« ワトソンの資格(3) | トップページ | ワトソンの資格(5) »

2010年5月27日 (木)

ワトソンの資格(4)

 アーサー・コナン・ドイル略年譜

1859 アーサー・イグナシウス・コナン・ドイル生まれる。
1877 エディンバラ大学医学部に入学。
1881 エディンバラ大学医学部卒業。学位は医学士。マユンバ号の船医となる。
1882 プリマスで友人ジョージ・バッドのパートナーとして開業するが喧嘩別れ。ポーツマスのサウスシーでG.P. (general practioner)として開業。
1883 『北極星号の船長』などを発表。
1884 『J・ハバクック・ジェフソンの証言』などを発表。『ガードルストーン商会』を書き始める(85年11月完成)。
1885 8月、ルイーズ・ホーキンズ嬢と結婚。同年、エディンバラ大学から医学博士号を得る。
1887 『緋色の研究』をビートンのクリスマス年鑑に発表。
1890 『四人の署名』『北極星号の船長、その他の短編』『ガードルストーン商会』出版。
1891 ハーレー街の外れで眼科専門医(eye specialist)として開業。『シャーロック・ホームズの冒険』の最初の6篇を「ストランド・マガジン」に載せる。小説家専業となる。

At_56_youngdoctor_2

 ドイルは1881年8月にエディンバラ大学医学部を卒業した。ヘスキス・ピアソンのコナン・ドイル伝によると
http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/1_b2f2.html 以下に一部翻訳あり)

 ドイルは1881年に卒業試験に合格したが、成績は「まずまずのところで、優等ではなかった」。その年の8月に医学士号、1885年には博士号を得た。彼はまず船医としてスタートするつもりだったが、これは世の中を見ておきたいということが一つ、また開業資金を貯めるつもりもあった。それで客船の船医の口を探したが、2ヶ月ばかり何も手がかりがなかった。いっそ陸軍海軍かそれともインド政庁にでも入ろうかと思っていると、月給12ポンドでアフリカ蒸気航海社の汽船マユンバ号の船医のポストがあるという電報が届いた。ドイルは1881年10月22日にリバプールから出航し、アフリカ西海岸の港から港へと航海する船に乗って生涯でもっとも惨めな4ヶ月を過ごした。

|

« ワトソンの資格(3) | トップページ | ワトソンの資格(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/34877477

この記事へのトラックバック一覧です: ワトソンの資格(4):

« ワトソンの資格(3) | トップページ | ワトソンの資格(5) »