« シャーロック・ホームズ対夏目漱石 | トップページ | ガンジーと憲法9条(2) »

2007年9月 9日 (日)

ガンジーと憲法9条(1)

日本国憲法第9条 

 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
(昭和21年11月3日公布 昭和22年5月3日施行)

Mahatmagandhiindianhero_2

 マハトマ・ガンジー(1869-1948)や「ガンジーの無抵抗主義」なるものを第9条の擁護に持ち出す議論がある。
 これは誤解に基づいている。憲法第9条とガンジー主義はまったく違うものだ。

(1) ガンジーは無抵抗主義者ではなかった。
 ガンジーは非暴力によってイギリスのインド支配に激しく抵抗したのだ。→ガンジーは無抵抗主義者か1-4

(2) ガンジーは卑怯よりは暴力を選ぶべきだと主張した。
ガンジーは暴力を選ぶ
 この点は、ガンジーの伝記に即してもう少し詳しく説明する。

(3) ガンジーは独立インドが軍備を全廃し非武装の国になるべきだなどとは主張しなかった。軍隊は必要だと考えていたはずである。
 これについても、伝記に即した説明が必要だろう。

|

« シャーロック・ホームズ対夏目漱石 | トップページ | ガンジーと憲法9条(2) »

コメント

怯儒より暴力を勧めると言いつつ、なぜ自身は断食するのでしょう

投稿: 謎 | 2007年12月18日 (火) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/7875004

この記事へのトラックバック一覧です: ガンジーと憲法9条(1):

» 安倍首相のパール元判事遺族訪問 [時事コラム]
最近にわかに、東京裁判が取り沙汰されている。 特に、東京裁判で当時只一人「無罪」を主張したパール判事(インド  1886年1月27日 - 1967年1月10日)のことが採り上げられ、また、安倍はわざわざパール判事の遺族を表敬訪問している。(いかがわしい意図がありあり) ... [続きを読む]

受信: 2007年9月10日 (月) 16時08分

» 東京裁判で被告無罪を主張したパール判事のこと/裁かれざる戦争犯罪者トルーマンらのこと [どこへ行く、日本。(安倍の「戦後体制からの脱却(=戦前・戦争体制への回帰)」を日本国民は許してしまうのか)]
安倍首相は19日からのインドネシア訪問に引き続き、明日(8月21日)から3日間の予定でインドを訪れる。主な用件はシン首相とニューデリーで会談することとなっているが、東京裁判で判事を務めたパール氏の長男と面会するために日程を調整したと言うから、むしろ狙いはこちらにあ... [続きを読む]

受信: 2007年9月11日 (火) 23時20分

« シャーロック・ホームズ対夏目漱石 | トップページ | ガンジーと憲法9条(2) »