« 英文手紙の書き方(2) 高等編 | トップページ | 女王か王妃か(1) »

2007年9月30日 (日)

親父の七回忌

 この間、親父の七回忌をした。内輪で済ませることにしたので、坊さんにお経をよんでもらうだけである。それでも、墓前でよみ、お寺の本堂でよみ、最後に仏壇の前でよむのだから、なかなか大変である。
 仏壇の前で

觀自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舍利子 色不異空 空不異色色即是空 空即是色……
ギャーテーギャーテーハラギャーテー ハラソーギャーテー ボジソワカ ハンニャシンギョー

 ここで鉦をチーンと鳴らして、その次に、お坊さんいわく。

○○院××居士ナナカイキー

 七回忌が「ナナ回忌」だって! 驚いた。
 赤穂四十七士は「よんじゅうななし」かな? 
 八百屋おナナか? 堀口大学によれば

八百屋お七が火をつけた
お小姓吉三に逢ひたさに
われとわが家に火をつけた
あれは大事な気持ちです
忘れてならない気持ちです

Kaiga11

 有名な事件だったのだ。ジャポニスムの波に乗って評判はフランスまで伝わり、文豪エミール・ゾラが小説にしたのが『ナナ』である。

Book_m

|

« 英文手紙の書き方(2) 高等編 | トップページ | 女王か王妃か(1) »

コメント

> 管理人様

ブログ村で、拙僧が管理しているトラコミュに投稿していただきまして、ありがとうございます。

なお、現役の僧侶でありますので、一言ご意見申し上げますけれども、「ナナ回忌」の件でございますが、普通であれば「シチ回忌」とお読みいたします。ただ、最近一部の僧侶の間で、「しち」と「いち」が区別付かないという理由で「なな」と詠む場合があるそうです。

ただし、これを分かって行う僧侶と、ただの勉強不足で詠み間違う場合とがありまして、その辺の見分けが付かないのが難しいところです。

それでは失礼いたします。おじゃまいたしました。合掌。

投稿: tenjin95 | 2007年10月 9日 (火) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/8167371

この記事へのトラックバック一覧です: 親父の七回忌:

« 英文手紙の書き方(2) 高等編 | トップページ | 女王か王妃か(1) »