« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月24日 (日)

高村光太郎の柔道

X1p_adjul8hnf9k3ncviizkowbrjm4wazhn

(1906年(明治39年)、数え年で24才の高村光太郎(1883-1956)は彫刻を学ぶためにニューヨークに留学した。)

 いろいろ探した末、「アメリカン アート ステューデント リーグ」というのに通った。ここは男女共学で夜間の研究所だったが、照明も豊富で、モデルも使えたから、一年間つづけて通った。クラスの仲間で級長のような仕事をしている男が、僕の作りかけた彫刻に悪戯をして、粘土の腕を逆につけておいたりしてからかうので、ある日、その男の腕を逆に締め上げて降参させたことなどある。そしたら、当時は日露戦争の後で日本の柔道が評判になっていた頃だから、タック(高村の愛称)は柔道をやるというので、クラスの連中が面白がって、レスリングをやったことのある学生と、教室を片づけて試合をやらせようとした。僕は柔道など大してやったわけではないけれど、仕方がないのでその男と試合をして、どうにか勝った。僕はアメリカに渡る前に、サンドー体操で鍛えて筋肉も発達していたから、負けるものかという気だったのである。それから、皆な余り僕に悪戯をしないようになったのは有難かった。
(『青春の日』 昭和26年8月27日談。中央公論10月号掲載の談話筆記  高村光太郎全集第10巻p.p. 130-131 筑摩書房1958年)

 日露戦争は1904年2月8日に始まり、1905年9月5日にポーツマス条約によって終了した。この条約はセオドア・ルーズベルト大統領の斡旋により締結された。

 講道館四天王の一人、山下義韶(1856-1935)が1902年(明治35年)にシアトルに渡り、柔道の普及に尽くした。山下は1905年(明治38年)3月29日、ワシントンD.C.で、ジョージ・グランドという体格ではるかに上回るレスラー(山下の身長162cm、体重68kgに対し、このレスラーは身長200cm、体重160kg)と試合をし、抑え込みで勝利した。これを見ていたセオドア・ルーズベルト大統領に認められ2年契約で合衆国海軍兵学校の教官となる。1907年(明治40年)、契約期間満了に伴い帰国し、その後は講道館の指南役を務めた。 (ウィキペディアによる)

 ブラジリアン柔術の創始者コンデ・コマこと前田光世(1878-1941)も1904年(明治37年)に渡米し、ボクサー、レスラーなどと異種格闘技戦を行ったと言われる。前田はさらにイギリスに赴いてキャッチ・アズ・キャッチ・キャン(=フリースタイル)のプロレスラーとしても活躍し(柔道か柔術か(68)など「格闘技」参照)、その後ブラジルに渡ってグレイシー一族に柔術を教えた。

 高村光太郎の談話に出てくる「サンドー体操」はダンベルを使う運動である。ボディビルの元祖ユージン・サンドーが世界に広めた。日本にも伝わっていたものと見える。(コナン・ドイルとボディビル参照)
 高村光太郎は「柔術」と言い、談話の筆記者が「柔道」と書いたのかも知れない。いずれにしても高村光太郎に柔道/柔術の心得は大してなかっただろう。ダンベルで体を鍛えていたのと、もともと体格がよかったのでレスリングをやるアメリカ人に勝てたのだ。
 花巻青年会議所のサイト
http://hanamakijc.blog21.fc2.com/blog-entry-137.html
によると、
「高村光太郎さんは想像していたよりもとても大きな人で、身長が191cm,足の大きさも29cmもあった」
 本当だろうか? ウソをついても仕方がないので本当なのだろう。アントニオ猪木の公称身長と同じだ(猪木の本当の身長は187cm)。明治時代の日本人としては、とんでもない大男だ。夏目漱石が158センチ、森鴎外は光太郎より30センチ低い161センチぐらいだった。日露戦争のときの徴兵の基準は身長5尺(151.5cm)だったのを兵員が足りなくなって150cmに引き下げている。

「僕の前に道はない。僕の後に道ができる」だったっけ。あんたはブルドーザーか、と思ったものだけれど、それだけの体力があったのだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

モルグ街の新訳(5)

 ボードレールの訳は正しかったのだろうか? ポーがlibraryと書いたのをlibraireではなくてcabinet de lectureと訳したのは、気を利かせすぎたのではないだろうか。
 エドガー・アラン・ポーは
「フランスへ行きたしと思へどもフランスはあまりに遠し」
 と思っていた。せめて新しき背広を作る代わりにパリを舞台に探偵小説を書いた。読書クラブが繁盛しているなんて知らなかったと思う。

 英語の図書館libraryは、ドイツ語、フランス語の図書館Bibliothek, bibliothequeと比べて意味が多義的だ。たとえば執事が
「ポ、ポワロさま、libraryに死体があります!」
 ならば、libraryは「書斎」でしょう。

 ここはやはりドイツ語翻訳者の解釈が正しかったのではないか。ポーはふつうならば
at an obscure bookshop in the Rue Montmarte
 と書くところを、何しろおフランス万歳の人だから、ちょっと気取ってフランス語のlibraire(本屋)のつもりでlibraryと書いたのだ。

 となると、obscure libraryも、もう一度考えなおした方がよい。「薄暗い本屋」でよろしいか? 違うと思う。結論から言えば「古本屋」なのだ。
 古本屋を和英辞典で引くとsecondhand bookshopだ。これはsecondhand booksを売る店ですね。obscure booksを売る店があれば、obscure bookshopと言うはずだ。これをポーはobscure libraryと書いた。
 obscure booksとは何か。これは辞書に出ていない。グーグルでフレーズ検索してみよう。たとえばRead Streetというブログ
http://weblogs.baltimoresun.com/entertainment/books/blog/2008/05/obscure_books.html
にはObscure booksという記事があって、
 ヴィレッジ・ボイス紙は作家にアンケートをとって一番好きなobscure bookを挙げてもらった。これでみなさんも今年の夏休みはほかの人たちが読んでいるベストセラーなんか読まないで済みますよ云々とある。

 obscure bookというのは、「珍しい/よく知られていない本」ですね。必ずしも古本とは限らないけれども。
 日本でもsecondhand bookshopには、ブックオフのような安売り店から、珍しい・みんなが読むのではない本を売っていて稀覯本(rare and very remarkable volume)が見つかる可能性のある店まである(反町弘文荘などは店舗を構えず目録だけで商売した)。

 フランスにも後者のタイプの古本屋があったはずで、これをポーはobscure library(=bookshop)と書いたのだ――と考えると平仄が合う。電気はまだなかったから本屋でも何でも「薄暗い」のは当たり前で、わざわざ書く値打ちはない。

bookshop where obscure books are sold
→obscure bookshop→obscure library
 
 初めて会ったのは、モンマルトル街のとある古書店である。偶然、同じ稀覯本を探していたとわかって親しくなった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

モルグ街の新訳(4)

 ボードレールはlibraryをcabinet de lectureと訳している。「読書の部屋」とは何だろう? フランス語は苦手だ。できる人の知恵を借りよう。

 「ボルドー便り」というサイト
http://www.pioto.net/y-harada/bordeaux/45bordeaux/
 
 全盛期のパサージュには、どこでも必ずといっていいほど「読書クラブ」が店を構えていたということです。読書クラブ(Cabinet de lecture)などと気取っていますが、要するに体のいい貸本屋(Loueur de livres)のことだったようです。ここは、新聞・雑誌の閲覧だけの小規模店から、数万冊の蔵書を誇り、豪華なサロンや小講堂まで備えた立派な店までさまざまだったというので、やはり読書クラブと呼んでおくのが無難なのでしょう。新聞・雑誌・単行本、いずれも買うにはまだ高かったし、公共図書館も完備していなかった時代に、パリの貸本屋は19世紀半ばに、都市の風物詩として、またパサージュの定番として賑わいをみせていたのです。(パサージュとはアーケード街のようなものだそうです。ヴァルター・ベンヤミンに『パサージュ論』があるという。)

 もう一つ、The Biblio Kids!というサイト
http://www1.parkcity.ne.jp/bibkid/bibkid1.html

◇宮下志朗「夢想の送り手としての貸本屋」『図書』(495):8-13(1990.9);宮下志朗「本の密猟者エンマ 一九世紀フランスの読書する女」『月刊百科』(359):4-10(1992.9)
 どちらも、フロベール『ボヴァリー夫人』など、フランス文学の作家・作品を通しながら、19世紀フランスの女性と読書(とくに小説)、読書に大衆化を背景に当時続々と誕生した貸本屋事情などを、分かりやすく紹介する。なお、後者では、「読書クラブ cabinet de lecture」と「貸本屋 loueur de livres」とを区別して、「『読書クラブ』は直訳すれば『読書室』となる。十八世紀後半に出現した商売とされてきたが、十七世紀にすでに存在したことが最近になって明らかになった。書店が別室を設けて、そこで一定の料金を徴収して新聞やら新刊書の類を読ませたのが、その由来とされる。」「読書クラブの元来の姿はやはり、単行本などは置かず、新聞・雑誌の閲覧だけを行わせるものであった。読書クラブの多くが年中無休で、朝から晩まで開いていることも、この基本的性格と関わっている。」「読書クラブでは、新聞を店で読む分には今日の新聞の値段より安く読めたらしいからいいが、単行本を借り出すとなると、かなり高額な月会費や保証金をとられた。だがもうひとつ、いわば金のない活字中毒者向けに『貸本屋』というのが存在した。そこでは小説などの単行本のレンタルが主であった。・・・月会費などは取られず、一日いくらという計算だったらしい。」と説明する。

 cabinet de lectureは「読書クラブ」と訳することになっているようだ。貸本屋のようなものであるが、厳密には貸本屋とは区別すべきであるらしい。
 
 モルグ街の事件が起きた19世紀前半には、「ボルドー便り」の言うようにまだ「公共図書館は完備していなかった」はずだ。「モンマルトル街の薄暗い/名もない図書館」は変だろう。ナポレオンが国立図書館をようやく一つ作ったくらいだったのではないか(どなたかご教示下さい)。
 ボードレールは原文のlibraryを「読書クラブcabinet de lecture」のことだと解したのだけれど、どんなものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

モルグ街の新訳(3)

 初めて会ったのは、モンマルトル街の薄暗い図書館である。偶然、同じ稀覯書をさがしていたとわかって、初対面でも打ち解けることができた。(光文社文庫)

 彼と最初に出会ったのはモンマルトル街の名もない図書館で、偶然にも同じ稀覯本を探していたのがきっかけで、たちまち親しくなったのである。(新潮文庫)

Our first meeting was at an obscure library in the Rue Montmartre, where the accident of our both being in search of the same very rare and very remarkable volume, brought us into closer communion.

「名もない図書館」はどう考えても変だ。19世紀のパリでも図書館に名前くらいあったでしょう。(昭和天皇は、侍従が「雑草」と言ったのをたしなめて、「どんな草にも名前はあるのだよ」と仰せられたという。まして図書館においてをや。)

 しかし、ここはlibraryは辞書に書いてある「図書館」ではなくて、フランス語のlibraire(=本屋)の直訳である。だから森鴎外訳の『病院横町の殺人』のように「本屋」とすべきだ――と前に書いた。
 鴎外はドイツ語からの重訳だった。Projekt Gutenberg-DEを見てみると

Wir begegneten uns zum erstenmal in einem obskuren Buchladen in der Rue Montmartre, wo der Zufall, dass wir beide dasselbe, uebrigens sehr seltene und merkwuerdige Buch suchten, uns in naehere Beziehung zueinander brachte.
(Der Doppelmord in der Rue Morgue)

独訳では(これは鴎外の用いたテキストではないが)原文のlibraryをBuchladenと訳している。もちろんbookshop(本屋)という意味だ。

 フランス語訳はどうか? 
 ボードレール(1821-87)が1856年に刊行したポー短編集
Histoires extraordinaires驚異の物語に、モルグ街は
Double assassinat dans la rue Morgue
の訳題で収録されている。ボードレールは
Nouvelles histoires extraordinaires, 1857
Aventures d'Arthur Gordon Pym de Nantucket, 1862
Eureka, 1863 
Histoires grotesques et serieuses, 1865
 を刊行し、ほとんどの作品を仏訳した。ボードレール訳

Notre premiere connaissance se fit dans un obscur cabinet de lecture de la rue Montmartre, par ce fait fortuit que nousetions tous deux a la recherche d’un meme livre, fort remarquable et fort rare ; cette coincidence nous rapprocha.
(アクサン記号が落ちています)

 ボードレールはlibraryをcabinet de lectureと訳している。「読書の部屋」とは何だろう? 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

モルグ街の新訳(2)

This young gentleman was of an excellent --indeed of an illustrious family, but, by a variety of untoward events, had been reduced to such poverty that the energy of his character succumbed beneath it, and he ceased to bestir himself in the world, or to care for the retrieval of his fortunes.

この若き紳士はまことに端倪すべからざる名家の出身ではあったが、さまざまな紆余曲折を経て没落の一途を辿り、現在の貧窮ときたら持てる力を振り絞ってもかなわないほど。かくしてデュパンは一念発起することも資産回復を図ることも断念せざるを得ない、というわけなのだった。(新潮文庫p.15)

 特に変なところはどこか? まあ全部変ですが。
「端倪すべからざる名家」なんておかしな日本語があるものか。無理に「端倪」なんて漢文由来の言葉を使うから間違えるのだ。
 塩谷温『新字鑑』によれば

端倪 ①山のいただきと水のほとり。きわ。はし。転じて事のはじめとおわり。
   ②わかつ。くぎる。転じて、測り知ること。

「端倪すべからざる○○」とは「測り知ることができない○○」の意味である。ここで助動詞「べし」はもちろん当為ではなく可能(できる)の意味。
 明治時代、まだ漢文を読む人がいた時代の例を一つ。

「虞美人草」以前の氏は変幻出没端倪すべからざる概があつたが、近来は少し型に入り過ぎたやうな気味のあるのを慊らぬやうに思ふ。
(中央公論明治41年(1908年)3月号 滝田樗陰「月旦」の夏目漱石『坑夫』評)

 昭和になってからの例文。

才能は端倪すべからざるものがある。
(昭和41年(1966年)直木賞候補作「さらば、モスクワ愚連隊」(五木寛之)に対する水上勉の選評の一部)

 才能や能力など「人の属性であって程度の高低を言うことができるもの」について「端倪すべからざる○○」と言うのが比較的新しい(昭和時代の)使い方のようだ。選考委員の水上勉が新人五木寛之をなかなか偉いとほめているのである。

 滝田樗陰の「変幻出没端倪すべからざる概」は、漢文本来の語法だろう。必ずしも「程度の高低」を言わない。滝田樗陰は、五木寛之に対する水上勉とは違って、自分の方が漱石より上だと思っているのではない。坊っちゃんでも猫でも虞美人草でも、これまで漱石の書いてきたものは変幻自在であって次はどこから何が出てくるか見当もつかないほどであった、というのだ。

 いずれにせよ、「端倪」なんて、よく知らない言葉は、筆者なら絶対使わない。知ったかぶりをするから変な日本語になる。
 新潮文庫の新訳はほかにも変なところが多い。たとえば

……現在の貧窮ときたら持てる力を振り絞ってもかなわないほど

 上の下線部は「話し言葉」の口調である。ところがこのセンテンスは「この若き紳士はまことに端倪すべからざる…」と文語調で始まっている。よく平気でこういう日本語を書くね。びっくりする。

 同じ箇所を光文社文庫版で読んでみよう。口直しです。

 一八××年の春から夏に掛けて、私はパリに住んで、C・オーギュスト・デュパン氏なる人物を知った。若い紳士である。名家の出であって――いや、じつに由緒正しき名門の末というべきだったが、いろいろと不本意な出来事が重なり、気力まで衰える窮乏を強いられて、もはや世間で頭角を現そうとか、家運を盛り返そうとか思ってはいなかった。ただ一応は債権者が猶予してくれたおかげで、わずかながら残った遺産があり、それを元手にした収入もあったので、切り詰めていさえすれば、どうにか暮らしは立っていた。よけいな買い物はしない。もともと道楽といえば本が好きなことだけで、またパリは書物の出回っている町だった。

 どうも、うまいものですね。ただ次の段落はちょっと問題があると思う。(続く)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

モルグ街の新訳(1)

(1)時は一八――年の春から夏にかけて、パリに暮らしていたわたしは、C・オーギュスト・デュパンという人物と知り合った。(2)この若き紳士はまことに端倪すべからざる名家の出身ではあったが、さまざまな紆余曲折を経て没落の一途を辿り、現在の貧窮ときたら持てる力を振り絞ってもかなわないほど。(3)かくしてデュパンは一念発起することも資産回復を図ることも断念せざるを得ない、というわけなのだった。(4)とはいえ、いまなお数名の債権者がいるおかげで、世襲財産のうちのほんの一部はまだ所有してたため、彼は厳格なる経済観念にもとづき、そこから収入を得ては贅沢品ならぬ生活必需品を何とか確保していた。(5)書物だけが贅沢品であり、ここパリでは容易に調達することができた。
(新潮文庫p.p.14-15  (1)-(5)の番号は引用者が付けた)

  前に新潮文庫はエドガー・アラン・ポーの佐々木直次郎訳をいつまで出し続けるのだろう、と書いた(モルグ街/病院横町(2))けれども、ようやく新訳が出た。
 ところがこれが駄目なのですね。まったくいけません。誤訳悪訳の宝庫だ。旧訳の方がずっとよい。
 たとえば(4)の文を見てみよう。
「いまなお数名の債権者がいるおかげで」?? 債権者がいれば債務が残っているのだから困るのが普通だ。「---おかげで」はどう考えてもおかしい。

 原文
By courtesy of his creditors, there still remained in his possession a small remnant of his patrimony; and, upon the income arising from this, he managed, by means of a rigorous economy, to procure the necessaries of life, without troubling himself about its superfluities.

 佐々木直次郎訳
それでも、債権者たちの好意で、親ゆずりの財産の残りがまだ少しあったので、それから上がる収入でひどい節約をしながらどうかこうか生活の必需品を手に入れ、余分なもののことなど思いもしなかった。

 もちろん佐々木氏の訳が正しく、巽氏の新訳は間違っている。
「厳格なる経済観念にもとづき」も意味不明だ。by means of a rigorous economyを訳するのならば、佐々木氏のように「ひどい節約をしながら」とするのがよろしい。
 まだまだ変なところは多い。こんな訳文ではエドガー・アラン・ポー(1809-49)が化けて出ますよ。たとえば(2)はどうだ? (続く)

Poe

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »