« 後期高齢者? | トップページ | メレディスとドイル »

2008年4月16日 (水)

綱引きを種目に加えよ

 オリンピックの種目のことです。
 オリンピックは運動会なのだから、綱引きがあるのは当然でしょう。玉入れもあってもよい。
 実際、綱引きは1920年(大正9年)の第7回アントワープオリンピックまでオリンピック種目に入っていました。

Olympics_1908_pull

 写真は1908年(明治41年)のロンドンオリンピックに出場したアメリカの綱引きチーム。このときは綱引きにはイギリスが優勝している。日本はこの大会には不参加。
 日本が参加するのは1912年(大正元年)のストックホルム大会から。このときの団長は叶姉妹の曾祖父にあたる嘉納治五郎であった。ただし、綱引きには参加せず、マラソンの金栗四三(1891-1984)など男子陸上選手だけが参加した。

Main

 金栗選手は日本での選考会で世界記録を出し、優勝候補と目されていたが、ゴールしなかった。一説によると、途中で市民の家でお茶とお菓子に誘われ、断り切れなくてレースを中断したと言われている。
 
 昔のオリンピックは今とはかなり違っていた。聖火リレーなんてのも、まだなかった。ちなみに聖火は英語ではHoly FireではなくOlympic Flameと言うようです。別に「聖」ではないのだから、日本語でもこういう即物的な言い方を採用したらどうだろう。
 古代オリンピックでは、大会期間中火を燃しておく習わしがあったようだ。

Olympic

 近代オリンピックで聖火(と一応呼ぶ)が初登場したのは1928年のアムステルダム大会から。古代と同じように、大会期間中火を燃しておくことにした。
 ギリシャからの「聖火リレー」という画期的なアイデアを実現したのは、1936年のベルリンオリンピック。

Olympictorcheberlin

 この大会はヒトラーの国威発揚に大いに役立った。

73495

U41p1t1d2515883f21dt2003123120590_2

|

« 後期高齢者? | トップページ | メレディスとドイル »

コメント

トラックバックに乗ってやってきました。
両方とも国家資本主義ですね。どうして日本のマスコミはそういわないのでしょう?不思議です。いや、不思議じゃないか。

投稿: お絵かき爺 | 2008年4月17日 (木) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/20264718

この記事へのトラックバック一覧です: 綱引きを種目に加えよ:

» 中共とナチスとオリンピック [お絵かきじいさんのある日]
共産党独裁国家中華人民共和国でのオリンピック。 だいたいオリンピックは都市が主催するものではないか。 それに聖火を受けるのに胡錦涛が出てくる。 市長ではない。 おかしいではないか。 ベルリンオリンピックは、ヒットラーがやった。 すばらしい映画を作った。 中共も全力を傾けて”すばらしい”映画を作るだろう。 そして中国という国がいかに立派か、その”すばらしさ”を大々的に宣伝する。 中共はナチスドイツと全く同じ。... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 19時28分

» 【長野聖火リレー】善光寺の判断、長野市の判断… [賭人の独り言]
善光寺が聖火リレー出発地点を辞退する意向の由。 ( http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/138530/  ) 古くは武田信玄・上杉謙信が激突した「川中島の合戦」など、信州善光寺は度々戦火に巻き込まれている。今回はいささか趣きが異なるが、辞退なら「炎上」は免れる訳で、賢明な選択をしてもらいたい。 またあまり知られていないようだが、善光寺には 「忠霊殿」 という戦没者の慰霊施設が存在する。 別名、 「仏教界の靖国神社」 。 「日本軍国主義を糾弾する... [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 14時02分

« 後期高齢者? | トップページ | メレディスとドイル »