« ゴルゴ13の狙撃銃(2) | トップページ | 昔の英国の入学試験(1) »

2008年2月22日 (金)

ゴルゴ13の狙撃銃(3)

 ゴルゴ13は1968年に小学館のビッグコミック誌に連載が始まり、いまだに現役で活躍しているのですね。さいとうたかお先生に励ましのお便りを出そう。

G

 ゴルゴ13についてはずいぶん研究が進んでいる。
 ウィキペディアで「ゴルゴ13」を引くと、M16の狙撃銃としての使用の問題についても詳しく書いてある。以下引用

・現実のM-16について
  本来のM16は、軍用アサルトライフルである。狙撃銃としての精度は、大口径の銃・ボルトアクションライフルのほうが優れている。また「死者を出すよりも負傷者を増やすほうが、敵方へのダメージが大きい」という合理的理由により、殺傷能力は小さい(反面、携行弾数が多くなっている)。
  ただしM16はアサルトライフルとしては高精度である。遠距離狙撃には用いる事ができないが、100m程度の近距離狙撃には用いられる事もある。そのため特殊目的ライフル(Special Purpose Rifle)として、M16の狙撃銃型も存在する。
・作中でのM16の描写
  単純に任務を遂行する目的としては、M16がそぐわない事は、ゴルゴ13も承知の上である。しかしながらゴルゴ13はフリーランスの狙撃手であり、単純な狙撃をこなせばいいという訳ではなく、戦闘に突入する事も頻繁にある。よって、狙撃兼戦闘のための銃として、M16は最適の選択である。その意味をゴルゴは作中でAKシリーズを設計したカラシニコフに対して、「俺はワンマンアーミーだからだ」と一言で述べている。 (引用終わり)

「ゴルゴ13も承知の上である」と言うことだったのか。なるほど。
 しかし、ひとつ気になることがある。アサルトライフルって何だ?
 どうやら突撃銃assault rifleのことらしい。
 リーダーズプラス英和辞典で引いてみよう。

assault rifle
【軍】 突撃銃, アソールトライフル《大きな弾倉をもつ軍事用(半)自動ライフル; アソールトライフルタイプの民間人用の銃》.[G Sturmgewehr の訳; MP 44 に対し Hitler が命名]

Mp44modelgun_shop2_ww2

 assaultの発音はカタカナなら「アソールト」になるのは常識だと思うけれど、どうやら、アサルトライフルが定着してしまったようだ。
 詩人のRobert Browningは正しい発音でブラウニングと呼ぶが、
 有名な銃器設計者のJohn Browningはブローニングと呼ぶことになっているのと同じらしい。

300pxfn_model_1910_1616

 私を起こしたのはライフルの安全装置を外す、カチャリという金属音でした。戦場にいる兵隊なら、たとえどれだけ深く眠っていようとも、その音を聞きのがすことはありません。それは何といいますか、特別な音なのです。それは死そのもののように重く、冷たいのです。私はほとんど反射的に、枕元に置いたブローニングに手をのばそうとしましたが、誰かにこめかみのあたりを靴底で蹴りあげられ、その衝撃で一瞬目が見えなくなりました。呼吸を整えてからうっすらと目を開けると、私を蹴ったらしい人間がかがみ込んで私のブローニングを拾い上げるのが見えました。ゆっくりと顔を上げると、二丁のライフルの銃口が私の頭に向けられていました。その銃口の向こうには蒙古兵の姿が見えました。
(間宮中尉)

|

« ゴルゴ13の狙撃銃(2) | トップページ | 昔の英国の入学試験(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/10666149

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルゴ13の狙撃銃(3):

» ゴルゴのサイト集情報 [ゴルゴとりまとめ]
ゴルゴのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008年2月22日 (金) 20時21分

» 江戸しぐさ残すべし [易者 日本列島を往く]
芝三光の世界 Byみやわき心太郎 [続きを読む]

受信: 2008年3月 3日 (月) 10時58分

« ゴルゴ13の狙撃銃(2) | トップページ | 昔の英国の入学試験(1) »