« 前田光世対ボクサー(3) | トップページ | 前田光世の伝記(2) »

2010年1月21日 (木)

前田光世の伝記(1)

 1993年(平成5年)11月にUFCの第1回大会が開かれ、ホイス・グレイシーが優勝してグレイシー柔術が有名になった。ブラジリアン柔術の始祖として前田光世の名前が一般に知られるようになったのはそれからだ。それまでは忘れられていたはずだ。
 横田順彌氏が1989年(平成元年)に光風社出版から上梓した『明治バンカラ快人伝』の快人第二が「世界柔道武者修業者 前田光世」である。快人第一は「自転車世界無銭旅行者 中村春吉」である。

Nakamura1

 この本はいまアマゾンではちくま文庫版が入手できる。実に痛快な本だ。
 前田光世通信、薄田斬雲編『世界横行 柔道武者修業』博文館明治45年 は国立国会図書館のデジタルライブラリーで見ることができる。
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40075639&VOL_NUM=00000&KOMA=1&ITYPE=0 

 1997年(平成9年)に前田光世伝が2冊出ている。

|

« 前田光世対ボクサー(3) | トップページ | 前田光世の伝記(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/33036068

この記事へのトラックバック一覧です: 前田光世の伝記(1):

« 前田光世対ボクサー(3) | トップページ | 前田光世の伝記(2) »