« シャーロック・ホームズ学の課題と展望(3) | トップページ | いいじゃないの »

2008年11月23日 (日)

明るい社会?

 いま翻訳しているものに「明るい社会を作る」という語句が出てくる。
 どう英訳すればよろしいか?
 別にむつかしくないでしょう。
 Create a bright society. でいいのでは?

Title_2

 そうかな?
 まずcreateはどうか?
 God created the world. というような文が聖書の初めの方に出てきた。「神は世界を作りたもうた」。神が作る前には我々のこの世界は存在しなかったのだ。createというのは、何もないところから一から作り出すことだ。Create a ---society. は変だ。そういう結構な運動を始める前から、この社会は存在したのだから。
 明るい社会の明るいはbrightでよろしいか? 
「この蛍光灯は明るい」の英訳には、もちろんbrightが使える。
「諸君の未来は明るい」も、brightでよいだろう。この明るい=brightは比喩ですね。
「明るい社会」もbrightでまかなえるか? a bright societyという英語はどうもインチキくさいね。
 いや、「明るい社会」という日本語自体がインチキなんじゃないの? 少なくとも由緒正しい日本語ではない。紫式部や松尾芭蕉は使わなかった。鴎外や漱石も使っていない。村上春樹も使わない。不肖私も使わない。
 では、どう訳せばよろしいか?
  どう訳してもよろしくない。「明るい社会を作る」などと言わなければよいのだ。

"create a bright society"をグーグルでフレーズ検索してみよう。全部で6件しかない。
 トップはTokyo Junior Chamberのページである。東京青年会議所?
 第2位は草加市。第3位が西宮市。4位、5位が英語のページで6位は中国語らしい。
 可哀想な私の同業者がおかしな英語を書かされている。ネイティブでも英語の感覚がおかしいやつがいるらしい。

|

« シャーロック・ホームズ学の課題と展望(3) | トップページ | いいじゃないの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/25602865

この記事へのトラックバック一覧です: 明るい社会?:

« シャーロック・ホームズ学の課題と展望(3) | トップページ | いいじゃないの »