« ヴィトゲンシュタイン対ヒトラー | トップページ | 日本人か西洋人か »

2009年11月27日 (金)

英語を学べばバカになる(1)

 アマゾンの読者レビューでは「バカになる理由はひとことも書いてない」などという声が多い。
 書いてなくてもよろしい。論より証拠。
 読者レビューを書いている人たちは、熱心に「英語を学んで」いるらしいが、読んでみると、ほとんどがバカです。
 英語を学んだからバカになったのか、元からバカだったか。
「英語を学ぶ」ということがバカな連中を引きつけ、彼らは「学ぶ」過程でいっそうバカになって行くのでしょう。恐ろしいことだ。
 ただしここで「英語を学ぶ」とは、たとえば

・英会話学校に通う
・TOEFULやTOEICの点数を上げるための教材を使って勉強する
・タイムやニューズウィークを読むのが勉強だと思って、いっしょうけんめい勉強する

というような学び方の場合を指します。
 いま「英語を学ぶ」というと、たいていの人がそういう「学び方」を思い浮かべるでしょう。旧式のもっとまともな学び方ならバカにならない。

|

« ヴィトゲンシュタイン対ヒトラー | トップページ | 日本人か西洋人か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/32373621

この記事へのトラックバック一覧です: 英語を学べばバカになる(1):

« ヴィトゲンシュタイン対ヒトラー | トップページ | 日本人か西洋人か »