« インド独立裏面史(4) | トップページ | インド独立裏面史(6) »

2010年2月26日 (金)

インド独立裏面史(5)

 ビルマはインドより遅れて1948年に独立した。
 独立運動の指導者はアウンサン(1915-1947)だった。

51jp6mk8dkl_sl500_aa240_

 大東亜戦争開戦後、アウンサンは日本軍の支援を得てビルマ独立義勇軍を創設した。日本軍とともに戦い、1942年7月にはビルマから英軍を駆逐した。
 その後、日本の敗色が濃厚になると連合国側に寝返り、1945年3月、日本軍に攻撃を加えた。
  しかし戦後イギリスはビルマに独立を許さなかった。
 1948年1月にビルマはようやく英連邦を離脱してビルマ連邦として独立した。アウンサンは前年の7月に暗殺された。
 
Historyofburma0
1948年1月4日、ビルマ独立式典。イギリス人総督とビルマ初代大統領Sao Shwe Thaik(発音?)。
 
 インドとの扱いの違いが分かるはずだ。総督夫人なんか登場する余地がなかった。
 一つには人種の違いがあったのだと思う。ビルマ人は日本人と同じ黄色人種だが、イギリスから見て、インド人の一部は「白人」だったのだ。

|

« インド独立裏面史(4) | トップページ | インド独立裏面史(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/33490611

この記事へのトラックバック一覧です: インド独立裏面史(5):

« インド独立裏面史(4) | トップページ | インド独立裏面史(6) »