« 英語を学べばバカになる(3) | トップページ | 樹木崇拝の起源(1) »

2009年12月 4日 (金)

英語を学べばバカになる(4)

 タイムやニューズウィークを読むために勉強している人の例。アマゾンのブックレビューをコピーしておいたのだけれど、肝心の「どの本のレビューか」が分からなくなってしまった。ともかく、たくさんある「タイムを読むための英語教室」というような本の読者レビューです。

(以下引用)
この本には参った。評者はTIMEやNewsweek、その他の数多くの英文記事を20年以上読んできた者として、告白しなければならない。実は英文記事を100パーセントは理解していなかった。理解していなかったことすら気づかなかった。多少速く読めることで勝手に満足していたのだ。
この本を読んで、その自己満足が打ち砕かれた。そして強力な知識を身に付けた。とくに役に立ったのは9章「前提と焦点」、10章「有意志・無意志」、11章「中間命題」。とりわけ11章の「中間命題」には、目からうろこが全部落ちてしまった。だからNewsweekには、AndであるべきところがButになっている英文があったのか。
もしこの本を手に取ることがなかったらと思うと、ぞっとする。TIMEやNewsweekの英語を心の底から理解したい人は、必ず読むべきだろう。とくに自己満足気味の上級者に薦めたい。(引用終わり)

 どうですか。「英語を学べばバカになる」が正しいことがお分かりになったでしょう。
「理解していなかった」英語を20年以上も読み続けたのだそうだ。分からなければ読むな。
 TIMEやNewsweekの英語を心の底から理解したい? 週刊誌を「心の底から」理解してどうする。アメリカ人なら、ニューヨークの場所を知らなくてもタイムやニューズウィークは完全に理解する。日本人が日本語の雑誌を理解するのと同じだ。そういうものを「前提と焦点」「有意志・無意志」「中間命題」などで武装して読めというのか。
 グローバル馬鹿もここに極まれり。
 英語の「学び方」を間違えるとバカになるのだ。
 正しい学び方? 少なくともバカにならない学び方は、あるでしょう。読む値打ちのあるものを読めばよいのだ。

|

« 英語を学べばバカになる(3) | トップページ | 樹木崇拝の起源(1) »

コメント

こんにちは。いつも楽しみにブログ拝読しています。
レビュアーが評しているのはこの本ですね。
http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E2%80%95%E7%B6%9A%E3%83%BB%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86-%E8%96%AC%E8%A2%8B-%E5%96%84%E9%83%8E/dp/4327451185/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=books&qid=1259959372&sr=1-4

英語の学び方を間違っている人は多いとわたしも思います。
もうずい分前の話ですが、大学時代の同級生で英語ができるようになりたいからと、TOEIC の問題集をいつも持ち歩いている女の子がいました。
妊娠検査ばかりいくらしたって妊娠しないんだよ、と言ったのですが、キョトンとした顔をしていましたね。

投稿: oha | 2009年12月 5日 (土) 05時57分

ありがとうございます。薬袋氏の本でしたか。彼には会ったことがあり、よくできる人だといううわさを聞いていたのですが。本はともかく、ついている読者がよくないですね。

投稿: 三十郎 | 2009年12月 5日 (土) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/32445672

この記事へのトラックバック一覧です: 英語を学べばバカになる(4):

« 英語を学べばバカになる(3) | トップページ | 樹木崇拝の起源(1) »