« 奈良の正倉院(3) | トップページ | 詐欺とはどういうことだ? »

2007年6月29日 (金)

もてない男はウソだった

 小谷野敦さんといえば『もてない男』として有名で、続編の『もてない男の逆襲』も洛陽の紙価を高めたのであるが、このほどこれが真っ赤なウソであることが判明した。
 他山の石ブログによると

 『週刊新潮』の最新号「結婚」欄に、小谷野敦さんが結婚相手の21歳年下の東大大学院生と一緒に写っている写真が掲載されている。
 写真を見ると、ストレートのロングヘアーの知的な美人で、眼鏡っ娘である。小谷野さんが「かわいい」というだけある。そして小谷野さんは自慢げな顔をしている。ちょっぴりうらやましい。(以下略)

 怪しからん。小谷野さんに石をぶつけよう。

 なお、小谷野氏は現在続々編『ギターを持ったもてない男』を執筆中で、近日刊行されるという。

|

« 奈良の正倉院(3) | トップページ | 詐欺とはどういうことだ? »

コメント

 ご無沙汰しております。
 小谷野敦は愛読しています。
 小谷野が結婚していて「もてない男」じゃないじゃん、という話はかなり前に報じられていましたので、何を今更と思ったのですが、「他山の石ブログ」のコメント欄を見て驚きました。

>小谷野先生は、「文芸評論家は家庭サービスなんかよりも、読書の方が絶対優先である」という価値観があったため、前回離婚に至ったワケですよね。

 ああそうか、再婚だったのか。なるほど・・・・・・。

投稿: 深沢明人 | 2007年7月 8日 (日) 23時05分

小谷野さん(馴れ馴れしい呼び方ですが)はいいですね。いま『退屈論』を読んでいますが、面白いこと。偉いもんだなあと思います。

投稿: 三十郎 | 2007年7月11日 (水) 05時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/6973213

この記事へのトラックバック一覧です: もてない男はウソだった:

« 奈良の正倉院(3) | トップページ | 詐欺とはどういうことだ? »