« 世界最強 ヒョードル格闘技教本(4) | トップページ | インド独立裏面史(9) »

2010年4月29日 (木)

嘉納治五郎

 柔道の父・嘉納治五郎は教育者です。高等師範学校、後の教育大学、筑波大学の校長を20年も務め、さらに文部省参事官をも兼務しました。講道館の興隆期は、嘉納治五郎が教育界の大ボスに上りつめた時期にピッタリと重なっています。……
……教育者である嘉納治五郎先生は、相手を勢いよく倒して背中をつければ一本、30秒(もしくは1分)押さえ込めば一本という画期的なルールを考案しました。
 ギブアップや失神KOといった、明確ではあっても野蛮な決着よりも、近代的でエレガントな勝負判定法を採用したのです。
 ここに古流柔術と近代柔道の決定的な差があります。
(柳澤健『光の柔道、影の柔術』より)

20071127024506

(高等師範学校への就職の話で)嘉納さんに始めて会った時も、そうあなたのように教育者として学生の模範になれというような注文だと、私にはとても勤まりかねるからと逡巡したくらいでした。
 嘉納さんは上手な人ですから、否そう正直に断わられると、私はますますあなたに来ていただきたくなったと云って、私を離さなかったのです。……
 しかし教育者として偉くなり得るような資格は私に最初から欠けていたのですから、私はどうも窮屈で恐れ入りました。嘉納さんもあなたはあまり正直過ぎて困ると云ったくらいですから、あるいはもっと横着をきめていてもよかったのかも知れません。しかしどうあっても私には不向な所だとしか思われませんでした。奥底のない打ち明けたお話をすると、当時の私はまあ肴屋が菓子家へ手伝いに行ったようなものでした。
(『私の個人主義』より)

 校長は時計を出して見て、追々ゆるりと話すつもりだが、まず大体の事を呑み込んでおいてもらおうと云って、それから教育の精神について長いお談義を聞かした。おれは無論いい加減に聞いていたが、途中からこれは飛んだ所へ来たと思った。校長の云うようにはとても出来ない。おれみたような無鉄砲なものをつらまえて、生徒の模範になれの、一校の師表と仰がれなくてはいかんの、学問以外に個人の徳化を及ぼさなくては教育者になれないの、と無暗に法外な注文をする。そんなえらい人が月給四十円で遥々こんな田舎へくるもんか。人間は大概似たもんだ。腹が立てば喧嘩の一つぐらいは誰でもするだろうと思ってたが、この様子じゃめったに口も聞けない、散歩も出来ない。そんなむずかしい役なら雇う前にこれこれだと話すがいい。おれは嘘をつくのが嫌いだから、仕方がない、だまされて来たのだとあきらめて、思い切りよく、ここで断わって帰っちまおうと思った。宿屋へ五円やったから財布の中には九円なにがししかない。九円じゃ東京までは帰れない。茶代なんかやらなければよかった。惜しい事をした。しかし九円だって、どうかならない事はない。旅費は足りなくっても嘘をつくよりましだと思って、到底あなたのおっしゃる通りにゃ、出来ません、この辞令は返しますと云ったら、校長は狸のような眼をぱちつかせておれの顔を見ていた。やがて、今のはただ希望である、あなたが希望通り出来ないのはよく知っているから心配しなくってもいいと云いながら笑った。そのくらいよく知ってるなら、始めから威嚇さなければいいのに。

|

« 世界最強 ヒョードル格闘技教本(4) | トップページ | インド独立裏面史(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/34436661

この記事へのトラックバック一覧です: 嘉納治五郎:

« 世界最強 ヒョードル格闘技教本(4) | トップページ | インド独立裏面史(9) »