは無抵抗主義者か(2) »