« 国民の責務 | トップページ | 水着について(1) »

2008年6月12日 (木)

英語の発音

K770940465

 ユル・ブリンナーはなぜ頭を剃っていたのか?
 彼はロシア出身で(生年は1915年か1920年のどちらか)、1941年にアメリカに渡って演技の勉強を始めた。
 彼はあるプロデューサーに
「僕はスターになりたいのですが、何かいい方法はありませんか?」と尋ねた。
 プロデューサー答えて曰く
"Be bold."
 ブリンナーはまだ英語がよくできなかったから、boldをbaldと聞いてしまった。
「そうか、ハゲになればスターになれるのか」
 と思って早速剃髪したところ、『王様と私』の主役に抜擢され、一躍スターになった。
 むかしある映画雑誌で読んだ話です。

|

« 国民の責務 | トップページ | 水着について(1) »

コメント

(はじめまして)
いつも興味深く拝読しています。
今回のエントリも、自分のハンドル名にも関係があるので、おおいに笑わせていただきました。

投稿: baldhatter | 2008年6月12日 (木) 18時48分

ありがとう。

投稿: 三十郎 | 2008年6月12日 (木) 21時06分

「英語の発音」で思い出したのが今話題のSPEEDO社。SPEEDとDOというふたつの単語を合わせて付けられた洒落た社名ですが、「スピード」じゃなくて「スピードゥー」と発音するのではないかと思っているのですが、いかがでしょう。

投稿: 土屋朋之 | 2008年6月13日 (金) 21時31分

ほんとにSPEEDOはどう発音するんですかね。本や雑誌ではよく出てきたけれど、発音は聞いたことがない。

投稿: 三十郎 | 2008年6月13日 (金) 22時45分

Wikipediaが嘘を書いていなければ、やはり「スピードゥー」が正しいようです。発音が変だということに気が付くマスメディアがひとつもないのは変ですよね。瑣末過ぎるのでしょうか。

投稿: 土屋朋之 | 2008年6月13日 (金) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/21578836

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の発音:

» ユル・ブリンナーと私 [豆酢館]
小学生のときの友人との会話 Q「○○ちゃん(館長の子供時代のあだ名)、だれか好きな人おるん?」 A「おるよ、もちろん」 Q「だれだれ?」 A「ゆる・ぶりんなー!」 Q「…何なん、それ?…」 ユル・ブリンナー  1915年7月7日生まれ 1985年10月10日没 ロシア、ウラジオストック出身 本名Taidje Khan。スイス国籍を持つモンゴル人の父親と、ジプシーの血を引くユダヤ系ロシア人の母親との間に生まれる。彼が生まれてすぐ一家は北京に移り、その後は中国大陸を点々とする日々を送った。ブ... [続きを読む]

受信: 2008年6月20日 (金) 13時58分

« 国民の責務 | トップページ | 水着について(1) »