« 造反有理 | トップページ | ホームズとワトソンの拳銃(5) »

2008年3月12日 (水)

ホームズとワトソンの拳銃(4)

『まだらの紐』では、ホームズがこう言うのだった。

I should be very much obliged if you would slip your revolver into your pocket. An Eley’s No. 2 is an excellent argument with gentlemen who can twist steel pokers into knots.
ポケットにピストルを忍ばせていってくれるとありがたいな。イーリーの2番なら、鋼鉄の火掻き棒をひん曲げてしまう相手にも、説得力があるだろう。
 
 ワトソンが持っているアダムズ1872年型マークIIIモデルはどういう拳銃か? 0.45口径、6連発であるが、重さは弾を込めないで1.1kg、長さは28.6cmもあるのだ。

800pxbeaumont_adams

 これをポケットに入れて(あとは歯ブラシだけ持って)サリー州まで行けばよろしい、なんてことをホームズが言うか?
 ワトソンは古い軍用拳銃のほかに、もう少し小型の拳銃を手に入れていて、そのことをホームズが知っている、と考えるのが自然だろう。
 その小型の拳銃を仮にイーリーの2番という弾薬の名前で呼んでいるのだ。
 イーリーの2番というのはどういう弾薬か? これを調べればよろしい。
 ところが調べてみると、1880年代のイーリー社のカタログにNo.2という拳銃用の弾薬はない----これを自分で発見したのなら偉いのだけれど、そうではない。調べた人は別にいて、私はそれを見ただけです。Stanton O. Bergというアメリカ人が
 THE FIREARMS - SAFETIES of SHERLOCKIAN - VICTORIAN LONDONを書いている。http://hometown.aol.com/forensicb/Holmes1.html

 このBerg氏によると、ウェブリー社にNo.2という拳銃があり、これがイーリー社の弾薬を使う。0.38口径と0.45口径があり、銃身は2インチと短い。

Webleyno1

 この「ウェブリーの2番」を、やや不正確であるが「イーリーの2番」と呼んだのではないか、というのがBerg氏の意見である。これなら確かにポケットに忍ばせて行くことができる。
 ウェブリー社は軍用拳銃のメーカーとしても有名で、同社のマークVIリボルバーは実に1887年から1963年まで英陸軍の制式だった。(まだ何回か続きます。「愛国的頭文字」にも触れる必要があるし)

800pxwebleymkivp1030100

|

« 造反有理 | トップページ | ホームズとワトソンの拳銃(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/11216097

この記事へのトラックバック一覧です: ホームズとワトソンの拳銃(4):

« 造反有理 | トップページ | ホームズとワトソンの拳銃(5) »