« 柔道か柔術か(68) | トップページ | インドのキャッチ・アズ・キャッチ・キャン(1) »

2009年3月11日 (水)

不遷流柔術

 スモール・タニこと谷幸雄(1881-1950)は、不遷流柔術を学び、1900年に渡英した。ミュージックホールなどでレスラーと戦い不敗であった。1918年からは英国武道会で柔術/柔道を教えた。

Tanabe_armbar

 不遷流、田辺又右衛門。ポルトガル語のサイトから。だから年月日など不明。
  下の写真には明治39年と書いてあります。嘉納治五郎が一番偉かったけれども別格というほどではなかったようだ。「柔道」という名称も「講道館のもの」というわけではなかったらしい。柔術諸派も交えて「柔道形」を制定したのですね。
(明治39年は1906年である。タニ・ユキオは英国で活躍していた。前田光世は1904年の年末に渡米し、1907年2月に英国に着いた。1906年にはキューバにいたらしい。)
  Aoyagi2

|

« 柔道か柔術か(68) | トップページ | インドのキャッチ・アズ・キャッチ・キャン(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/28512018

この記事へのトラックバック一覧です: 不遷流柔術:

« 柔道か柔術か(68) | トップページ | インドのキャッチ・アズ・キャッチ・キャン(1) »