« 柔道か柔術か(23) | トップページ | 国民の責務 »

2008年6月 8日 (日)

禁煙ファシズム

 この運動の根源には、ある動機があると私は考えている。それは、特定の集団を差別したいという心理である。現在の先進社会では、性別、人種などによって人を差別することは、たてまえ上とはいえ、許されていない。そこで、他人に害を与えるという理由のもとに、喫煙者を「汚い」ものと認定し、差別しようとしているのである。(小谷野敦)

 小谷野敦さんの論旨を補強する証拠はアマゾンのレビューにあります。
 ほんとに「バカが意見を言うようになった」のですね。怖ろしい時代だ。

  195 人中、128人の方が、このレビューが参考になったと投票しています。
タバコを吸うとバカになる, 2006/2/7
By  マーフィーズスタウト - レビューをすべて見る

いくら学歴があっても、タバコを吸い続けると、こういう駄文しかかけないバカになるという立派な証拠がこの本です。
禁煙したいという方はぜひご一読を。
低能というのは、なにも頭が悪いことだけじゃありません。
品性までタバコで奪われてしまう恐怖を、みなさんも感じ取ってみませんか。 

   83 人中、54人の方が、このレビューが参考になったと投票しています。
滑稽な本ですね., 2005/10/23
By  "abc555" - レビューをすべて見る

~国際的に認められたことをすべて否定する.その傲慢な態度はなんとかなりませんか.
いまや中国,タイ,韓国ですら一生懸命に禁煙運動を繰り広げ,すこしでも自国の国民が死亡するのを防ごうとしているのです.
タバコの煙と自動車の排気煙を同一視する幼稚な見解はおよそ科学的ではありません.このことに限らず,論旨がめちゃめちゃです.
この本を信じ~~て亡くなる方が出てくるかも知れません.その時にこの3人は責任を取ってくれますね.~ 

Smoking

|

« 柔道か柔術か(23) | トップページ | 国民の責務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/21504794

この記事へのトラックバック一覧です: 禁煙ファシズム:

« 柔道か柔術か(23) | トップページ | 国民の責務 »