« 休止中 | トップページ | 海を渡ったサムライたち(2) »

2010年3月31日 (水)

海を渡ったサムライたち(1)

 ゴング格闘技5月号の特集「海を渡ったサムライたち」が素晴らしいですね。
 増田俊也氏の『木村政彦はなぜ……」が、まず凄い。木村対エリオ・グレイシー戦は、たとえば下記で見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=44wd7GXgep4
 高島学氏によるホリオン・グレイシーのインタビューを読むと、木村が今でもどれだけ尊敬されているかが分かる。

 続いて柳澤健氏の記事が3本ある。
『小野安一という男』では、ブラジリアン柔術の謎の一つが解き明かされる。

(英語版ウィキペディアの前田光世伝によれば、1917年に前田が当時14歳のカーロス・グレイシーに柔術を教え始めたという。グレイシー兄弟の末弟エリオはまだ幼く病弱だったので見学していて、前田光世から直接教わったのではない。
http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/13-927a.html )

 エリオ・グレイシーは、「ブラジリアン柔術の技はすべて自分たちの工夫したものだ」と主張していたようだが、そうではない。
 小野安一(1910-2003)は、17歳のとき岡山県で起倒流の金光弥一兵衛に入門した。金光弥一兵衛は旧制第六高等学校でも教えていたから、小野はここでも稽古して、当時新しく開発された「三角締め」を身につけた。
 小野安一は1929年にブラジルにわたり、エリオ・グレイシーと試合して引き分けた(試合内容では圧倒した)。ブラジリアン柔術で多用されている三角締めは実は高専柔道の技なのだ――という具合に要約しても面白さは伝わらないだろうな。柳澤氏の記事をともかく読んでみて下さい。あと2本もすごい。

|

« 休止中 | トップページ | 海を渡ったサムライたち(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/34020484

この記事へのトラックバック一覧です: 海を渡ったサムライたち(1):

« 休止中 | トップページ | 海を渡ったサムライたち(2) »