« 柔道か柔術か(27) | トップページ | 柔道か柔術か(29) »

2008年12月 5日 (金)

柔道か柔術か(28)

 千葉周作(1793-1856)の北辰一刀流は現代剣道の源流らしい。赤胴鈴之助も千葉周作門下だった。♪♪剣を取っては日本一の……

Suzunosuke

 中西派一刀流を学んだ千葉周作は独立して北辰一刀流を創設し、上州で馬庭念流との他流試合を行い、江戸に帰って開いた神田於玉ヶ池の玄武館は幕末三大道場の一と言われた――『北斗の人』を読めば分かる。しかし、これは司馬遼太郎が作った話ではない。千葉周作自身が詳しい記録を残しているのだ。

 ビリー・ライリーBilly Rileyがランカシャー地方のウイガンという炭坑町に開いた「スネークピット」と称されるジムは、現代のシュートレスリングストロングスタイル、あるいはCatch WrestlingScientific Wrestlingの源流であるらしい。

Billy_belt

 ところが、千葉周作より百年以上あとの現代人ビリー・ライリーは、生没年さえ明らかでない。ウィキペディアの「ビリー・ライレージム」は、彼の生年を示さず没年を1982年としている。英語版WikipediaのBilly Rileyを見ても生年は分からず、没年は1979年となっている。
 スネークピットの開設は、日本語版ウィキペディアでは1920年代、英語版では1950年代だ。
 ビリー・ライリー氏は自伝など書かなかったし、周辺の人たちもインタビューなど残してくれなかった。イギリスの下層階級にはそういう習慣がなかったのだ。
 日本人は違う。カール・ゴッチのインタビューの記録が新たにDVD付きで発売される。

 ビリー・ライリーは、たぶん1900年以降の生まれだろう。もし私が1970年代にでも渡英して彼に会えたとしたら、まず

「スネークピットで教えたようなレスリングを、あなたはいつどうやって覚えたのですか?」
と聞きたかった。また
「関節技は、ひょっとしてランカシャーにもよく巡業に来て人気があったタニ・ユキオの柔術が起源ではありませんか?」

 しかし、明確な答えは返ってこなかっただろう。タニがレスラー相手に盛んに懸賞試合を行っていたころ、ライリーはまだ幼児だった。タニの相手をしたレスラーたちがあるいはライリーを教えたかもしれない。しかし、彼らは黙々とレスリングをして、能書きなんぞ垂れなかったはずだ。日本人とは違うのだ。

|

« 柔道か柔術か(27) | トップページ | 柔道か柔術か(29) »

コメント

2点ほど補足を。
GスピリッツVOL.8の拙稿、『ウィガンにあった黒い小屋』はご覧頂けておりませんか?
ライレーの生没年については調べて掲載しました。
彼は1896年に生まれて、1977年に81歳で亡くなっております。
ライレージムに関するDVDはイギリス国内で発売されております。また1990年代にはイギリスのニュース番組でライレージムに関するドキュメントが放映されたことがありました。
そこにはライレー自身の映像もありますし、彼自身によるナレーションも収録されております。

それからひとつ確認させて頂きたいのですが、「レスリングに関する古い文献は乏しい」と何度も文章にされておられますが、レスリング文献に関してどの程度把握されておられますか?
少なくとも、「乏しい」と仰られるご意見を否定できるだけの冊数を、私は所持しておりますが。

投稿: 那嵯涼介 | 2008年12月 5日 (金) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/25937215

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道か柔術か(28):

« 柔道か柔術か(27) | トップページ | 柔道か柔術か(29) »