« サミットの成果? | トップページ | コナン・ドイル卿? (6) »

2008年7月12日 (土)

コナン・ドイル卿? (5)

 正典にはLordと呼ばれる人がほかにも何人も出てくる。『独身貴族』では、Lord Backwaterバックウォーター卿という人がいて、これはセント・サイモン卿の友人で「ホームズ氏の判断力と分別は絶対に信頼できる」と言って探偵を推薦したらしい。バックウォーター卿は、侯爵、伯爵、子爵、男爵のいずれかの爵位を持っているか、それとも公爵か侯爵の次男以下である。
 ハノーヴァー・スクエアの聖ジョージ教会で行われた結婚式はごく内輪のもので、花嫁側は父親のアロイシウス・ドラン氏だけだった。花婿側は、バルモラル公爵夫人(花婿の母)、バックウォーター卿、ユースタス卿とレディ・クレア・セント・サイモン(花婿の弟と妹)、それにレディ・アリシア・ウィッティントンだった。
 結婚式はちょっとした妨害があったけれども無事済んだのだが、

Nobl02

その後で大騒動が起きて、ホームズが乗り出すことになったのだった。
 それはそれとして、レディというのが出てきた。花婿の妹はLady Clea St. Simonだった。リーダーズプラス英和辞典でLadyを引いてみると
Lady
英国では次の場合 女性に対する敬称:
(1) 女性の侯・伯・子・男爵
(2) Lord (侯・伯・子・男爵) と Sir (baronet または knight) の夫人
(3) 公・侯・伯爵の令嬢. 令嬢の場合は first name につける.
 
 花婿の妹は上の(3)に当たる。レディ・アリシア・ウィッティントンは(2)か(3)だろう。(1)ではないと思う。女性が自分で爵位を持っていて「女侯爵」や「女伯爵」などになる場合はまれのはずだ。
 ともかく、Lordは貴族、日本で言えば大名クラスに対する尊称であって、「卿」と訳すことになっている。
 ただし、貴族の中でも一番上の公爵Dukeはまた別格である。
 ホルダーネス公爵Duke of Holdernessが出てきたのは、何という冒険だったか?
『プライアリー・スクール』でした。校長のハクスタブル博士が大騒ぎしてベーカー街でひっくり返ったのは、ホルダーネス公爵がものすごく偉かったからだ。

Prio01

 公爵に対してはLord Holdernessという呼び方をしてはならない。Lordは侯爵以下に使うのである。Duke of Holdernessと呼ぶか、His (Your) Grace(閣下)と呼ばねばならない。
 この公爵には一人息子がいるのだが、この子がまだ10歳の子供なのにLord Saltireソルタイア卿と呼ばれている。この「一粒種にしてお世継ぎ」がいなくなったというので大騒ぎになったのだった。
 この事件は1901年(明治34年)のことらしい。イギリスには明治維新がなかった。廃藩置県も版籍奉還もなく、徐々に改革を進めて封建制から近代国家に移行してきたので、封建遺制の残存がある。封建諸侯が元の偉さを多分に残している。さすがのホームズも相手が公爵となると特別扱いしたのだった。

 公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵が貴族で、貴族のうち侯爵以下に対してLordという尊称をつける。このLordは「卿」と訳することになっている。
 ナイトの位knighthoodは貴族よりは下である。Sirという称号を「卿」と訳しては紛れが生じてしまう。

|

« サミットの成果? | トップページ | コナン・ドイル卿? (6) »

コメント

> バックウォーター卿は、侯爵、伯爵、子爵、男爵のいずれかの爵位を持っているか、それとも公爵か侯爵の次男以下である。

"Lord"の後に名が入っていないので、公爵や侯爵の次男以下の線は否定できるのではないでしょうか。本人が侯爵以下の有爵者か、有爵者ではないが公爵、侯爵、伯爵の長男等で儀礼称号を有するかのどちらかでしょう。

> レディ・アリシア・ウィッティントンは(2)か(3)だろう。(1)ではないと思う。女性が自分で爵位を持っていて「女侯爵」や「女伯爵」などになる場合はまれのはずだ。

こちらは逆に"Lady"の後に名の"Alicia"が入っていることから、(1)も(2)も否定できるのでは。称号が"Whittington"である有爵者であるか、その夫人である場合は"Lady Whittington"、姓が"Whittington"である准男爵やナイトの夫人である場合も、やはり"Lady Whittington"ですから。

投稿: 西宮 | 2009年7月21日 (火) 13時40分

ありがとうございます。なるほど、同じLordでも呼び方に違いがあるなとは思っていたのだけれど、そういうことですか。

投稿: 三十郎 | 2009年7月24日 (金) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/22247452

この記事へのトラックバック一覧です: コナン・ドイル卿? (5):

« サミットの成果? | トップページ | コナン・ドイル卿? (6) »