« 柔道か柔術か(46) | トップページ | 歴史認識について »

2009年1月21日 (水)

オバマ大統領就任演説の翻訳

Amr0901210315004n1

 オバマ大統領の就任演説は素晴らしかったですね。当ブログでもさっそくその翻訳を掲載いたします。

 エー、ただいまご紹介にあずかりました小浜、いやオバマでございます。
 本日はお忙しいところ、はるばるワシントンD.C.までお出でいただきましてまことにありがとうございます。
 さっそくですが、合衆国の直面する状況はまことに厳しいものである、というふうに私は認識いたしております。
 このような状況下で、若輩者の私がはからずも大統領という大任を引き継ぐこととなり、身の引き締まる思いであります。
 チェンジということが私どもの課題でございますが、これについては粛々と進めて参る所存でございます。なにとぞ、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。
 以上、簡単ではございますが、私のご挨拶に代えさせていただきます。

E5b08fe6b59c

|

« 柔道か柔術か(46) | トップページ | 歴史認識について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/27346107

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領就任演説の翻訳:

« 柔道か柔術か(46) | トップページ | 歴史認識について »