« 似てない? | トップページ | 英国プロレスの歴史? »

2009年7月30日 (木)

オールインについて

 英国における1930年-1940年のプロレスリング
http://www.allinwrestling.co.uk/に原文あり)

 オールイン・レスリングが英国で始まったのは1930年の秋である。このとき二人の前世界チャンピオン、ヘンリ・アースリンガーとベニー・シャーマンがロンドンのロイヤルアルバート・ホールで興行を行う予定だった。ところが手続の問題で手間取ってこれは延期された。12月になって、ロンドンのオリンピア劇場とマンチェスターのベルヴューで二つの興行が同時開催された。ロンドンではヘンリ・アースリンガー対ジョージ・モドリッチ戦、マンチェスターではバート・アシラティ対アソール・オークレー戦が行われた。いずれもプロボクシングの試合と一緒に行われた。
「オールイン」とは、要するに当時ひろく行われていた三つのレスリング・スタイル、すなわち柔術(柔道)、キャッチ・アズ・キャッチ・キャン、グレコローマンを混ぜ合わせたものである。従来よりも刺激的で観客受けする新しいレスリングを作ることが目的であった。二人の巨人がマット上で組み合って何時間も戦い続けるのは時代後れになったのだ。レスリングは組織的なものになった。レスリング監理委員会ができ、ラウンド制が導入され、勝負は2フォールまたは2サブミッションまたはノックアウトで決められた。
 1931年はじめに、ロンドンのベーカー街のレインズ・クラブでオールインの初代ヘビー級チャンピオン決定戦が行われた。決勝戦では、元プロ・ラグビー選手でカンバーランド・ウェストモーランド・レスリングのチャンピオンでもあるハッダーズフィールドのダグラス・クラークがアソール・オークレーを降して初代王者になった。
 以後は、英国各地の競技場でプロボクシングと一緒にこの新しい「オールイン・レスリング」の試合が行われるようになった。
 1930年代終わりごろになると、オールイン・レスリングの評判は悪くなってきた。マッド(泥)レスリング、盲人レスリング、女子レスリング、男女混合レスリングなどが行われるようになったからである。レスリングを規制していたロンドン州委員会は市内のホールにおけるレスリング興行を禁止しはじめた。1939年に戦争が始まると観客は激減しホールも閉鎖された。プロレスリングは、兵士や勤労動員された工員の慰問のために細々と続いた。

Fimage_

バート・アシラティ(1930年、マンチェスターの試合に出場した)

*「オールイン」については、前にも触れた。たとえば
キャッチ・アズ・キャッチ・キャンの意味(4)
http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/4-a6ad.html

 バート・アシラティについては、G SPIRITS VOL.09に那嵯涼介氏が「ゴッチが勝てなかった男――伝説の強豪バート・アシラティ評伝」を書いている。

|

« 似てない? | トップページ | 英国プロレスの歴史? »

コメント

all in wrestling は、ジャンルの名前ではなくて、
興行会社の名前として有名になったのではないでしょうか?
「なんでもあり」レスリング協会・・・みたいな。
逆に言うと、純粋な英語のニュアンスとして、all in wrestling と聞くと
どんな事を指すとネイティブはかんじるのでしょうか?

投稿: junjun | 2009年7月31日 (金) 21時42分

all-inという英語の意味は、たとえばOxford English Dictionaryにもちゃんと書いてあります。前に触れたはず。柔道か柔術か(38)だったかな。

投稿: 三十郎 | 2009年8月 1日 (土) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/30756745

この記事へのトラックバック一覧です: オールインについて:

« 似てない? | トップページ | 英国プロレスの歴史? »