« 推理小説の誤訳(4)完 | トップページ | ホームズとワトソンの拳銃(6) »

2008年3月21日 (金)

アメリカのお役人

……しかし、政府がサービスのオンライン化を進めるについては、これとは少しく異なった動機もあると思います。金銭と時間の節約ということが大きいのです。政府はより効率的、効果的になる必要があるとは誰もが言うことです。アメリカの政府では耳にタコができるほど聞かされるフレーズがあります。"You need to do more with less." というのですが、日本にもこれに相当するフレーズがあるはずだと思います。いかがでしょうか? 

 アメリカ政府の官僚が日本でした講演の一部です。私が翻訳しました。だいぶ前の話だし、これくらいなら引用してもよいでしょう。
 しかし
You need to do more with less.
 を私は訳さなかった。
「日本にもこれに相当するフレーズがあるはず」とおっしゃるが、ないのだもの、訳せません。仕方がない。

 逆に日本の官僚がアメリカで講演して
「私どもはよく『期末に予算を残してどうする? マッサージチェアでも買っておけ』ということを申しますが、アメリカでも同じような言い方があるものと存じます」
 と言うとする。どう英訳するか? むつかしいですね。

「道路特定財源」をどう翻訳するか? 英辞郎には何種類も訳が出ている。

earmarked funds for road improvement // financial resources that are exclusively set aside for road construction // revenue for road construction // revenue sources set aside for road construction // revenues earmarked for road construction // road-use taxes legislated for road construction // tax revenues for road projects // taxes collected specifically to pay for highway construction

|

« 推理小説の誤訳(4)完 | トップページ | ホームズとワトソンの拳銃(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/11605805

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのお役人:

« 推理小説の誤訳(4)完 | トップページ | ホームズとワトソンの拳銃(6) »