« 紀元節 | トップページ | 女王か王妃か(3) »

2008年2月12日 (火)

赤福のアクセント

 しばらくブログを休んでいたので、ちょっとout of dateになってしまいましたが、赤福が再開したのはめでたいですね。
 もう少したつと売り切れもなくなるだろう。久しぶりに伊勢神宮に参拝して、帰りに五十鈴川のほとりで赤福を食べたいな。二箱くらい買って帰るのだ。

Akafukumochi2

 一時は毎日のようにテレビで「赤福の偽装が云々」とやかましかった。
 気になったのはアナウンサーの「アカフク」の発音である。アフクと、カの音を高く発音している。あれは間違いです。フラットなアクセントでなければならない。アフクなどという菓子は伊勢にはありません。
「赤福餅」と言うときにはアカフクの部分は平らに発音する。「アカフクモチ」と言うつもりで声を出して、「モチ」の部分は言わないで飲み込んでしまうと、正しい発音になるのだ。
 
 まあ、あづまえびすどもが間違った発音をするのはやむを得ないか。
 だいたい、あづまに赤福のような菓子があるか? せいぜいフーテンの寅さんの「とらやの団子」くらいだろう。
 

Kyu_tennpo

|

« 紀元節 | トップページ | 女王か王妃か(3) »

コメント

トラックバック、ありがとうございました。
テレビニュースで聞く、赤福のアクセントは、おっしゃるように微妙に違っていますね。伊勢市内の店も、名古屋市内の直営2店も、まだ行列ができているようですので、行列嫌いの私も、騒ぎが収まってから出掛けようと思っています。

投稿: mamekichi | 2008年2月13日 (水) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/10451413

この記事へのトラックバック一覧です: 赤福のアクセント:

« 紀元節 | トップページ | 女王か王妃か(3) »