« 英国におけるブジツ(武術) | トップページ | マンセー! »

2009年4月14日 (火)

外人の見た相撲

明治初期の彩色写真。「何でも鑑定団」でこの種のものを見た覚えがある。白黒写真に色を塗って外人に売ったらしい。

Supc11

テレフォンカードがこういう綴りになるのか。どこの国だろう?

Suphonecd4

|

« 英国におけるブジツ(武術) | トップページ | マンセー! »

コメント

那嵯涼介さんはじめまして。 
サブミッションの写真ならブログの(66)に載ってますよ。それにアメリカのキャッチならググるだけでわらわらでてきますよね。
そもそも何でキャッチがアメリカとイギリスで同じものなんでしょうね?珍説のとおりならアメリカに伝わったあとから柔術が入ってきたことになるのに。
>三十郎 
ハハハハッ 消極的事実の証明が不可能なことだとは!もしそうなら世の中恐ろしいですね。性交渉がなかったことを証明できないから世界から処女は消えてしまいますね。
教えて差し上げましょう。消極的事実の証明のためには歴史家はすべての信ぴょう性ある可能性を否定するものなのですよ。
にもかかわらず、とりあえず私が提示した信憑性ある可能性すらも満足に論破できない時点でその珍説が柔術オタクのしょうもない妄想だと言い切れるのですよ。

投稿: レスラー仮面 | 2009年4月15日 (水) 01時38分

「消極的事実の証明のためには歴史家はすべての信ぴょう性ある可能性を否定」は原理的にできないの。これだけ説明しても分からないの?

投稿: 三十郎 | 2009年4月15日 (水) 02時19分

証明と仮説を辞書で調べた?
「この教室にアリは一匹もいない」をどう証明できるか? レスリング何万試合を全部調べられるか? 証明という言葉の意味を理解していないからそういうことが言えるの。
「消極的事実」という文言はそちらが言い出したのだけれど、当てはまらない場合もあるかも知れない。「某君は馬鹿である」という積極的命題は意味を変えないで「某君は賢くない」という消極的命題に変換できるから。これらの命題は「証明」なんかするまでもなく明々白々である場合が多い。

投稿: 三十郎 | 2009年4月15日 (水) 03時11分

柔道か柔術か(31)において下記のコメントをした
那嵯さんがまたまた登場するとは面白いですね。
結局このblogを見てるんですな(笑)
そして再度お邪魔しに来られたと。

>もういらないです、反論は。
>何かを調べた形跡もないしね。
>歩み寄れる、論じ合えると思った私が愚かでした。
>ご持論を信じて、生きてって下さい。
>多分、もうこれ以上この件で調べることはなれないだろうから。

>ただし確たる証拠がない以上、断定的な書き方はされないように。
>私はちゃんと当時の文献を読んで研究していきますよ。

>もうお邪魔することはありません。
>それでは。


某巨大掲示板で那嵯さんとキャッチ信仰者らしき方が
レスラー仮面さんの議論の仕方もどうかと思うと
落とされてましたけど。レスラー仮面さんでは
ダメだったんですかね~。

投稿: いつかの通りすがり | 2009年4月15日 (水) 08時18分

おお某巨大掲示板! 怖いよ。僕はそんなもの見ないからね。

投稿: 三十郎 | 2009年4月15日 (水) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/29055457

この記事へのトラックバック一覧です: 外人の見た相撲:

« 英国におけるブジツ(武術) | トップページ | マンセー! »