« リーマンと山一 | トップページ | ヴィクトリア皇帝(8) »

2008年10月27日 (月)

ヴィクトリア皇帝(7)

 ①皇帝は王より偉い。しかし、②馬の骨では王になれない。
  ナポレオンはこれが分かっていたはずだけれど、フランスの帝位について余りにうまく行ったので②を無視してしまった。

 1805年、ナポレオンはイタリア王を兼ねた。
 1806年、弟ルイをオランダ王に、兄のジョゼフをナポリ王にした。
 1808年5月、兄のジョゼフをナポリ王からスペイン王にした。
 
 特にスペインがよくなかった。ブルボン家のフェルディナンド7世を廃して兄の馬の骨を王様にしたのがまずかった。
 すぐにマドリードに暴動が起こり、イベリア半島戦争(スペイン独立戦争)が始まった。1814年のフェルディナンド7世の復位まで続いたこの戦争はゲリラ戦となって、ナポレオンの没落につながった。guerrillaはこのときできたスペイン語である。

782pxfrancisco_de_goya_y_lucientes_

 ゴヤの『1808年5月3日』。フランス軍によるマドリード市民の虐殺である。(続く)

|

« リーマンと山一 | トップページ | ヴィクトリア皇帝(8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/24764373

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリア皇帝(7):

« リーマンと山一 | トップページ | ヴィクトリア皇帝(8) »