« ショルトーの正体(1) | トップページ | ショルトーの正体(3) »

2009年11月21日 (土)

ショルトーの正体(2)

 小林・東山両氏の本、「ドイルはワイルドからあまり良い印象を受けなかったらしく、……」の前の段落に、こう書いてある。

 ドイルは自伝で、オスカー・ワイルドに初めて会った時のことを書いている。1889年のできごとであった。「ワイルドは唯美主義のチャンピオンとしてすでに名をなしていた。彼は私たちよりも群を抜いているだけだったが、それでもこっちのいうことには面白がってみせる術を心得ていた。感じかたや如才なさにこまやかさがあったが、一人芝居の男は心から紳士ではあり得ない。この晩の結果はワイルドも私も『リピンコット』の誌に小説を書く約束ができたことだった。それで書いたの場、ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』と私の『四つの署名』とであった。(延原謙訳『わが思い出と冒険』新潮文庫、97ページ)

 延原謙訳が誤訳だから、「あまり良い印象を受けなかったらしく」という誤解が生じたのです。原書(Memoirs and Adventuresという題ではないので気がつかないが下の本)を見てみよう。

He towered above us all, and yet had the art of seeming to be interested in all that we could say. He had the delicacy and feeling and tact, for the monologue man, however clever, can never be a gentleman at heart. He took as well as gave, but what he gave was unique.

 下線部を、延原謙氏は

彼は与えもした代わりに、与えるものは独特であった。

 と訳している。意味不明である。だから、小林・東山氏は引用から省いている。しかし引用部分だって「彼は私たちよりも群を抜いているだけだった」を始め、ナンセンスだ。
 正しい訳は

  彼は我々の上に高くそびえ立っていたが、我々の言うことに興味があるという顔をする術を心得ていた。まことに心遣いに富み如才のない男だった。一人でしゃべる男は、いかに頭がよくても、本物の紳士とは言えない。ワイルドは与えかつ取ることを心得ていた。そして彼の与えるのは独自のものだった。

 これで意味が通るはずです。
 延原謙訳では、ワイルドが「一人芝居の男」だったことになる。とんでもない間違いだ。
 コナン・ドイル(1859-1930)は1889年にオスカー・ワイルド(1854-1900)と初めて会った。そして「あのワイルドさんが僕の小説をほめてくれた!」と感激したのだ。まだ専業作家ではなかったドイルに対して、ワイルドはすでに名士だった。ところがワイルドは本物の紳士で、少しも偉そうにしない。ドイルの小説をあらかじめ読んできてくれた上に、ドイルの言うことを面白そうに聞いてくれた。さすがに有名になる人は違う、とドイルは感心したのだ。

Oscar_wilde

|

« ショルトーの正体(1) | トップページ | ショルトーの正体(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/32286734

この記事へのトラックバック一覧です: ショルトーの正体(2):

» [歴史][読書][英語]コナン・ドイルとオスカー・ワイルドに関する新事実や、その他の豆知識(翻訳ブログ) [見えない道場本舗]
http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/ ではここ最近、私が全然知らなかったり誤解していた話を「それは違う」と教えてくれる話が続き、大いに蒙をひらかせてくれているのだが、ついつい紹介するのを忘れていた。独占するのをやめてみなに広く紹介しよう。 ことに、この神... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 10時02分

« ショルトーの正体(1) | トップページ | ショルトーの正体(3) »