« 年寄病 | トップページ | エドワード七世の虫垂炎手術 »

2010年7月 9日 (金)

鉛筆の削り方

Johannno4_sm

「……このNNというのは何かね? ある単語の最後の部分だ。Johann Faberヨハン・ファーバーというのが有名な鉛筆製造業者の名前だということは知っているだろ。鉛筆はヨハンという単語の続きの書いてある部分しか残っていないことは明らかじゃないかね?」

『三人の学生』の事件におけるシャーロック・ホームズの発言でした。この事件は1895年(明治28年)のことだという。この年にはまだヨハン・ファーバー氏は健在だった。
 ニューヨーク・タイムズ紙1901年(明治34年)1月16日号にファーバー氏の死亡記事が出ている。
http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=2&res=9E02E0DF143AE63AA15755C1A9679C946097D6CF

 ヨハン・ファーバー氏死す

ニュルンベルク発、1月15日。
 鉛筆製造業者ヨハン・ファーバー氏が亡くなった。彼はニュルンベルク近郊のシュタインに生まれ、長年にわたりA・W・ファーバー氏の鉛筆製造工場に勤務していた。12年前に彼はA・W・ファーバー氏と関係を絶ち、子息たちとともにファーバー製造会社を設立した。
 ファーバー氏は5年前に引退し、以来事業は子息が経営している。遺族は子息三人と令嬢が一人である。夫人は一年前に他界している。
 

F0178396_19192348

|

« 年寄病 | トップページ | エドワード七世の虫垂炎手術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/35689804

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆の削り方:

« 年寄病 | トップページ | エドワード七世の虫垂炎手術 »