« 身長について(2) | トップページ | アメリカにおける山下義韶(2) »

2009年12月11日 (金)

身長について(3)

 夏目漱石は身長158cm、森鴎外は161cm。これは私がこのブログに書いている。白状すると、どこかで(インターネットではなく活字で)読んだうろ覚えを確かめずに書いたのです。
 伊藤整の『日本文壇史』に作家の身長が一々書いてあるという。興味がある人は確かめて下さい。

 三島由紀夫の身長は163cm。これは死体検案書の引用をインターネット上で確かに見た覚えがある。Hugo Strikes Back! という素晴らしいサイトがあって、ここからリンクを辿って行き着いた。ところがHugoさんのサイトが消え、検案書も消えている。三島由紀夫 死体検案書 で検索すると、私の「至近距離で見た有名人(1)三島由紀夫」
http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/1__ce51.html
がトップに来る。
 三島由紀夫の身長は、死体検案書では163cm、河出書房編集者によれば162cm、丸谷才一氏の印象では161cm。
 私の印象ではもっと低かった。173cmの私が1メートルの距離から見て「自分より二回りばかり小さい」という感じ。160cm未満だろうと思った。想像より小さいのでびっくりして実際より低く見積もったのだろう。
 1970年に45歳で163cmならば別に小男ではない。みんなが「三島さんは小さかった」と言うのは、「大作家」にしては、ということでしょう。

|

« 身長について(2) | トップページ | アメリカにおける山下義韶(2) »

コメント

漱石、鴎外の大体の身長は何かで読んだことがありましたが、三島の身長はこちらのブログで知りました。
思っていたより低かったです。

小男の範疇ではなかったにせよ、ボディビル始めるような人ですから、石原慎太郎みたいな身長に不自由しない作家を相手にするのは気後れしたんじゃないか、と背の低い私などは勘ぐってしまいました。

投稿: yjdmq | 2009年12月11日 (金) 19時06分

私も大作家だから大男と何の根拠もなく思っていました。

投稿: 三十郎 | 2009年12月12日 (土) 12時08分

はじめまして。
最近こちらの存在を知り、楽しく読ませて頂いております。

Internet Archiveというサイトがあります。
http://archive.org/web/web.php
世界中のウェブサイトを保存して廻ってるところだそうです。
こちらにHugoさんのサイトのアドレスを入れて調べてみてはどうでしょうか。保存されているかも知れません。

投稿: 井上 | 2013年5月10日 (金) 18時58分

井上さん、ありがとうございます。Hugo Strikes Backというブログのタイトルだけしか覚えていないので、これで検索してみましたが、なかった残念。

投稿: 三十郎 | 2013年5月10日 (金) 22時22分

アドレス調べてみました。
2004年~2008年まで保存されてるみたいです。
上の年表から見たい年を選択して下のカレンダーの青マルをクリックすると閲覧できます。
ただ、私はHugoさんのサイトを知らないので、同じ名前の違うサイトかもしれません。
その際はごめんなさい。
http://web.archive.org/web/20040401000000*/http://hugo-sb.way-nifty.com/

投稿: 井上 | 2013年5月11日 (土) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/32555365

この記事へのトラックバック一覧です: 身長について(3):

« 身長について(2) | トップページ | アメリカにおける山下義韶(2) »