« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

非暴力直接行動(7)

 ガンジーは1948年1月30日に暗殺された。
 インドが独立したのは前年の1947年8月15日であった。パキスタンとの分離独立であったため、ガンジーは独立式典にも参加しなかった。初代首相は国民会議派におけるガンジーの盟友ジャワハルラール・ネルー(1889-1964)であった。

Nehru_gandhi_1942

 インドが独立を勝ち取ることができたのは、ガンジーの非暴力直接行動が功を奏したからだろうか?
 英国の政治学者バーナード・グリッグは、「ガンジーの非暴力主義がインドの政治的解放を四半世紀以上遅らせたことはほとんど確実であろう」という。(ガンディーと使徒たちの書評
 別宮暖朗氏の『軍事学入門』

 日本の敗戦から2年後、イギリスはインドの独立を承認しました。この独立も、イギリスが財政上つりあわないと判断したことが大きかったと思われます。イギリスは1931年に成立した労働党のマクドナルド挙国一致内閣のころから、インドをカナダ、アイルランド、オーストラリアなどと同様の地位の自治領として独立させることを考えていました。
 その理由は、1919年に起きたアムリツァールの暴動などにより治安維持コストが予測不可能になったことだと思われます。……
 ……植民地の独立とは……恒常的ハラスメント(宗主国から派遣された官民に脅威を与えること)により、駐留経費が割に合わなくなり、宗主国が独立を許さざるを得なくなったものが大半です。ハラスメントとは言論やオープンな武力行使ではなく、「テロ」の形をとることが多いものです。

 ガンジーの非暴力運動がイギリスに対して「道徳的衝撃」を与えたことは確かである。しかし、これは相手がイギリスだったからで、ナチス・ドイツやスターリンのソ連ならば、ガンジーは問答無用で殺されていただろう。
 インドの独立をもたらしたものは、「非暴力」ではない。端的に言えば「テロ」であった――というのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

英会話を学ぶ

 現在多くの大学で、英会話や会計学、コンピュータなどの実務教育が進行しています。いずれも、海外や就職などですぐに役に立つスキルです。 
 この傾向は一見いいことづくめのようですが、実際には企業が研修にかけるお金をけちって、大学にまかせようとしているにすぎないようにも見えます。しかも、ここで教えられる英会話は、けっしてハーバード大学やコロンビア大学の大学院で学ぶための英語ではありません。ここで学ぶエリートたちは、むしろ昔ながらの読み書きを要求されているのです。
 ですから若者たちが英会話を学んだからといって、すぐに国外で活躍することなど夢物語です。移民労働者として、アメリカのマクドナルドでバイトをするのに役立つくらいでしょう。このように実務教育とは、競争社会の中で落ちこぼれた者を満足させる方法でもあるのです。(p. 213)

How about potatoes?

Hamburger2_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

非暴力直接行動(6)

Salt_march

 1930年3月12日、ガンジーは「塩専売法」を標的とした非暴力直接行動を開始した。彼はグジャラート州アーメダーバードの近くのサーバルマーティ・アーシュラムから200マイル南のダンディーの海岸まで、数十人の弟子と新聞記者を引き連れて「塩の行進」を開始した。海岸に着くと鍋を持って海に入り、天日で少量の塩を作って法を犯し逮捕を待った。こうして違法な塩を作る運動はインド全土に広がった。ガンジーが率いた最大の抵抗運動であった。数十万人が入獄した。
 UPI通信のアメリカ人記者ウェブ・ミラーは、5月21日、ボンベイの150マイル北にあるダラサナ製塩所へのデモ行進で起きた事件を次のように描写している。

 命令が発せられると、数十人の現地人警官が前進してくるデモ隊に襲いかかり、彼らの頭上に鉄を巻いたラーティーの雨を降らせた。誰一人、殴打を避けようと手を挙げる者はなかった。彼らはボーリングのピンのように倒れていった。私の立っているところからも、無防備の頭蓋骨を警棒が叩く怖しい音が聞こえた。後列の者は、警棒が振り下ろされるたびに自分が殴られたかのようにうめいて息を吸い込んだ。……彼らはひるまず、顔を上げ、音楽にも声援にも励まされず、重傷や死を避ける見込みもなく、ひたすら前進して行った。警官隊が襲いかかり、組織的機械的に第二列を打ち倒した。格闘はなかった。デモ隊は静かに前進して打ち倒された。

 藤井日達師はガンジーに南無妙法蓮華経を教えたのであるが、非暴力直接行動の方法はガンジーから学んだ。1956年の砂川と1930年のインドでは同じことが起きていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

非暴力直接行動(5)

 ベ平連の事務局長であった吉川勇一氏の「非暴力と非合法」(1998年8月1日)から引用する。全文はhttp://www1.jca.apc.org/iken30/News2/N49/N49-11.html

一九五六年の砂川闘争
 いちばん有名なのは、一九五六年秋、東京都・砂川基地拡張阻止の運動の際、日本山妙法寺の僧侶たちがとった行動だろう。
 基地拡張のための強制測量を阻止しようとして、東京地区労の労働組合、全学連、平和団体などがスクラムを組む前で、黄色い衣を着け、団扇太鼓をたたく僧侶や信者たちが座り込んで読経を続けていた。退去を要求する何度かの警告の後、警察機動隊が排除にかかり、座り込む僧侶たちの頭の上に容赦なく棍棒を振り下ろした。この事件は当時、平和委員会のデモに加わってスクラムを組んでいた私の目の前で起こった。
 棍棒で頭を割られ、血が噴出し、倒れるものが次々と出ても、僧侶たちは動ぜず、ひたすら読経を続けた。機動隊の暴行によるその場面は、まさに凄惨と言うにふさわしいものだったが、私は、読経を止めぬ妙法寺の僧侶たちの行動に激しく心を打たれた。そのうち、警官のほうもそれ以上の殴打を止め、一人ずつ、引き抜いて連行してゆく方針に変えた。ついで、私たちのデモも引き抜かれ、二列に並んだ警官の列の間を一人一人、突き飛ばされ、殴られながら、離れた場所へつれて行かれた。だが、多くの参加者は、そこからまた遠回りの道を戻って再びピケット・ラインの後部についたのだった。

Nittatus

 日本山妙法寺は、藤井日達(1885-1985)が創立した日蓮宗の新宗教団体である。
 現在も世界各地で団扇太鼓をたたいて積極的な平和運動を展開している。成田空港(1978年開港)の建設反対運動にも関わり、4000メートル滑走路予定地に平和塔を建設した。この平和塔の移転に際しては、日本山妙法寺と運輸大臣等の間に「空港の軍事利用を行わない」という取極書がかわされた。

Kyuheiwatou

 日蓮宗系の別の団体が「ガンジー、キング、イケダ」などととなえているが、あれは冗談である。本気にしてはいけません。
 ガンジーと関わりがあったのは藤井日達師である。日達師は1933年にインドでガンジーに会っている。当時63歳のガンジーと48歳の藤井日達師は意気投合したらしく、日達師はガンジーのアーシュラム(修業所)に滞在した。日達師はガンジーたちに「南無妙法蓮華経」を教えた。
 ガンジーとその晩年をともにした弟子によると、1930年代半ばから40年代半ばまで、アーシュラムでは毎朝4時20分に祈りの集会が始まった。まず、ひとりが小さな(団扇)太鼓をたたいて、日本語で「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経」ととなえるのだった。その後で2分間瞑想してから、ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教、ゾロアスター教などの祈りをとなえ聖歌をうたった。
「南無妙法蓮華経」がお題目であることはインド人には分からなかったと見えて、この弟子は「日本の僧侶が教えてくれた仏教のお経」と書いている。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

非暴力直接行動(4)

 非暴力直接行動について。
 しかし、議論なんてアホらしくなってきました。
 運送会社の倉庫に忍び込んで盗み出した鯨肉を堂々と見せびらかして、「横領を告発する」だって。

7cae592c

 盗人猛々しい。三分の理もない。
 そんなことが日本で通用すると思っているのか? どこの国でだって通用しないよ。
 自分たちをマハトマ・ガンジーになぞらえるとは図々しい奴等だ。
 もちろん月とスッポンなので、まともに真面目に相手にしてはいけません。

 しかし、せっかくガンジーとの比較をやりかけたのだから、ちょっと極端な場合を考えてみよう。
 ガンジーはヒンドゥー教徒として「牛は神聖だ」と信じていた。もちろん牛肉は食べなかった。

250pxcowha

 南アフリカの支配者の白人はキリスト教徒だから、かわいそうにも牛の神聖性を知らない。ビフテキなんかを食べて罪を犯している。彼らを助けてあげなければならない。ガンジーは牧場、精肉所、レストランなどに対して非暴力直接行動を起こした――としたら、どうなっただろうか? 答えは明らかでしょう。

 ガンジーは1896年に殺されかけている。27歳のときだった。南アフリカに来て3年で、まだ非暴力直接行動は始めていない。在留インド人の人間としての尊厳を守るための言論活動をしていただけだ。
 一時帰国していたインドから戻ってダーバンの港に上陸したガンジーを白人の若者たちが見つけた。
「お前は新聞に載っていた男だな」と誰かが叫んでガンジーを後ろから蹴った。男たちは石や煉瓦のかけらをぶつけ、ガンジーのターバンを引きむしってパンチを浴びせはじめた。幸いにもダーバンの警察署長夫人が通りかかり、ガンジーを助けに駆け寄った。彼女はガンジーのそばに立って、パラソルをひろげて彼のむき出しの頭を守った。暴徒もさすがに警察署長夫人には手を出しかねてたじろいでいるうちに、警官隊が駆けつけ、ガンジーを知人の家に連れて行った。
 しかし暴徒は後をつけてきて家を取り囲み、焼き討ちにしてやると脅かした。警察署長が駆けつけて戸口に立った。彼は暴徒をなだめようと、「リンチにかけろ」という歌を一緒になって歌った。

  リンチにかけろ、ガンジーを
  酸っぱいリンゴの木に吊せ

 その間にガンジーの傷に手早く包帯が巻かれ、巡査たちが裏口から連れ出した。彼らは塀を乗り越え柵の間をすり抜け狭い裏道を通って、ようやく警察署に辿り着いた。署長がガンジーは逃げてしまったと告げ、群衆は解散した。

 危ないところだったのだ。この警察署長夫人のような人が出てくるのが英国文明の偉いところなのだが、それはガンジーのメッセージが届いていたからだ。「聖牛を守れ!」では駄目です。
 現代でも同じだ。アメリカやイギリスのマクドナルドの前でインド人が

  The cow is sacred. Beef-eating is a deadly sin.

というプラカードを掲げて立ったとしたらどうか。すぐにぶち殺されます。
 グリーンピース・ジャパンの諸君、日本人がおとなしいことに感謝したまえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月24日 (火)

非暴力直接行動(3)

Gandhimahatmagandhiposters

 グリーンピース・ジャパンの諸君はマハトマ・ガンジーを引き合いに出すのだが?

 グリーンピースのやっていることは「非暴力直接行動」であるか?
 要件はまず
(1) 暴力を振るわない。
(2) 直接行動を行う。
 の2点だろう。当たり前だ。
 では「直接行動」とは何か? ガンジーのケースを例に考えてみよう。
 直接行動は
① 違法な行動である。ガンジーの場合は、移民制限法をはじめとする法律に違反することは明らかであった。
② したがって、刑罰を受けるのは当然である。
③ 違法であってもよいが、不道徳な行動であってはならない。

 ③を忘れてはならない。殺人や傷害は暴力である。盗みは「非暴力」ではあるが、不道徳な行動である。
 グリーンピース・ジャパンの諸君が西濃運輸の倉庫から鯨肉を盗み出したのは違法かつ不道徳な行動であった。「違法性が阻却される」というような理屈を述べている人がいるようだが、その前に「不道徳かどうか」を考えて欲しい。

 ①の違法性について。直接行動は大部分の場合に違法であり、例外的に「違法性が阻却される」ことがあるだけだ。
 たとえば、営業中の店の前に集団で立ちはだかって客が入るのを邪魔すれば、威力業務妨害で逮捕される。
 ところが、ストライキ中の組合員がピケを張るはどうだろう。これは正当な争議行為として認められるはずだ。この場合に威力業務妨害の違法性が阻却されるのは、法が労働運動に公益性を認めているからだろう。
 違法な(しかし不道徳ではない)直接行動に訴える者は、刑罰を受けることを覚悟するのである。
 グリーンピースが操業中の捕鯨船を妨害する行為はどうか? 南極海まで警察が逮捕に出向くわけには行かないだけだ。

080414bougai1

 写真はタンカーと母船の間に入り込んだグリーンピースの高速ゴムボート。詳しくはhttp://www.icrwhale.org/080414ReleasebougaiJp.htm

 直接行動については、さらに考えるべきことがある。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年6月23日 (月)

非暴力直接行動(2)

Gandhi_southafrica

 1913年3月、キリスト教の儀式によらぬ結婚は無効だという理由でインド人労働者の妻の南アフリカ入国を認めないとする判決が下された。同時に「連邦移民制限法」が制定され、インド人の南アフリカ移住は実質的に禁止されることになった。
 同年9月、ガンジーは非暴力直接行動を開始した。彼は
「南アフリカ連邦中の監獄にできるだけ多くのインド人を送り込もうと決心した。これによって一連の反インド人法の非道徳性を浮き彫りにし、南アフリカの社会に道徳的変化をもたらすことができるかも知れない。」

 ガンジーの妻を含む同志16人が移住許可証なしでナタールからトランスヴァールへ州境を越え、逮捕を誘った。政府は挑発に乗って全員を逮捕し投獄した。
 数日後さらに11人が同じように逮捕されるべく、今度はトランスヴァールからナタールへ許可証を持たずに州境を越えた。しかし政府は今度は逮捕を控えたので、ガンジーの計画通り、11人はニューキャッスルまで36マイルを行進した。ここでは5000人のインド人年季労働者がヨーロッパ人所有の炭坑で働いていた。11人は炭坑夫を説得して、人頭税とサール判決に抗議するストライキに入らせた。……
 ガンジーは11月まで数千人のインド人を率いて抗議行動を続けた。
 ガンジーと同志たちは政府に対して
「我々はこれから移民制限法に違反する行為を行うから逮捕していただきたい」と通告した。しかし、政府は挑発に乗らず、ガンジーと同志たち全員が「国法陛下のホテルの客」となることはできなかった。
 ガンジーはこの間に三度逮捕された。彼は懲役6ヶ月または罰金60ポンドを宣告され、懲役を選んだ。
 ガンジーたちの運動は英国とインドの新聞に大きく報じられた。
 1914年1月、ヨーロッパ人の鉄道労働者が南アフリカ全土でストライキに入り、ボータ政権は存亡の危機に立たされた。ガンジーはただちに抗議行動を取りやめた。
「我々は敵の弱みにはつけ込まない」という理由だった。ガンジーの自伝によれば

 スマッツ将軍の秘書官の一人が苦笑して言った。「私は諸君を好まないし、助けてやりたいとも思わない。しかしどうすればよいのか。どうして諸君に手を挙げられるだろうか。諸君が英国人のストライキのように暴力を振るえば、こちらにもやりようがある。すぐに始末をつけてやる。ところが諸君は敵を傷つけようとしない。もっぱら我が身に苦痛を引き受けることで勝利を求めて、自ら課した礼儀と騎士道の限界を踏み越えない。こちらは手の出しようがなくて困ってしまうのだ」

 一九一四年六月、政府の代表でもなく官職もないガンジーは、スマッツ将軍と手紙をやりとりし会談を重ねて、あたかも対等の立場であるかのように交渉し協定を結んだ。ヒンドゥー教、イスラム教、パールシー教の伝統儀式による結婚はすべて有効と認められ、人頭税は廃止され、未納分の徴収は中止された。しかし連邦移住制限法は、政府側の形式的な譲歩として毎年六名の教育あるインド人の入国が認められたほかは、依然有効とされた。協定は妥協の産物だったが、ガンジーはこれを運動の勝利と考えた。
 この年、ガンジーは21年間を過ごした南アフリカを去った。以後はインドで非暴力直接行動を続けることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

非暴力直接行動?(1)

 グリーンピースは非暴力直接行動をしているのだそうだ。

グリーンピースの非暴力直接行動は、たとえば有害な製品をつくる工場前に労働者や市民が座り込んだり、原生林の樹木に抱きついてチェーンソーによる伐採から守ろうとしたり、銃撃や砲撃のターゲットになった人や建物に「人間の盾」として身を寄せることで攻撃を思いとどまらせたりするのと同様、民主社会の機能不全を補う意図で行われる。自他の生命・身体を傷つけるやり方はしない。グリーンピースが、ガンジーやキング牧師など多くの先駆者から学んだこの非暴力原則を踏み外すことは、絶対にない。
(グリーンピース・ジャパン事務局長 星川淳氏 

Jhoshika1

全文はhttp://www.greenpeace.or.jp/info/staff/jun.hoshikawa/monthlist_html?year=2008&month=1
 
 たしかにシーシェパードとは違って、acts of terrorismに手を染めたという証拠はないようだ。
 しかし「ガンジーやキング牧師など多くの先駆者から学んだ」などと自称する資格があるか? ない。断じてない。

 マハトマ・ガンジー(1869-1948)は、英国で弁護士資格を取り、1893年南アフリカに渡ったが、人種差別に衝撃を受け、在留インド人の権利を守る運動に取り組むようになった。

Gandhi_group_southafrica
(南アフリカの同志たちとガンジー)

 1908年1月、ガンジーはアジア人登録法による指紋捺印と登録を拒む運動を指導して同志たちとともに禁固2ヶ月の刑を受けた。最初の下獄であった。
 インド人問題担当相のスマッツ将軍は、ガンジーに対して「インド人が自発的に登録に応じるならば反対運動参加者を釈放し法律も廃止する」と約束した。ガンジーはためらったが妥協に同意し、二週間で釈放された。
 ところがスマッツ将軍は、やはりアジア人登録法は廃止しない、と言いだした。インド人が最後の一人まで自発的に登録したのではないから、インド人側が約束を破ったのだ、という口実だった。
 ガンジーと自発的に登録していた二千人以上の支持者は直ちにヨハネスバーグのハミダ・モスクの庭に集まり、自分たちの登録証を燃やした。ロンドンの『デイリー・メール』紙の通信員は、この事件をアメリカ独立戦争の契機となったボストン茶会事件(1773年)に喩えた。ガンジーが政治の問題で象徴的な行動を起こしたのはこれが最初だった。
 以後40年にわたってガンジーは非暴力直接行動によって戦い続けることになる。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

グリーンピース・ジャパンの諸君

 平凡社『世界大百科事典』より。これくらいは常識だよ。ひょっとして知らないでアメリカの手先になって、泥棒したのかな?

[アメリカ式捕鯨] アメリカではニューイングランド地方において,1712年マッコウクジラをおもな対象としたアメリカ式捕鯨が興った。マッコウクジラから生産される鯨駐(げいろう)は,1750年ころアメリカのろうそく工業を飛躍的に発展させ,やがてアメリカの重要な輸出品目となった。その後,ニューイングランド沿岸へのマッコウクジラの来遊量は減少してきた。そこで,マッコウクジラ漁場は西インド諸島から遠洋へと移っていった。1775年にはアメリカの独立戦争が起こったため,捕鯨業は大部分が一時中断したが,戦争終結後再び復興した。その後,マッコウクジラの漁場は,大西洋から太平洋へと拡大し,アメリカ式捕鯨が確立された。そのアメリカ式捕鯨の操業形態は,約400トンの帆船に4隻の捕鯨艇を積載しており,約1ヵ年の航海準備をして出港した。クジラを発見すると,まず捕鯨艇を下ろしてクジラに接近する。捕鯨艇には艇長の士官が最後部で操舵(そうだ)を担当し,銛手オールと呼ばれる銛手が先頭に,次いで舳手,船央漕手,三番漕手および艇尾漕手の6名が乗り組んでいる。漁具は,手槍(てやり),錨爪銛,トグル銛,ボートのみ(鑿),グリーンナー銃およびボンブランス銃から構成されていた。
 クジラから4~5mの距離に接近すると,手槍や銛を投げ,続いて銃で射撃する方法を用いた。 Harpooner
捕獲後は,クジラを捕鯨船の船側に係留した状態で解剖した。捕鯨船の乗組員は平均すると船長1名,士官4名,操舵手4名,大工1名,桶工(鯨油は伍詰にして貯蔵された)1名,司厨(しちゆう)員1名,給仕1名および水夫23名,合計36名程度であった。
 アメリカ式捕鯨は,太平洋へ進出するようになって盛況を続け,1846年の最盛期には,アメリカ船736隻,その他の国230隻の捕鯨船が操業し,1年間に1万頭以上のマッコウクジラを捕獲した。とくにアメリカでは46年当時,捕鯨産業に関連した人口は,7万人以上といわれ,漁場はインド洋を含む全世界に拡大した。しかし,世界の海で重ねてきた乱獲は漁場の荒廃をきたした。そのマッコウクジラ資源の減少が,アメリカ式捕鯨を壊滅へと導いた要因とも考えられているが,それにも増して石油の発見はアメリカ式捕鯨史上見のがすことはできない。すなわち,59年にペンシルベニア州で発見された石油は,灯油としてそれまでの鯨油に代わって登場した。そのため,鯨油の需要は急速に激減することになるが,61年勃発した南北戦争も捕鯨業の衰退を加速した。南北戦争終結後アメリカ式捕鯨は再び復興したが,その基地はそれまでのアメリカ大陸の大西洋岸から太平洋岸へと移った。当時の主たる生産品は,鯨油が石油に淘汰されたため,クジラひげであったが,それも鋼の開発によりやがて需要が減少した。さらに,1848年カリフォルニアのサクラメントで発見された大砂金層はゴールドラッシュを招き,大量の労働者を吸収したため,捕鯨業は決定的な打撃を受けた。そして,アメリカ式捕鯨も98年にはほとんど消滅した。

 メルビルの『白鯨』(1851年)も、小説を読めとは言わないけれど、DVDで見られるからね。

 ペリーの来航も太平洋での捕鯨の基地が欲しかったのが大きな理由の一つだというのは知っていますね。

Perry

 ところで、鯨肉というと「給食で食べたのがうまかった」という人が多いけれど、そうかなあ? 堅くてまずかったような気がするけれど。冷凍ではない、採れ立ての鯨肉はうまかった。柔らかくて、冷凍物のような血のにおいがなくて、牛肉よりずっとうまかった。小型の鯨が漁師の網にかかることがあったのです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年6月20日 (金)

水着について(3)

 ヴィクトリア朝的お上品ぶりで日本を見るとどう見えたか。

89e6919c20013_2

 ペリー艦隊に通訳として同行したウィリアムズは、1854(安政5)年下田での見聞をもとに次のように断定を下した。「私が見聞した異教徒諸国の中では、この国が一番みだらかと思われた。体験したところから判断すると、慎みを知らないといっても過言ではない。婦人たちは胸を隠そうとはしないし、歩くたびに太腿まで覗かせる。男は男で、前をほんの半端なぼろで隠しただけで出歩き、その着装具合を別に気にもとめていない。裸体の姿は男女共に街頭に見られ、世間体などはおかまいなしに、等しく混浴の銭湯へ通っている。」
――平凡社『逝きし世の面影』p.296

 それから約半世紀後の明治38年ごろになると、『吾輩は猫である』の苦沙弥先生の通っている銭湯は混浴ではなくなっているようだ。
 しかし、女の裸は別に珍しいものではなかった。
 水島寒月君の提案する「俳劇」の趣向

「まず道具立てから話すが、これも極く簡単なのがいい。舞台の真中へ大きな柳を一本植え付けてね。それからその柳の幹から一本の枝を右の方へヌッと出させて、その枝へ烏を一羽とまらせる」「烏がじっとしていればいいが」と主人が独り言のように心配した。「何わけは有りません、烏の足を糸で枝へ縛り付けておくんです。でその下へ行水盥を出しましてね。美人が横向きになって手拭を使っているんです。」…………「ところへ花道から俳人高浜虚子がステッキを持って、白い灯心入りの帽子を被って、透綾の羽織に、薩摩飛白の尻端折りの半靴と云うこしらえで出てくる。着付けは陸軍の御用達見たようだけれども俳人だからなるべく悠々として腹の中では句案に余念のない体であるかなくっちゃいけない。それで虚子が花道を行き切っていよいよ本舞台に懸った時、ふと句案の眼をあげて前面を見ると、大きな柳があって、柳の影で白い女が湯を浴びている、はっと思って上を見ると長い柳の枝に烏が一羽とまって女の行水を見下ろしている。そこで虚子先生大に俳味に感動したと云う思い入れが五十秒ばかりあって、行水の女に惚れる烏かなと大きな声で一句朗吟するのを合図に、拍子木を入れて幕を引く。――どうだろう、こう云う趣向は。御気に入りませんかね。君御宮になるより虚子になる方がよほどいいぜ」
http://neko.koyama.mond.jp/?eid=293820 より。この「挿絵でつづる漱石の猫」は傑作です。 

Note447_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

水着について(2)

 1936年のベルリン五輪で男も上下つなぎの水着を着て泳いだのは、ヴィクトリア朝のお上品ぶりの名残だと思いますね。「女性の観客がいるではないか。胸毛なんかを見せるのは失礼だろう」という意識があったのだ。
 1939年9月にドイツがポーランドに侵攻して第二次大戦が始まると、そんなお上品ぶりは吹っ飛んでしまった。1940年代前半に仮に水泳大会があったとしたら、男はパンツ一丁で泳いだと思いますね。
 男の水着などどうでもよろしいが、女の水着がずいぶん変わった。

Grable1

 1943年のベティ・グレーブルのピンアップ。GIの戦意高揚に大いに役立ったそうだ。しかし、これより40年ほど前と比べると何という変わり様だ。

Bathingmachinegals

 1902年のBathing machineと水着の絵。ベージングマシンというのはむかしの小説に出てくるのでどんなものだろうと思っていた。だいたい19世紀の英国で盛んに使われたものらしい。1910年代くらいまでは使われたようだ。
 女性用水着はほとんど肌の露出がなくて泳ぎにくそうだけれど、こういうのでも水着姿で波打ち際まで歩く間に男性の視線で見られるのは困る、と当時の女性は思った。
 だから絵のような車輪つきの脱衣小屋があって、その中で水着に着替え、小屋を馬や人力や場合によっては蒸気機関で海の中まで引っ張って行ったのだ。

Mermaidsatbrighton_2

 1829年のベージングマシン。ブライトンの海岸だそうです。水着がいっそうオールドファッションで、これでは泳げない。塩水につかってパチャパチャするだけで満足したらしい。この絵では泳いでいるのは女ばかりだ。海水浴場でも男性用と女性用のエリアが厳しく区別されていた。
 男だけの場合は、裸でもよかったらしい。シャーロック・ホームズの『獅子のたてがみ』では背中にひどい傷ができていたのだから、少なくとも上半身は裸で泳いだのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

水着について(1)

20080612k0000m050031000p_size5

 北島君が世界記録を出したときは、モモヒキみたいなのを履いていたのですが、SPEEDOの水着は男子用でも上半身を覆うのが多いようですね。それで浮力がつくとしたらアンフェアだと思う。だいたい一人では着れないというのが変じゃないか。

08042603_speedo_fastskin_lzr_racer_

 しかし、第二次大戦前は、男でも上半身を覆うワンピース型の水着を着るのが普通だった。

Berlin_35

 1936年のベルリン五輪の日本男子水泳チーム。このときは前回のロサンゼルス大会ほどではないけれど、日本水泳陣は好成績を挙げた。金メダルは4個獲得。女子200m平泳ぎの前畑選手が有名ですね。「前畑がんばれ」
 当時の水着はもちろん天然繊維製で水を含んだから、パンツ一丁の方が速く泳げることは分かっていたはずだけれど、男でも裸体をさらすのは下品だという雰囲気があったのだろうか? 
ジョニー・ワイズミュラーのターザンは第1作が1932年だけれど、もちろん上半身裸だった。これは半分野蛮人だからやむを得ないということらしい。

A2140_2

 ワイズミュラーは1924年パリ、1928年アムステルダムのオリンピック水泳で合計5つの金メダルを取った。オリンピックではもちろんワンピース型の水着で泳いだ。
 ベルリン五輪の次は、1940年に東京オリンピックが決まっていたのだけれど、これは戦争で中止になった。戦後1948年のロンドン五輪で再開されたが、日本は占領中で参加できず、1952年のヘルシンキ大会から参加した。戦後の男子競泳はパンツだけになっていたようだ。
 女子競泳は「スクール水着」みたいなのを着て泳いだ。

3140014

 オーストラリアのドーン・フレーザー選手。彼女は1956年メルボルン、1960年ローマ、1964年東京の三大会で女子100m自由形に三連覇し、リレーを合わせれば4つの金メダルを取った。
 フレーザー選手は「全裸で泳がせてくれたら、100mで1秒は記録を縮められる」と言ったそうだ。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2008年6月12日 (木)

英語の発音

K770940465

 ユル・ブリンナーはなぜ頭を剃っていたのか?
 彼はロシア出身で(生年は1915年か1920年のどちらか)、1941年にアメリカに渡って演技の勉強を始めた。
 彼はあるプロデューサーに
「僕はスターになりたいのですが、何かいい方法はありませんか?」と尋ねた。
 プロデューサー答えて曰く
"Be bold."
 ブリンナーはまだ英語がよくできなかったから、boldをbaldと聞いてしまった。
「そうか、ハゲになればスターになれるのか」
 と思って早速剃髪したところ、『王様と私』の主役に抜擢され、一躍スターになった。
 むかしある映画雑誌で読んだ話です。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年6月10日 (火)

国民の責務

(国民の責務)
第二条 国民は、健康な生活習慣の重要性に対する関心と理解を深め、生涯にわたって、自らの健康状態を自覚するとともに、健康の増進に努めなければならない。

Jugend9

 1935年にドイツで制定された法律です――というのはウソ。日本の平成14年8月2日法律第102号「健康増進法」です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年6月 8日 (日)

禁煙ファシズム

 この運動の根源には、ある動機があると私は考えている。それは、特定の集団を差別したいという心理である。現在の先進社会では、性別、人種などによって人を差別することは、たてまえ上とはいえ、許されていない。そこで、他人に害を与えるという理由のもとに、喫煙者を「汚い」ものと認定し、差別しようとしているのである。(小谷野敦)

 小谷野敦さんの論旨を補強する証拠はアマゾンのレビューにあります。
 ほんとに「バカが意見を言うようになった」のですね。怖ろしい時代だ。

  195 人中、128人の方が、このレビューが参考になったと投票しています。
タバコを吸うとバカになる, 2006/2/7
By  マーフィーズスタウト - レビューをすべて見る

いくら学歴があっても、タバコを吸い続けると、こういう駄文しかかけないバカになるという立派な証拠がこの本です。
禁煙したいという方はぜひご一読を。
低能というのは、なにも頭が悪いことだけじゃありません。
品性までタバコで奪われてしまう恐怖を、みなさんも感じ取ってみませんか。 

   83 人中、54人の方が、このレビューが参考になったと投票しています。
滑稽な本ですね., 2005/10/23
By  "abc555" - レビューをすべて見る

~国際的に認められたことをすべて否定する.その傲慢な態度はなんとかなりませんか.
いまや中国,タイ,韓国ですら一生懸命に禁煙運動を繰り広げ,すこしでも自国の国民が死亡するのを防ごうとしているのです.
タバコの煙と自動車の排気煙を同一視する幼稚な見解はおよそ科学的ではありません.このことに限らず,論旨がめちゃめちゃです.
この本を信じ~~て亡くなる方が出てくるかも知れません.その時にこの3人は責任を取ってくれますね.~ 

Smoking

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

柔道か柔術か(23)

 日本近代文学の起源に限らず、何でも起源というものは見えにくくなる。
 だからウィキペディアの「キャッチ・アズ・キャッチ・キャン」のような空想的記事が大手を振ってまかり通ることになる。
 英語版のウィキペディアもデタラメである。Catch wrestlingという項目があって、日本語版の「キャッチ・アズ・キャッチ・キャン」とよく似た内容が書いてある。カール・ゴッチが猪木、藤波、ヒロマツダ、佐山聡、藤原喜明、前田日明などを教えた、なんてことまで書いてあります。いったいに英語版ウィキペディアの格闘技関係はむやみに日本のことに詳しくて、猪木以下のレスラーはそれぞれ独立の項目になっている。
 Catch wrestlingも、まったく空想である。英語版ウィキペディアの編集者はさすがにセンスがあって

This article does not cite any references or sources. (October 2007)

 と注意書きを付している。「空想で記事書く、よくありません。典拠示すよろし」ということです。

 文献の証拠を示さなくてもよいのなら、何でもでっち上げることができる。
 柔道や剣道の韓国起源説などがその最たるものです。
 judoは「ユド」という発音でウリナラのものなんだって。剣道は「コムド」だそうです。悪意で外国人をだまそうというよりは、韓国人自身が本気で信じ込んでいるようだ。
 どうしてそういう妄想におちいるのか? 
 1970年に漢字を全廃したことが大きいと思う。むかしの文献が読めなくなった。古い文献は漢文だから読むにはそれなりにスキルがいるけれども、大韓民国成立後に書かれたものまで全部読めなくなったのだからひどい。
 テコンドーなどは韓国起源をでっち上げて、とうとうオリンピック種目にしてしまった。文献が読めないものだから、こういうことをして恬として恥じないのだ。
 
 話が逸れた。英国のキャッチ・アズ・キャッチ・キャンの場合も同じだ。文献の証拠が大切だと言いたいのです。
 百年前の文献を丁寧に調べれば、分かってくるはずだ。

(1)20世紀はじめには、キャッチ・アズ・キャッチ・キャン=フリースタイルのレスリングがプロレスとして行われていた。
(2)力づくでフォールを狙うレスリングで、なかなか勝負がつかなかった(漱石が見て「西洋の相撲なんて頗る間の抜けたものだよ」とあきれた)。
(3)タニ・ユキオをはじめとする柔術家が異種格闘技戦を挑んで、絞め技、関節技でギブアップを狙うという戦い方を始めた。
(4)それまではプロレスにサブミッション・レスリングという考え方がなかった。
(5)プロレスは第一次大戦(1914-19)でいったん廃れたが、戦後復活するときに、対柔術戦からサブミッションを取り入れた。
(6)ビリー・ライリーのスネークピットというジムで、グレコローマン、フリースタイル、柔術の三要素を取り入れたレスリングを教えた――というのはだいたい正しいだろう。
(7)しかし「キャッチ・アズ・キャッチ・キャン」とは、スネークピットのレスリングではなく、フリースタイルのことである。

 以上はあくまで仮説である。しかし前に言ったように、手間さえ厭わなければ検証できるはずだと思う。あるいは反対の証拠が見つかる(反証される)かも知れない。
 私が特に強調したいのは上の(3)(4)あたりである。20世紀初頭の英国のレスラーたちが関節技でギブアップを狙うという戦い方を知っていたのならば、体重が57kgに満たない「ちっぽけなジャップ」が連戦連勝できるはずがないではないか。

Maeda01

 前田日明はカール・ゴッチの関節技がものすごいことを語って、西洋中世の騎士たちが(日本の戦国武者のように)組み討ちをして関節を極める戦いをしたのだろう――という推測をしている。
 プロレスの技術論ならば私などが口を差し挟む余地はない。しかし、この話に関する限り、前田さんの勘違いでしょう。
 西洋中世にも剣術、弓術、槍術、馬術などはあり、文献がいくらでも残っているはずだ。しかし、西洋には柔術に相当するもの、すなわち鎧武者同士の組み討ち術はなかった。だからこそJiujitsuという日本語がそのまま使われたのだ。Jiujitsuと自分の名前を合成してBartitsuなんてのを作る者も出てきた。
 そして、シャーロック・ホームズは日本のバリツのおかげでモリアーティ教授の魔手から逃れたのである。

 サブミッション・レスリングの柔術起源説は、丁寧に調べれば文献で実証できるかも知れない。
 あるいは実証できない(文献がない)かも知れない。
 レスリングには、ボクシングと違って、アーサー・コナン・ドイルやクィンズベリー侯爵のような社会的地位の高い支持者がいなかったことが大きい。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »