« 2007年9月 | トップページ | 2008年2月 »

2007年10月 8日 (月)

女王か王妃か(2)

 ルクセンブルグという国は、総面積が神奈川県と同じくらい、人口は46万人強(神奈川県は870万人)の小国である。しかし歴とした独立国で、君主がいる。ただし、さすがにこういう小国でKingは名乗れないので、それよりは格下のDukeに大を付けてGrand Dukeを称している。
 モナコはもっと小さい。人口は3万2000人強である。ここの君主はPrinceを名乗っている。
 昔のヨーロッパにはこういう小国がかなりあった。
 たとえば、文豪ゲーテ(1749-1832)は、1775年、26歳の時に、カール・アウグスト大公の招きを受けてワイマール公国に赴き、1783年には事実上の宰相となっている。このワイマール公国は人口6000人程度の小国であった。

07e10237

「ワイマール公国」のドイツ語の正式名称はHerzogtum Sachsen-Weimar-Eisenach。
 カール・アウグスト大公はHerzog Carl-August、あるいはGrossherzog Carl-Augustである。
 Herzogが英語のDuke、GrossherzogはGrand Dukeですね。
 
 しかし19世紀になると、このような小国は存立が難しくなってきていた。

 シャーロック・ホームズのもとに『ボヘミアの醜聞』の事件が持ち込まれたのは、1887年のことであった。
 このときの依頼者は、初めフォン・クラム伯爵と名乗っていたが、実は

Scan04

Wilhelm Gottsreich Sigismond von Ormstein, Grand Duke of Cassel-Felstein, and hereditary King of Bohemia

 であった。
 ヴィルヘルム・ゴッツライヒ・ジギスモンド・フォン・オルムシュタインは、名前ですと言っておけばよろしい。
 King of Bohemiaは、かなり問題だ。hereditaryという形容詞が付いているのが変だ。「世襲の王」というのだけれど、世襲じゃない、たとえば選挙で選ばれる王なんているか? 
 ボヘミアというのは、現在のチェコの西半分くらいを占める地域である。ボヘミア王家は11世紀に遡る由緒ある王家である。
 しかし、このころはボヘミアはもう独立国ではなかった。もちろん、オーストリア・ハンガリー帝国の一地域である。
 オーストリア・ハンガリー帝国というのは

1867~1918年に、オーストリアとハンガリーが対等の2国家として連合して中心を構成したハプスブルク帝国(かつての神聖ローマ帝国)。領土としては、今日のオーストリア、ハンガリーのほかに、今日のチェコ、スロバキア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ(1908年併合)、セルビア・モンテネグロ、ルーマニア、ポーランド、イタリアの一部をふくむ広大な領域にまたがっていた。全人口5000万人のうち、2300万人がスラブ諸民族だった。
(Microsoftエンカルタ総合百科辞典)

 民族問題で紛争が絶えなかった。セルビアから第一次大戦が始まったのだった。

 もう独立国ではないボヘミアのhereditary Kingというのは、「本来ならKingになるべき血筋のお方(であるが即位はしていない)」ということを婉曲に言ったものでしょう。

 訳はどうしますかね? 最新の光文社文庫日暮訳では「ボヘミア国歴代の国王」となっている。これはちょっと変だ。「歴代の」を一人の王様の頭にかぶせることはできない。「歴代の王たちはみな……だ」というような使い方ならよろしいが。
 
「カッセル・フェルシュタインの大公にしてボヘミア国正統の国王であらせられるヴィルヘルム・ゴッツライヒ・ジギスモンド・フォン・オルムシュタイン陛下」

 いかがでしょう。正統の(legitimate)国王という言い方も、非正統の(illegitimate)国王があり得るみたいで、本当はおかしいのだ。
 しかし、ここは「もうなくなっている国の国王」を表すために、そもそも原文の英語にかなり無理をさせているのだ。つまり、「本来なら王様になれるはずのお方がなれない、お気の毒に」という意味を、そう露骨にむきつけに(英語ではin so many wordsといいますね)言わないで、ほのめかすという言い方である。(もちろん、「カッセル・フェルシュタイン公国」も、もはやない国である。)

 ワトソンが何としても依頼者の正体を隠そうとしてデタラメを書いたので、「ボヘミア王というのは誰のことだろう?」と憶測を呼ぶことになった。
   ボヘミア王に擬せられたのは、オーストリア・ハンガリー帝国皇帝フランツ・ヨーゼフの皇太子だったルドルフ大公をはじめ、大物揃いである。
 しかし、このルドルフ大公は違うでしょうね。1888年秋、30歳のときに、当時17歳の愛人マリー・ヴェッツェラ男爵令嬢と心中して大騒ぎになったからである。この「マイヤーリング事件」は『うたかたの恋』として小説になった。
 1935年にはフランスで映画化された。主演はシャルル・ボワイエとダニュエル・ダリュー。1969年のアメリカ映画は、オマー・シャリフとカトリーヌ・ドヌーブが主演だった。

Mayerling_poster

 1983年には宝塚でも初演されたようだ。
 このルドルフに代わって皇太子になったのが皇帝の甥のフランツ・フェルディナンドであるが、この人が1914年にサラエボで暗殺されて、第一次世界大戦が始まった。

 イギリスの皇太子じゃなかった、プリンス・オブ・ウェールズであるアルバート・エドワード殿下(後のエドワード7世)ではないかという説も有力だった。

3068763

 この人はドイツなまりもあったし(父君アルバートはドイツ人)、何より大変なプレイボーイだったから、一番の有力候補だった。
 しかし、話が逸れてしまった。「公爵夫人カミラ」はおかしい、そもそも公爵とは――という話をするつもりだった。(女王か王妃か(3)、(4)に続く)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年10月 7日 (日)

女王か王妃か(1)

Diana_wideweb__430x352

 ダイアナさんが亡くなられたのは1997年8月31日、葬儀は9月6日に行われた。もう10年前のことなのだ。
 講談社の雑誌『クーリエ・ジャポン』の10月号にアメリカの『タイム』の「ダイアナ妃の真実」という記事の翻訳が出ている。
 翻訳はよくできているが、誤訳が二つある。

チャールズのいかにも満ち足りた様子は、彼の二人目の妻であり、長年の愛人だったコーンウォール公爵夫人カミラに対する世間の冷ややかな視線を変えることにもなった。ダイアナの死の直前、MORIがカミラを女王にするべきかどうかという世論調査を行ったところ、賛成した人はわずか15%だった。

Cam2

 太字にしたところが誤訳。原文を見ないでも間違いと分かるはずだ。もう1箇所、ダイアナについての

「彼女なら立派な女王になったことでしょう。」

Diana1

 にも同じ間違いがある。(しかし、僕はダイアナさんはどうも、もう一つアレですね。カミラさんの方が好みだな。チャールズさんは趣味がいい。しかし、あまり不敬なことを書くと、殺しの番号を持ったボンドみたいなのを差し向けられるかも知れない。桑原、桑原。)

 まず、「コーンウォール公爵夫人カミラ」について。原文には

Camilla, the Duchess of Cornwall

と書いてあったのだろう。辞書で引くと、Duchess=公爵夫人だからといって、「公爵夫人カミラ」と訳するのは、ちとお粗末。公爵夫人ならば公爵の奥さんのはず。カミラさんのご主人はもっと偉い人だ。

Caricharles

 もちろんイギリスの皇太子である――と言うとこれが間違いなのだから、面倒だ。
 チャールズさんは、エリザベス女王の跡継ぎだけれども、「皇太子」ではない。皇太子というのは、日本のように「天皇」の跡を継ぐか、それとも「皇帝」の跡を継ぐ人を指す。

 英語では天皇も皇帝もEmperorである。現在Emperorは世界に一人しかいない。現在の天皇陛下である。
 20世紀まで残っていた皇帝は、ドイツ皇帝(ヴィルヘルム2世が1918年に退位)、ロシア皇帝(ニコライ2世が1917年退位、1918年殺される)などである。エチオピアのハイレ・セラシエ皇帝(1892-1775)は1930年から1974年まで在位した。この後エチオピアは共和制になり、全世界でEmperorは日本の天皇だけになった。

   EmperorとKingはどう違うか? やかましく言うと面倒であるが、要するにEmperorの方が偉いのですね。日本の天皇は、7世紀に例の「日出る処の天子、書を日没する処の天子に致す、恙なきや」という国書を隋の皇帝に出して以来、対外的には「皇帝」ということになっている。

 チャールズさんは、王になるのだから皇太子ではなく「王太子」である。
 イギリスではPrince of Walesという。
 これはウェールズ地方を支配する領主という意味である。もちろん、親である女王や王が英国全体を支配しているのだから、名目的なものである。
 一国の君主たるPrinceには、たとえばモナコのプリンス、アルバート2世がいる。この人は禿げているけれど、こう見えてもグレース・ケリーの息子です。

Princesofmonacoandwales

 モナコのような小さい国はprincipality (princedom)といい、その領主がprinceである。
 英国はkingdomでKingが君主である。

 さて、カミラさんはPrince of Walesたるチャールズさんの配偶者なのだから、本来ならばPrincess of Walesになるべきところである。ところがいろいろごたごたがあったので、ちょっと遠慮してDuchess of Cornwallを名乗ることになった。
 英国王(女王)の長男にはPrince of WalesとともにDuke of Cornwallの称号が与えられる。これは、Cornwallの領主という意味である。もちろん、これも名目的な称号である。
 ヨーロッパ大陸ではDukeが独立国である「公国」(duchyまたはdukedom)の君主だったことがある。現在も残っている公国は、ルクセンブルグ大公国Grand Duchy of Luxembourgがある。左の人物がルクセンブルグ大公国の君主、アンリ大公Grand Duke Henriである。

300pxhenri_of_luxembourg_and_lionel

 話を戻すと、チャールズさんにはPrince of WalesとDuke of Cornwallという二つの称号があって、前者の方が格上である。
 ダイアナはチャールズと結婚してPrincess of Walesになった。
 カミラもPrincess of Walesになってもよいはずであるが、遠慮してDuke of Cornwallの夫人Duchess of Cornwallを名乗ることになったのだ。これを「コーンウォール公爵夫人カミラ」などというのはやはりちょっとおかしいでしょう。
 もう少し話が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年2月 »