« 柔道か柔術か(20) | トップページ | 柔道か柔術か(21) »

2008年5月30日 (金)

お言葉ですが…別巻1

 河川協会というところにたのまれて話をしたあと、役員らしい人から突然質問された。
「ミズゴクンは黒田官兵衛の作とも言うし王陽明だとも言いますが、どちらが正しいのですか?」
 なんのことやらわからない。
「ミズゴクン、ですか?」
 キョトンとしていると相手は
「ハハハ、御冗談を」
 小生がとぼけているものと見て(あるいはそうとりなして)笑いにまぎらした。よほど知られたことらしい。
(高島俊男)

90858cdc8cp

 「水五訓」だったのですね。
 黒田官兵衛や王陽明のはずがない。
 だれが言いだしたのだろう? 高島探偵は愛読者数人の応援で昭和初年ごろまでさかのぼり、この通俗人生訓の作者をつきとめる。
 これはWeb草思で読んだのだけれど、インターネットで高島俊男なんて。本でなくちゃ。やはり野におけかな?

 十年以上前の文章も入ってます。『しにか』に書いた「両辞斉放、両典争鳴」など中国語関係のものはさずがにむつかしい。あとからひとことの説明を読まないとわからない。

 高島先生は
「現在はいたって元気、きげんよくすごしております」
 とのことだ。

目次とあとがき

形のない商品
漱石と是公が住んでいたへや)
「本文」とは何だろうね)
歌はみんなのもの
「彼女」はいやだ
「水五訓」の謎
新聞の算用数字
むかしの日本のいくさ馬
むかしの人の年齢
「どこそこ生れ」への疑問
向田邦子の強情
抔土未乾
「唱歌」の足どり
おれなら子供やめたくなる
「冥福」ってなあに?
かならず仲間がいるよ
校について
おかしうて、やがてかなしき和漢語注釈
短歌のふりがな雑感
奇々怪々もろこし裁判ばなし
中国の秘密結社
星を数えて波の音聞いて
ディアボロあがれ
両辞斉放、両典争鳴
没有、不在、不知道
新聞の文章
機械で書いた文章
「上海お春」と鷗外の母
正源寺墓地の人

あとがきは連合出版のホームページで

Okotobabetsu14

|

« 柔道か柔術か(20) | トップページ | 柔道か柔術か(21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/21279201

この記事へのトラックバック一覧です: お言葉ですが…別巻1:

« 柔道か柔術か(20) | トップページ | 柔道か柔術か(21) »