« メレディスとドイル | トップページ | 柔道か柔術か(14) »

2008年4月18日 (金)

皇軍に感謝する

7386

 毛沢東主席は「皇軍に感謝する」と発言したことがある。
 1964年7月10日、毛主席は日本社会党訪中団(団長は佐佐木更三委員長)を接見した。
 このときの毛主席の発言について
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4a84d4450100063x.html

老毛感謝日本皇軍是大恩人」という記事がある。中国語の分かる人はご覧下さい。
 英語版から訳しておくと

 私は日本の友人たちにこう言ったのだ。彼らが「日本軍が中国を侵略して申し訳ない」と言うから、私はこう答えた。「とんでもない。もし日本の皇軍が中国の半分を占領しなかったら、中国人民はあなた方に対して団結することはできず、中国共産党も今日権力の座にはなかっただろう。日本の皇軍こそ、中国共産党の先生であり、大恩人であり、救い主なのだ。」

|

« メレディスとドイル | トップページ | 柔道か柔術か(14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/20321721

この記事へのトラックバック一覧です: 皇軍に感謝する:

« メレディスとドイル | トップページ | 柔道か柔術か(14) »